バルコニー 屋根 後付け

MENU

バルコニーの屋根は後付けできる!人気のデザインと価格は?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

ベランダと違って、屋根がないバルコニー。

 

西洋建築ではここにフラワーボックスを設けたりして見た目にオシャレ!

 

解放感を演出できる一方で、強すぎる日差しが素材を傷めてしまったり、部屋に入る日差しに悩まされたり。

 

そのため、屋根を後付けしているお宅も多いです。

 

ここでは、バルコニーに屋根を後付けする方法や費用目安について調べてみました。

 

屋根のないバルコニーは、突然の雨で洗濯物が濡れてしまったり、窓を開けていて床がビシャビシャになるといったトラブルも考えられますよね。

 

そのため「屋根をつける」というのは定番中の定番ともいえるリフォーム。

 

商品ラインナップも豊富なので、選ぶ楽しみもありそうです。

 

後付けの屋根ってどんな感じ?まずは施工事例をチェック!

バルコニーに後付けする屋根とはどのようなものか・・・と、施工事例を検索してみるとそのほとんどは「透明」な屋根。

 

形状はフラット(平坦)なものとアール型(カーブがあるもの)がありますが、フラットタイプを選んでいる方が多いようです。

 

透明でフラット・・・そう、基本的にはシンプルでシャープ、どんな外観の家に後付けしてもなじみやすいデザインなんですよ。

 

もちろん、カラーが選べるタイプもありますし、素材も、アルミはアルミでも木目調に見えてナチュラル感を醸せるものもあります。

 

「“後付けしました”感が満載の、安っぽい屋根は嫌だ!」という方は、デザインもちょっと凝ったものを選ぶと良いかもしれませんね。(ただし、あまり凝り過ぎたデザインだとかえって逆効果ですが)

 

気になるお値段は?

さて、みなさんが一番気になっているのはお値段のことでしょう。

 

バルコニーに後付けする屋根は、メーカーとしてはLIXILやYKKAPが人気のようです。

 

国内の大手メーカーの商品となれば、さぞやお値段も高くなるのでは?

 

と思われるかもしれませんが、ネットで発注すると10万円以下で施工できるものも多いようですよ。

 

例えば、LIXILの「スピーネF 屋根タイプ」は工事費込みで税込み75,117円~。

 

積雪にも対応可能なタイプの屋根で、口コミも

  • 「思った以上に頑丈」
  • 「雨が入り込まなくなったので洗濯物も安心」

と好評価する声が多いですね。

 

シンプルながらスタイリッシュなデザイン、そしてクリアで空がきれいに見える!というのも人気のポイントです。

 

屋根を後付けすることによる弊害はないの?

しかし、もともとはなかったものを後付けするわけですから、なにかしら欠点があったりするのでは?と心配です。

 

例えば、設置した境目から雨漏りするんじゃないか?とか、家の外壁になにかしら負荷をかけてしまったりするのではないか?とか。

 

こういった不安を解消するには、なんといっても業者選びが重要!

 

バルコニーの屋根を後付けするのは立派な「リフォーム」ですから、必ず複数社を比較する必要があります。

 

今は便利な一括見積もりサイトなどもありますので、そういったシステムを活用しつつコスパの高い業者を選びましょう。(施工実績と口コミのチェックは必須です!)

 

 

また、屋根を後付けするとバルコニーの部分が「床面積」に含まれるようになるため、固定資産税が上がる可能性があります。

 

どのくらい上がるのか?その点も正しい情報を提供&手厚くフォローしてくれる業者さんとお付き合いできるのが理想的ですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

基本的には、「屋根がない」からバルコニーなのですが、最近は雨の日の利便性なども考慮して後付けする方も多いようです。せっかくつけるなら、おしゃれなものがいい!というわけで、おしゃれなバルコニー屋根を探してみました。なにをもって「おしゃれ」というかは人それぞれ違っています。しかし、誰が見ても「ダサい」とは感じないセンスが光るデザインってありますよね。バルコニーの屋根に限定して考えた場合、センス良く見え...

