リフォーム 費用 相場 一戸建て

MENU

一戸建てのリフォーム費用の相場を調べて分かったこと

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子供が生まれた時に建てた一戸建ても、その子が独立する頃にはあちらこちらに「ガタ」が…。

 

家族構成に合わせて、何らかのリフォームを考えるべき時を迎えているお宅も多いと思います。

 

そこで気になるのは、費用相場のこと。一戸建てをリフォームしている人たちは、どのくらいの費用をかけているのか?

 

相場感をつかんでおきたいです。

 

リフォームは、一生に何度もするようなものでもありませんよね。

 

どこをどう変えると、どのくらいの費用がかかるのか?…まったく相場がわからない!という方も多いはずです。

 

建て替えよりリフォームを選ぶ理由

部分的なメンテナンスならばまだしも、間取り変更を伴うリフォームなら「いっそ新築しちゃえば!?」と思われる方も多いかもしれません。

 

確かに、経年劣化で構造体そのものが古くなっている場合は、かなりの補修工事が必要となって費用も倍増。

 

どうせローンを組むのだし、新築したほうが良いのでは?と勢いづいてしまうのも無理はありません。

 

しかし、建て替えた場合は床面積が小さくなってしまうケースがあるのだとか。

 

今住んでいる家を建てた時とは建築法が変わっているため、「この面積の土地なら、床面積はここまでの家を建てられますよ」という割合が少なくなっている可能性があるんです。

 

そのため、構造体そのものは生かした全面リフォーム=スケルトンリフォームが人気なのです。

 

費用相場も、一戸建てを新築するよりずっとお安いんですよ!

 

スケルトンリフォームの費用相場は?

スケルトンリフォームとは、住居の骨組や構造体を活かしてリフォームする方法です。

 

家の中身(内装や設備)をリセットして、もう一度作り直す…と考えればわかりやすいのではないでしょうか。

 

構造はそのまま残りますから、面積は変わりません。

 

費用相場としては、一般的には600~1,000万円の範囲内と言われていますよ。

 

もっとも、導入する設備のグレードや床材、壁材の素材の選び方次第ではいくらでも高くなりますが。。。

 

それでも、一戸建てを新築するとなれば3,000万円、4,000万円はかかるでしょうから、費用はお安くあげられます。

 

一戸建てをゼロからやり直せるスケルトンリフォームの費用

 

家の中を一掃処分!

私の親戚の家では、スケルトンリフォームという言えるほど大規模ではないもののわりと大がかりなリフォーム工事を行いました。

 

玄関→リビングに行く途中にキッチンがあったのですが、「来客に見られるのが嫌だ」という奥様の意見を汲んで扉をつけたり、リビングの壁を一部取っ払って窓を作ることで光を入れたり、2階を6畳→8畳に広げたり。

 

かかった費用のトータル金額は550万円だったそうですから、相場よりはちょっとお安いですよね。

 

ちなみにこの時、親戚一家は思い切って家中を大掃除したのだとか。

 

子供が使っていたオモチャや教科書、スキー板などなど、要らないものは全て捨てたそうで(笑)。

 

そのため、2階の部屋自体は広くなったものの荷物は少なくなったのだとか。

 

スペースが増えた分、幸運が居座るようになったのか「最近、良いことばかり続くんだよね」とニコニコでした。

 

物が溜まりがちな一戸建てのリフォームでは、併せて断捨離も行うと良いかも?

500万円でどこまでできる?戸建てのリフォーム

あちらこちらと老朽化も気になり始めたし、そろそろ家のリフォームを、、、と考え始めている方も多いことでしょう。

 

しかし、新築の戸建てを購入する時とは違って、費用の目安はつけにくいものです。

 

なぜなら、個々の事情によって工事内容はまるで違うから。

 

ピンからキリまである戸建てリフォームについて、「いくらあれば、どこまで実現できるのか」費用の目安をつけるにはどうすれば良いのでしょうか。

 

戸建てリフォームの費用相場を知るには、実際にリフォームしたお宅の実例に学ぶのが一番の近道です。

 

でも一体、どうやって!?

 

「どこを?」「どんな風に?」で変わる費用

「戸建てリフォームの費用相場」はあってないようなもの。

 

なぜなら、各家庭の事情によって工事内容がまるで違うからです。

 

Aさんのお宅では、料理好きな奥さんのためにこだわりのキッチンを作りたいという目的でリフォームを。

 

Bさんのお宅では、キッチンには全く不便を感じていないものの、子供が大きくなったからもう一つ部屋を増設したいというリフォーム。

 

・・・どうでしょう、たった2件の事例でも、かかる費用は全く違ってきそうだな~と予想できませんか?

 

リフォームの費用相場を知るには

リフォーム費用は、家の中のどこを?どんな風に変えたいのかによって雲泥の差!

