バルコニー 目隠し

MENU

バルコニーの目隠しパネルを選ぶ際の注意点とおすすめ3つ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:

 

「外からの視線を遮る」というのがバルコニーに目隠しパネルを設置する目的ですが、最近は外観のアクセントになるようなデザイン性に凝った商品も登場しています。

 

ここでは、目隠し+αの個性が際立つ変わりダネのバルコニーパネルを3点ピックアップしてみました。

 

ただの“目隠し”のためにつけるだけではつまらない!

 

見た目にも「おっ」と人目を引くような、斬新なパネルを集めてみました。

 

世界基準で認められたデザイン性の高さが魅力! LIXILの「モダンパネル」

バルコニーのパネルというと、よく見る透明なガラスのようなものをイメージする方が多いかもしれません。

 

しかし、例えばコチラ、LIXILのモダンパネルのようにデザイン性を重視したものもあります。

 

LIXIL モダンパネル
https://www.lixil.co.jp/lineup/veranda_balcony/modern_panel/

 

「これからの住まいに、美しい個性を」というコンセプトで、実際に従来はあまり見かけなかったような斬新なデザインのラインナップが目を引きますね。

 

LIXIL モダンパネル デザインラインナップ
https://www.lixil.co.jp/lineup/veranda_balcony/modern_panel/concept/

 

例えば、天然木を使ったタイプだと、使用する木材によってずいぶんと外観の雰囲気も違ってきます。

 

チーク、チェスナット、グレイッシュオークなどの樹種があり、家の外観に合わせて選び分けることができます。

 

LIXILはこの商品で、「レッド・ドットデザイン賞」という国際的な賞も受賞していますので、ワールドレベルで認められるデザインだということですね。

 

単に「目隠し」としてではなく、外観やインテリアにエッジを利かせたい!もっとデザインを楽しみたい!という方にオススメのパネルです。(価格は81,000円/m~)

 

優しい雰囲気を自然に演出できる! LIXILのファブリックパネル

一方で、木製のパネルをつけてしまうと「見た目に、ちょっと重い感じがする」「光を遮られるようで落ち着かない」といった声もあります。

 

やはり、“透明で”それでいて目隠し効果のあるものが落ち着くということであれば、ファブリックをあしらったパネルはいかがでしょうか。

 

ファブリック=布とアクリルを一体化したパネルで、布が持つ柔らかく優しい雰囲気とアクリルのスタイリッシュなテイストをミックスさせたものです。

 

LIXIL 「ベランダ手すりモダンパネル」に4機種を追加

 

LIXIL ファブリックパネル
https://newsrelease.lixil.co.jp/news/2013/040_exterior_0307_01.html

 

こちらもLIXILの商品ですが、この技術は業界初なんだとか。

 

採光しつつも外からの目線はしっかり遮ってくれるので、目隠しパネルとしての働きはしっかり果たしてくれそうです。

 

ファブリックのデザインによっても雰囲気が違ってくるので、「透明なパネルがいいんだけど、ちょっとオリジナリティを出したい」という方にはうってつけですよ。(価格は75,000円/m~)

 

ガーデニングを楽しみつつ目隠し! プランターボックス付きパネル

バルコニーは、ともすれば殺風景な雰囲気になりがちです。

 

しかし、お花がちょっとあるだけでも華やかになりますし、洗濯物を干したりする時も気持ちがアガるのではないでしょうか。

 

目隠しパネルをバルコニー空間の“壁”として捉え、そのインテリアを楽しもうという発想がとてもポジティブなのがコチラの商品。

 

 プランターボックス付コンフォートフェンス 木目調樹脂パネルタイプ

 

 プランターボックス付コンフォートフェンス 木目調樹脂パネルタイプ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/atworks/0018-1701001.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title

 

ウッディなデザインのプラスチック製のパネルなのですが、プランターボックスをかけられるようになっているんです。

 

お気に入りのお花でデコれは、殺風景なバルコニー空間も見違えるように明るくなるでしょう。

 

木製ではなくプラスチック製なので、雨に濡れても腐らないという点もポイント高いですね。

 

価格が25,000円とお手頃なのも魅力!2台、3台と設置して、バルコニーコーディネートを楽しみましょう。

 

【まとめ】「目隠し」+αの効果があるパネルが充実している

プライバシー保護のことを考えれば、バルコニーのパネルは必須です。

 

選び方によって外観の印象も、バルコニー空間の雰囲気も変わりますので、いろんなデザインを見比べてベストなものを選びましょう。

 