 
 

住宅設備といえば、なんといってもリクシル!「LIVING」の「LI」と、「LIFE」のLを「X」で掛け合わせた「住生活」を意味するその社名にも表れているように、住まいと暮らしを豊富な品揃えでバックアップしてくれる企業です。そんなリクシルでバルコニー屋根を選ぶとしたら?ここでは、人気のバルコニー屋根を3点セレクトしてみました。バルコニーに後付けする屋根は、「後から付けました」的な野暮ったさがないもの...

 
 

バルコニーの屋根を後付けする方法としては、自力でDIYするか業者に依頼するかの2通り。激安にできるのはやはり前者ですが、ぶきっちょさんには難易度高めですよね。ならば、どこの業者に、どんなタイプのバルコニー屋根を依頼するのが最も安いのか?今回は、「激安」にこだわって探してみました!バルコニーに設置する屋根は種類も様々。まずはカタログや施工事例を眺めてみて、相場をリサーチすることから始めましょ。最初に...

 
 

突然の雨が怖いから洗濯物は干せないし、夏場の直射日光も気になる!というわけでバルコニーの屋根を後付けすることを考えた場合、価格はどのくらいになるのか?って気になります。ここでは、人気商品の正規の価格と、ネット通販で購入・施工してもらった場合の金額を比較していきます!バルコニーの屋根の後付けって、一体、誰にやってもらうのが一番安いのでしょうか?また、価格重視で選んでも問題はないの!?住宅エクステリア...

 
 

オリジナリティにこだわって、バルコニーの屋根を自作する!という方法もありますが、それって素人でも簡単にできるのでしょうか?まずは自作する場合の方法や、注意点について確認してみましょう。併せて、ぶきっちょさんでも簡単にDIYできるバルコニーの屋根素材もチェックしてみました。マイホームで何かを自作する。あこがれますが、DIY素人には難易度が高い作業が多いのも確か。例えばバルコニーの屋根って簡単に作れる...

 
 

玄関は、遮るものがないと雨風がストレートに入り込む!・・・というわけで屋根をつけるか、もしくはバルコニーを設置して屋根替わりとするか?それぞれどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。実際の体験を交えながら、玄関を雨風から守る方法について考えてみましょう。散歩しながら近所の家の玄関を眺めてみると、玄関ドアを開けていきなり外!という家はほとんどありません。じゃあ、どうやって玄関を守っているの??...

 
 

雨の日でも洗濯物が干せるように。真夏の日差しを遮れるように・・・と、バルコニーに屋根をつけるならどんなメーカーの、どんな製品がおすすめ?今回は、ネットでよく売れているおすすめバルコニー屋根に注目!家が野暮ったく見えたり、もしくは強風ですぐに壊れてしまったりといったトラブルを避けるためにも、レビューや口コミは要チェックです。なければないで困らない。そう思ってバルコニーは屋根ナシにしたけれど・・・、や...

 
 

ベランダ、バルコニー、テラス・・・と、いずれも似ているようでいて非なるもの。それぞれどう違うのか?また、屋根をつけるとしたらどんな商品があって、何がオススメポイントなのか。ここでは、バルコニーとテラスの違いやネットで人気の屋根についての情報をまとめてみました。屋根がなくても、床があるなら生かさにゃ損!バルコニーもテラスも、雨ざらしのままにしておくにはもっとたいない空間です。バルコニーとテラスの違い...

 
 

駐車場のスペースをもっと有効に活用できないものか?と考えているなら、YKK apの「ジーポートバルコニー」がオススメ。その名の通り、バルコニーをつけられるという斬新なタイプのカーポート!そのままだとデッドスペースになってしまう駐車場の屋根部分を活用して、家族の時間をもっと優雅に、豊かにしてみませんか?家のインテリアだと、壁や床下などいわゆる「デッドスペース」もうまく利用して収納スペースを確保したり...