 

「戸建てリフォームの費用相場は?」なんて、ある意味ではナンセンスな質問なんです。

 

とはいえ、どの程度の工事をすればどのくらいの金額になるのか、目安くらいはつけていきたいですよね。

 

それなら、過去の事例を参考にするのが一番です。

 

ぜひ、「価格.com」内の、「DIY・工具・リフォーム」→「リフォームの費用・相場」のページを参考にしてみてください。

 

水回りや屋内、屋外、家全体で、それぞれ「いくらで何ができる?」が非常にわかりやすくまとめられています。

 

費用内訳込で実例も紹介されていますのでイメージがふくらみやすいと思いますよ。

 

500万円あれば、結構色々変えられる!

例えば500万円あったら、戸建てではどんなリフォームが可能なのでしょう?

 

実は私の親戚宅が、ちょうどこの金額でリフォームを終えたばかりなんです。

 

まず、彼らが優先したのは「家の外観」。

 

外壁や屋根があまりもみすぼらしかったので、まずはそこを補修・塗装して整えたかったんだそうです。

 

その次は、古くなった給湯器を交換。(※ちなみに、エコキュートではありません!)

 

さらに、在来浴室→ユニットバスへの付け替え、システムキッチンの交換、リビングの内装リフォーム(クロス張替、床材の一部を交換、建具撤去)等。

 

これだけやっても500万円の範囲内に収まったそうですよ。

 

もっとも、廊下と部屋の境界の段差をなくしたり手すりをつけたり、、、といったバリアフリー工事も一緒にやっていたので、いくらか補助金が出たのかもしれませんね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

新築するよりは安い!とはいえ、リフォーム工事だって〇百万円~〇千万円の費用がかかるのは間違いありません。自己資産でその費用全額をフォローできない場合はローンを利用することを考えるわけですが、、、リフォームには一体どんなローンが使えるのでしょうか?リフォームに便利な「リフォームローン」。新築する時に組んだ住宅ローンと比べてどんな特徴があるのでしょうか?リフォームローンの特徴は?「リフォームローンって...

 
 

光熱費節約を考えている方なら、一度は「エコキュート」を候補に挙げてみたことがあるのでは?実際、リフォームを機に導入する方は少なくありません。しかし、何かと初期費用がかかるイメージも。リフォームでエコキュートを導入する場合、具体的にはどれだけの費用が発生するのでしょうか。そもそも、エコキュートとはどのような仕組みの設備なのでしょうか。光熱費を節約できるのはナゼ!?やっぱり初期費用は高いのでは?家をリ...

 
 

床のリフォームと言えば、「フローリング」が常識?いえいえ、クッションフロアも忘れてはいけません。あまりお部屋には使用されないイメージですが、実は使い勝手が良くて費用もリーズナブル。フローリングに勝るとも劣らないメリット&魅力がいっぱいなのです!そんなクッションフロアのリフォーム費用について調べてみました。そもそも、クッションフロアとはどのような床材なのでしょうか。いわゆる「フローリング」とは何が違...

 
 

ここにフロアランプがあったら、お部屋の雰囲気がとってもムーディ!でも、コンセントがないし、延長コードなんて野暮ったい(泣)。ああ、コンセント増設したい、、、と、くやしさを感じたことが何度もあります。リフォームでコンセント増設するのは簡単なのか?また、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?コンセントがないなら、延長コードで伸ばせば良い。おそらく誰も一度はそう考えることでしょう。しかし、たこ足配線は思...

 
 

家族構成が変わると、費用を抑えた中途半端な改築程度ではもはや補い切れない部分も出てきます。そこで、一戸建てを骨組みまで解体して中身をゼロから作り直す「スケルトンリフォーム」に踏み切るご家庭も少なくありません。一戸建てを新築する場合と比べて費用はどうなのか?今まで知らなかったスケルトンリフォームについて検討してみます。「全面リフォーム」などで検索すると必ず出てくるキーワードが「スケルトン」。一体、そ...

 
 

大好きな服に囲まれて、「あ~でもない、こ~でもない」と一人ファッションショーをしたい!リフォームでウォークインクローゼットを新設すれば、その夢も叶います。使い方次第では、ちょっとした仕事部屋にも大変身!でも、、、費用はどのくらいかかるのでしょうか?最近は、賃貸マンションでもウォークインクローゼットつきの物件が増えています。普通のクローゼットと比べて何が魅力なのでしょうか?ウォークインクローゼットっ...

 
 

光熱費削減のため、ある程度の費用をかけてオール電化へのリフォームに踏み切るお宅が増えています。実際、ガス代をカットできる分だけ月々の支払は楽になりそうなイメージですが、リフォーム自体の費用が高くつくなら意味はない!?気になるオール電化とお金の関係についてリサーチしました。もはや常識のように誰もが口にする「オール電化」という言葉。ですが、具体的にはどういうシステムになっているのか詳しくはご存知ない方...

 
 

1日の最後は、お風呂での~んびり。でも、タイルがくすんでいたり、壁にヒビが入っていたりしたら、なんだかくつろげませんよね。湿度の高いバスルームは、家の中でも劣化しやすい場所。ある程度の年数が経ったらリフォームしましょう。そこで気になるのは費用のこと。お風呂のリフォーム費用ってどのくらいかかるのでしょう?昔ながらのお風呂に変わって、最近主流となっているのは「清潔感」や「デザイン性」を追求したユニット...