こちらで紹介したのは、以下の3つの商品です。

 

  • 天然木の風合いを楽しめるLIXLIの「モダンパネル」
  • やわらかい雰囲気を演出できるLIXILの「ファブリックパネル」
  • ガーデニングを楽しみつつ目隠しもできるkurashi-decorationの「プランターボックス付きパネル」

 

「目隠し」という目的を超えたデザイン性の高いパネルで、バルコニーをもっとわくわくする空間にしましょう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

最終更新: 2019年7月23日バルコニーは、手すりだけだと部屋の内部が丸見え。プライバシー保護のために何らかの目隠しアイテムは必須ですが、だからといってただ隠すだけではつまらない!ここでは、見た目におしゃれで住む人の気持ちもアガるような、バルコニーの目隠しアイテムを集めてみました。ノーメイクを隠すためのおしゃれマスクが登場しているように、家のバルコニーの目隠しもおしゃれなものにこだわりたい!たと...

 
 

最終更新: 2019年7月30日ルーバーとは、枠組の中に細い板(羽板)を平行に、一定の間隔で並べたもの。バルコニーの目隠しとしてよく使われるアイテムですが、最近はデザイン性に凝った商品も登場しています。ここでは、タイプの違うバルコニーの目隠しルーバーを3つご紹介します。一口に「バルコニーのルーバー」といっても、そのバリエーションは多岐にわたっています。素材にこだわるもヨシ、デザイン性にこだわるもヨ...

 
 

最終更新: 2019年8月14日一応、バルコニーに柵(や手すり)はあるんだけどなんとなく人目が気になる。そんなときは、DIYに挑戦してみましょう。簡単に手に入るアイテムで、オシャレに、かつ確実に目隠し効果を得ることができます。ここでは、100均でも手に入るアイテムを使ったバルコニーの目隠しDIYについてまとめました。「DIY」というと、ぶきっちょさんにはなんだかちょっとハードルが高いように感じるか...

 
 

最終更新: 2019年8月27日ご近所を歩いてみるとバルコニーの目隠しフェンスはデザインもつけ方も様々。理想的にはどう設置するのが良いのか?そもそも、本当に必要なものなのでしょうか。だとしたらその目的は?今回は、バルコニーの目隠しフェンスの立地について考えてみましょう。バルコニーの目隠しは、なければプライバシーが丸見えですが、やり過ぎるのも野暮ったい。種類やつけ方、「立地」には意外とセンスが要るよ...

 
 

最終更新: 2019年9月10日同じ部屋がただ規則正しく並んでいるように見えるマンションですが、よく見るとそれぞれの部屋にも個性があります。バルコニーの目隠し方法もその一つ。もともとついている手すりにプラスアルファでオシャレかつ機能的な演出をしているお宅も多いんですよ。今回は、マンションのバルコニーに施す目隠しアイテムをピックアップしてみました。「マンションは高層だから、隣の家の人と窓越しに目が合...

 
 

最終更新: 2019年9月24日引っ越し先の賃貸で、バルコニーの外からの視線が気になる。そんなときは、こんな目隠し方法を試してみましょう。ここでは、賃貸でも手軽に取り入れられるバルコニーの目隠し方法、オススメのアイテムをまとめていきます。注文住宅であれば自分達でこだわった目隠しアイテムを設置できるけれど、賃貸はすでにあるもので我慢するしかありません。しかし、プラスαの工夫をすることで視線や日差しは...

 
 

最終更新: 2019年10月9日バルコニーの目隠しに、暑熱対策に・・・と、あれば便利なすだれ。しかし、物件の外観にうまくなじませるのは意外と難しいのです。ここでは、バルコニーにすだれを自然になじませオシャレな空間にする方法をあれこれ考えてみました。単なる目隠しとしてではなく、エクステリアアイテムとして賢く、センス良く活用しましょう。すだれは夏の風物詩。見た目に涼やかなのも、好まれる秘密です。しかし...

 
 

最終更新: 2019年10月21日アパートやマンションの1階は、人目につきやすい場所。道路側に面したバルコニーには目隠しの工夫が必須です。例えばどんな方法があるのか。ここでは、あまりお金をかけずセンス良くバルコニーを目隠しする方法を3つピックアップしてみました。何気なく窓を開けただけで、外を通った人と目が合う。そんな気マズイ状況になりがちなのが、1階のバルコニーの難点。かといってパネルで完全に覆っ...