 
 

2階のバルコニーに干してあった洗濯物が、突然の雨でビショビショに。そんな失敗を回避するには「バルコニーに屋根をつける」という方法がありますが、具体的にどんなデザイン・機能性のものをつけるのがベストなのでしょうか。2階専用の屋根について、口コミ人気の高い商品をチェックしてみましょう。最初からついていたわけではなく後付けする建材となると、形やカラーの選択も難しいですよね。悪目立ちせず、建物本体にしっく...

 
 

バルコニーは、屋根があるかないかでも使い道が違ってきますよね。後付けする方も多いですが、それなりの費用もかかりますし意外なリスクも発生します。今回は、バルコニーの屋根は本当に必要なのかどうか、メリット&デメリットを踏まえて考えてみました。なんでも、ないよりはあったほうが良い?いえいえ、必ずしもそうとは限りません。特に住宅に関しては「あえて必要ない」物もけっこう多いんです。どう使うのか?まずは使い道...

 
 

「洗濯物を干す」という目的でバルコニーに屋根をつけるなら、物干し機能にもご注目を!ちょっとした雨なら除けられる工夫がなされている屋根もあり、物干しを単体で買うよりもセットで購入するのがオススメです。賢く選んで、バルコニーの機能性を上げていきましょう。いろんな用途があるベランダですが、なんといっても「洗濯物を干す」がメインになっているお宅も多いはず。せっかく屋根を取り付けるならかゆいところに手が届く...

 
 

YKKといえばファスナーでおなじみのメーカー。ですが、実は建材部材を提供する会社(Architectural Products=AP)としての顔も持っており、バルコニー屋根の人気ランキングでも同社の商品は常に上位にランクインしています。今回は、そんなYKKでイチオシのバルコニー屋根についてまとめてみました。「人のそばにあり、人の暮らしに役立つこと」をモットーとして掲げるYKK。ファスナーの生産技術...

 
 

日々、風雨にさらされているバルコニーの屋根。汚れが溜まりやすいパーツですが、そう簡単にお掃除できるような場所でもありませんよね。また、どこを・何を使って・どこまで掃除したら良いのかわからない!そこで今回は、バルコニー屋根のメンテンナンスのコツについてまとめてみました。「あれ?なんか最近、お部屋が暗くない?」そう感じたら、もしかしたらバルコニー屋根を掃除するタイミングかもしれません。その汚れ、室内の...

 
 

バルコニーに設置するなら、しっかりした屋根もイイけど遊び心のあるシェードタイプもステキ。折りたたみ式のものなら、気候に合わせて使い分けることも可能です。見た目にポップで、しっかり日差しや雨を除けてくれて機能性もバッチリ!そんな折りたたみ式のバルコニー屋根を探してみました。家のバルコニーをオープンカフェのように使えたら。そんな生活にあこがれているなら、まずは屋根をアレンジすることから始めてみましょう...

 
 

「延床面積」は家を建てるにあたって絶対に知っておくべきキーワード。簡単にいうと「建物の各階の床面積を足した数字」です。しかし、建築基準法によれば例外として延床面積に含まれない部分もあり、バルコニーもその一つ。では、屋根をつけたらどうなるんでしょうか。屋根付きバルコニーの法律上の位置づけについてまとめてみました。なにげなく屋根をつけたら、バルコニーの位置づけが変わってしまって延床面積の一部になってし...

 
 

「バルコニーに屋根があったらいいのになあと思いつつも、「そこまで本格的なものは要らない」「ちょっと日差しや雨を除けられれば良い」ということなら、簡易的に取り付けられるものがオススメ。ネット通販でもバリエーションは非常に豊富で、本格的な工具ナシでもつけられるバルコニー屋根も登場していますよ。LIXIL、YKK、三協アルミ・・・と有名なメーカーの本格的なバルコニー屋根を付けるとなると費用もかかるだろう...

 
 

「天気を気にせずに洗濯物を干せる」「直射日光を遮ることができるのでバルコニーやフローリングの劣化を緩和できる」等々、メリットが多いバルコニー屋根。しかし、一方でデメリットを挙げている方も多いんです。一見、ないよりあったほうが便利そうに見えるバルコニー屋根のデメリットってどんなことなんでしょうか?どんな物事にも明と暗があります。バルコニーの屋根も然りで、良かれと思ってつけたことでかえって後悔すること...

 
 

基本的には屋根がないのが前提のバルコニー。なにかと不便で結局、屋根を後付けするケースが多いようです。その場合、工事に際してはどんなことに注意が必要なのでしょうか。また、その費用目安は?今回は、バルコニー屋根の設置工事で知っておきたいポイントをまとめてみました。屋根をつけるとオプション費用で高くつくから、要らないよね。・・・なんてケチってつけなかったけど、やっぱり屋根がないと不便!後付け工事をしたい...

 
 

バルコニーに後から屋根を設置するケースも多いですが、建売の場合は?標準仕様ではバルコニーに屋根はついているのかいないのか。事前にオプションなどで設置することは可能なのでしょうか。併せて、建売ならではのお金の問題についてもまとめてみました。注文住宅とは違って、あれこれ選択肢の幅が狭いというのが建売のデメリット。一方で「費用を抑えられる」というのが大きなメリットですが、みなさん、バルコニーの屋根はどう...

 
 

街でちらほら見かけるようになった、コロンとしたシルエットが個性的なゼロキューブ。「1000万円のスタイリッシュな家」が謳い文句で、屋上のバルコニーも人気の秘密!でも、屋根がなくて不便だったりしないのでしょうか。ゼロキューブのバルコニー屋根事情について調べてみました。コロンとした箱型で、一見、窓が少ないようにも見えるし「洗濯物はどこに干すの?」なんて余計な心配もしてしまったり。ですが、キューブの屋上...

 
 

ひとことで「バルコニー屋根」といっても種類は豊富。わかりやすい違いとしては「柱あり」と「柱なし」の2タイプがあります。それぞれ使い心地はどう違うのか。ここでは柱なしタイプのバルコニー屋根にフォーカス!そのメリット・デメリットについてまとめてみました。バルコニーの屋根に柱は必要なのかどうか?素人目にはあったほうが安心なようにも思いますが、技術的にはどうなんでしょうか。柱ありか、柱なしか?柱なしの場合...

 
 

都会の狭小地では、「車を保管する場所がないから」ということでマイカーを手放す方も多いとか。でも、本当は車、必要ですよね?とはいえ敷地は限られているし・・・。そんなジレンマを解消してくれるのが、ガレージです。屋根部分をバルコニーとしてうまく活用すれば、暮らしの可能性はもっと広がります。今回は、賢いガレージ屋根の活用法についてまとめてみました。駐車場って、正直ちょっと無駄なスペースですよね。車を置いて...

 
 

一度設置してしまうと、あとは固定されたまま。そんなイメージもあるバルコニー屋根ですが、バルコニーをオープンにしてアウトドア気分を満喫したい日だってあるのでは?というわけでここでは、可動式の屋根に注目!可動式だと空間の使い道はこんなに変わります。バルコニーに屋根を後付けするかどうかで悩んでいる方って多いですよね。なぜ悩むのか?その理由は費用の事ばかりではないようです。気候に合わせて使い分けられるのが...

 
 

コーナンは、近畿地方を中心にチェーン展開しているホームセンター。もちろんバルコニー屋根の取り扱いもありますし、設置工事を依頼することも可能です。その場合の作業のクオリティや費用は相場と比べてどうなのでしょうか。コーナンのバルコニー屋根設置について口コミ情報を参考にまとめてみました。ホームセンターって、時々ビックリするくらいオトクな商品に出会えたりしますよね。バルコニー屋根だって、専門的なリフォーム...

 
 

かっちりした屋根は要らないけれど、日差しや雨を除けられる“何か”が欲しい。それはまるで、テントみたいに・・・。そんなニーズに応えてくれるのが、バルコニー用のサンシェード!まさにテント生地のものも多く、雨や日光からベランダや床材、家具までもを守ってくれるお役立ち品なのです。ご近所を散歩していると、バルコニーやベランダに大きなテントみたいな布を張っているお宅、見かけませんか?あれがいわゆるサンシェード...

 
 

賃貸暮らしは、住まいに関して「不便だな」と思うことがあってもそう簡単にはカスタマイズできません。バルコニーの屋根もその一つで、後付けできる品には制限がありそうです。それでも、住み心地は前向きに追求していきたい!というわけで、賃貸でも設置できるバルコニー屋根を集めてみました。本格的なバルコニー屋根は、外壁や天井部分に穴を開けて金具で設置するパターンが多いです。賃貸ではそれができない!なら、どうする?...

 
 

ご近所をじっくり観察してみると、バルコニーの屋根が半分しかないお宅って結構あります。それは一体、ナゼなのか?あえて半分にしているのか、それともやむを得ずの選択だったのか。バルコニーの屋根には住む人の意外なこだわりが表れる!?そもそも、バルコニーは屋根がないのが前提。ですが、最近は「洗濯物を雨風から守るために」と屋根を後付けする方も多いです。その場合、あえてバルコニー全面を覆わず「半分」のデザインを...

 
 

バルコニーで洗濯物を干していたところ、向かい側の家の人が出てきて目が合った!・・・って、ちょっぴり気まずいシチュエーションですよね。(すっぴんだったら特に)そんな状況を回避できるのが、目隠しつきタイプのバルコニー屋根。これなら目隠し部分で洗濯物を丸ごと隠せるので周りの目も気になりません。でも、屋根に目隠しがついている・・・って、一体どんなデザイン?まずは代表的な商品をチェックしていきましょう。オプ...

 
 

台風がひっきりなしにやってきた2018年夏。バルコニーの屋根が飛ばされたり、破損したり、もしくは「次はヤバそう!」という状況になっているお宅も多いのでは?では、破損した場合はどこに修理を依頼すれば良いのか。また、バルコニー屋根の修理にかかる費用の目安は?バルコニーの屋根くらいなら、ちょっと器用なであれば自分で直してしまうこともできるでしょう。しかし、場所が場所だけに“万が一”の事故も心配。できれば...

 
 

ネット通販で全国どこでも簡単に発注&施工ができる時代。それでもやはり、「地域密着」をうたい文句に踏ん張っている業者もあるはずです。大阪でバルコニー屋根を設置するなら、ネットがいいのか地元密着系ショップがいいのか?大阪エリアの施工事例を元に、バルコニー屋根のオススメショップをピックアップしてみました。住まいの安全や快適性に関わることだからこそ、業者選びにはこだわりたい。大阪エリアでバルコニーに屋根を...

 
 

バルコニーに屋根を後付けするなら、とにかく見た目に「違和感」や「野暮ったさ」が出ない色がいい!でも、具体的にはどんなカラーがいいのか?とお悩みの方も多いことでしょう。しかし、ご安心を。イマドキ、バルコニー屋根のカラーはバリエーションも豊富。きっとあなたのお宅の外観にしっくりくるお色が見つかるはずです。バルコニー屋根の素材は、多くはポリカーボネート。「透明(クリア)」という印象が強いかもしれませんが...

 
 

ヴェクターは、YKK apから販売されているバルコニー屋根。他社の商品と比べて、デザイン、機能の面でどんな特徴があるのでしょうか。また、安く施工するにはどこのショップがいいの?人気のバルコニー屋根、「ヴェクター」についてのあれこれをまとめてみました。ファスナーでおなじみのYKKですが、実はエクステリア建材もスゴイ!バルコニーの屋根も、細かい部分で気の利いた仕掛けが光ります。出幅が広いYKK apの...

 
 

ハラハラと舞い落ちる雪を見て、「キレイだな」と思っていられるのは束の間。積もり始めると、時には凶器となって私たちの生活を脅かします。雪国でバルコニー屋根をつけるなら、雪対策は必須!ここでは、雪に強い仕掛けがあるバルコニー屋根を集めてみました。雪国での暮らしを体験したことがない方はぴんと来ないかもしれませんが、雪は重いし邪魔。特に屋根に積もった雪は、水分を吸収して家を押しつぶすほどの重さになることが...

 
 

目次建築面積はナゼ大事?バルコニーは建築面積に入るか、入らないのか。バルコニー屋根の安易なリフォームは危険!家づくりビギナーさんを惑わせるキーワードの一つに「建築面積」があります。これは具体的にどの面積を意味しているのでしょうか。また、バルコニーの屋根を設置する場合に注意すべきポイントとは?今回は、バルコニーの屋根と建築面積の関係について見ていきましょう。建築面積とは、家を真上から見た場合の外周で...

 
 

バルコニーに屋根がないのは、やっぱり不便!洗濯物も雨で濡れちゃうし・・・、ということでバルコニーに屋根を後付けしようと考えている方は要注意。軽い気持ちで設置した結果、建築基準法違反になってしまう可能性もあるんです。ここでは、建築基準法の基本を確認していきましょう。建築基準法とは、建築物の敷地や構造、設備、用途などについて最低限守るべき「基準」を定めた法律。人々の健康や安全を守るために大切な法律です...

 
 

バルコニーに干した洗濯物を守りたい!ってことで設置したはずの屋根。それなのにまさかの雨漏りで洗濯物がビショビショ?その原因はどこにあるのでしょうか。バルコニー屋根の雨漏り対処法についてまとめてみました。バルコニー屋根で雨漏りが発生した場合、まず疑うべきはどの部分なのでしょうか。一体、どこに問題が?まずは接続部分を疑ってみようDIYで設置したならおわかりかと思いますが、バルコニーの屋根は建物の壁に設...

 
 

あれば便利だけれど、業者を経由するとそれなりの金額がかかるバルコニーの屋根。手作りできれば一番安上がりなのでしょうが、そんなことができるのでしょうか。バルコニーの屋根を手作りする場合の材料や方法について調べてみました。面積は狭いとはいっても、屋根は屋根です。普通に市販品を買えば5~6万円はするバルコニー屋根を自作するってアリなんでしょうか?また、その費用は?アルミパイプでバルコニー屋根を自作!?世...

 
 

2018年の夏から秋にかけては、毎週台風が来ていたと言っても過言ではないくらいの当たり年でした。気象情報を見る度に、「うちのバルコニー屋根、大丈夫かな?」と心配していた方も多かったのでは?そこで今回は、台風でバルコニーの屋根が被る被害や起こり得るご近所トラブルについてまとめてみました。家の屋根が吹っ飛ぶくらいの威力のある台風なら、後付けしたバルコニーの屋根なんて簡単に飛ばされてしまうでしょう。ただ...

 
 

建築材料・住宅設備機器で業界をけん引する存在といえば、LIXIL。もちろんバルコニー屋根も扱っていますが、豊富な商品ラインナップの中で人気の商品はどれ?ここでは、ランキングや口コミを参考に、LIXILでオススメのバルコニー屋根を3点セレクトしてみました。住宅用の建材も、やっぱりブランド力って大事です。その名を聞くだけでなんとなく安心する、「LIXIL」ブランドのバルコニー屋根で人気の商品といえばど...

 
 

なくてもいいかと思ったけど、やっぱりバルコニーの屋根は必要だった!・・・そんな時、リフォームするにはどんな方法があるでしょうか。また、費用を最も安く抑えられるリフォーム方法は?今回は、バルコニーの屋根を後付けする方法をあれこれ比較してみました。屋根がないのがバルコニーの特徴ですが、実際に暮らし始めてみると「やっぱり屋根、欲しいよね」ってことになりがちです。そんな時、まずはどんなアクションを起こせば...

 
 

アルミフレームのバルコニー屋根に比べて、素朴な温かみを演出できる木製の屋根。もし後付けするなら、見た目の雰囲気、そして生活はどう変わるのでしょうか。併せて、木製のバルコニー屋根で人気の商品をチェックしていきましょう。「木」には不思議な“和み”の力があります。家の外観が寒々しいなと感じたら、木製のバルコニー屋根をつけてみると良いかもしれませんね。あこがれのアウトドアリビングを実現!バルコニーに屋根を...

 
 

何を買うにもネット通販が便利な時代になったとはいえ、やはり今なお「買い物は実店舗派」の方が多いのもまた事実。バルコニー屋根も、ネットで簡単に発注することもできますがホームセンターで買うのが手堅いと考える方も多いようです。実際のところ、バルコニー屋根はネットがいいのかホームセンターがいいのか!?「クレジットカードの情報を入力することに不安を感じる」そんな理由でネット通販を避けている方も多いようです。...

 
 

バルコニー屋根にはいろんな種類がありますが、素材にこだわって選んでみるとまた一味違った雰囲気を演出することができるでしょう。例えば、最近よく見る布製のシェード。日差しや雨を避けるという意味ではバルコニー屋根の一種といえます。ここでは、布製で人気の商品を3点ピックアップしてみました。風をまとってふんわり膨らむ様が、ナチュラルで優しい雰囲気を醸し出してくれる布製のシェード。楽天市場では、こんな商品がよ...

 
 

屋根がないことが前提のバルコニーですが、住んでみればやっぱり不便です。具体的にどんな部分に不便を感じるのか。バルコニーに屋根をつけることのメリット(逆に、ないことのデメリット)について改めて考えてみましょう。なければないでどうにかなってしまう、バルコニーの屋根。一方で、リフォームで屋根をつける方も多いですが、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。メリット① 洗濯物を守れるバルコニーに屋根をつけ...

 
 

バルコニーの屋根を後付けしたいけど、わざわざ業者にやってもらうと結構な金額になってしまう。だからといってDIYする腕もないし・・・とお悩みなら、独立タイプのバルコニー屋根がオススメです。それは一体、いかなるものなのか?ここでは、DIYにオススメの“独立タイプ”の屋根に注目してみました。バルコニーの屋根を後付けしたら、雨漏りが始まった。そんなことになったら本末転倒ですから、「どんな屋根を、どうやって...

 
 

独特の形状がその由来となっている「波板」。バルコニーの屋根でよく使われているのはナゼなのでしょうか。また、施工する上での注意点は?ここでは、その特徴についてまとめてみました。併せて、建材メーカーから販売されている波板仕様のバルコニー屋根もチェック!「バルコニー屋根」といっても、いろんな形状や素材があり、それぞれ特性が違っています。ここでは、昔ながらの家でよく見かける「波板」に注目してみました。波板...

 
 

最終更新: 2019年6月18日「軽さ」が魅力のアルミ材。バルコニー屋根の本体部分の素材としてもメジャーですが、具体的にどんな特性があるのでしょうか。なぜ、バルコニーの屋根にはアルミが良いの?ここでは、その特性や、大手メーカーの売れ筋商品についてまとめていきます。「メルカリで“アルミ玉”が良く売れている」ということで最近、話題の「アルミ」。アルミホイル以外の使い道ってどんなコトなんでしょうか?アル...