 
 

手軽にお部屋のイメチェンができる!と人気の高い、壁のクロス張替えリフォーム。お手頃な費用で挑戦できるのも魅力の一つです。ですが、施工後に気づく意外な反省ポイントもありますので注意が必要だと教えてもらいました。ここでは、クロス張替えリフォームの費用相場と、気を付けるべき落とし穴を考えてみたいと思います。壁のクロス張替えリフォームでは、とにかくクロスの選び方が超・重要!色、素材、質感、柄…実に様々な種...

 
 

なんだか最近、やたら隙間風が気になるな、と感じたら、サッシ交換リフォームの頃合いかもしれません。一般的には30年で寿命を迎えると言われているサッシ交換にかかる費用は?また、その費用は何を基準にどれだけ変わってしまうのか。リフォーム業者にだまされないためにも、基本をおさらいしてきたいと思います。サッシを変えるだけでも、部屋の印象はずいぶんとあか抜けるものです。外との入り口をリフレッシュして、良い「気...

 
 

リフォームでは、費用面を中心に「こんなハズじゃなかった!」「聞いていた話と違う」といったトラブルに発展するケースが少なくないよう。例えばどんな事例が多いのでしょうか。また、それを防ぐためにはどうすれば良いのか?リフォームにありがちな費用追加を巡るトラブルを中心に、上手な回避法について考えてみましょう。リフォームって、なんだかトラブルが多そう…。そんなイメージをお持ちの方も多いでしょう。確かに、施主...

 
 

私たちの生活を支える土台となるもの、それが床です。最近はフローリングが人気ですが、種類によってメリットやデメリットがあります。もちろん、費用もピンキリ!ここでは、フローリングの張替えリフォームにかかる費用相場と、リフォーム成功のためのポイントをみてみます。「フローリング」と一言で言っても、選ぶ床材によって質感も費用も大きく違ってきます。一般的にはどんな床材が選ばれているのでしょうか。フローリングの...

 
 

毎日の生活にメリハリがないな。気分が乗らないな。そんな時は、思い切って一部屋リフォームが良いかも。内装を変えることで、お部屋のイメージはガラリと変わります。どのくらいの費用をかければどこまでリフォームできるのか、ここでは一部屋アレンジの費用とポイントを検討してみます。「リフォーム」というと、〇百万円もかかるような大規模な工事を思い浮かべる方も多いのでは?しかし、ちょっとしたアレンジでもお部屋の表情...

 
 

同じ雨漏りの補修リフォームをしたのに、Aさん宅では「〇万円」、Bさん宅では「〇十万円」。その費用の違いって一体何!?正解は、「原因」です。雨漏りは、目には見えない住宅の老朽化が原因になっていることが多く、リフォーム工事の内容も様々。費用もリフォーム工事の内容によって変わってきますので、まずは原因を探ることが大事なのです。雨漏りのリフォームは「原因」で費用が大きく変わる!「雨漏り」の原因は、実は複雑...

 
 

押入れって、イマドキちょっと懐かしい響きですよね。最近は、クローゼットにリフォームするお宅も増えているよう。しかし、その内容は千差万別!アイデア&費用次第でいかようにも変えられる夢のスペースなのです。例えばどんな押入れリフォームが?おいくらほどの費用で実現できるのでしょうか?「ドラえもんの寝床」としてもおなじみの押入れ。最近の新築住宅では、姿を消している例も少なくありません。「押入れリフォーム」っ...

 
 

新築以外は、確定申告しても控除は受けられない。そんな思い込みをしていました、私。実はリフォーム費用にも、条件次第では控除が適用されるケースがあることを最近知り驚いてます。まずはリフォームの内容と費用の工面方法を所定の条件と照らし合わせてチェック。確定申告しなくちゃ損!かもしれませんね。ローンを組んで家を新築した年の確定申告で適用される、住宅ローン控除。実は、リフォームをした場合でも同じシステムが生...

 
 

ここ数年、古き良き日本の古民家を生かしたリフォームが人気。というのも、昔ながらの日本の家屋には、四季を快適に過ごすための知恵が詰まっているからと言います。とはいえ、土台の状態次第では結構な額のリフォーム費用が発生することも。ここでは、古民家再生の費用相場についてみてみたいと思います。現代文明も舌を巻くような生活の知恵が生きているかと思えば、やはり決定的な弱点もあったりするのが古民家の特徴です。独特...

 
 

知っているようでいて、意外と知らないことが多い固定資産税のこと。例えばリフォームした場合、固定資産税は上がるのか、下がるのか?リフォームそのものの費用もさることながら、税金のことだって気になりますよ。〇百万円~一千万円オーダーの費用が発生するわけですから、税金くらい安くして欲しいです。そもそも、固定資産税とはどのようなものなのでしょうか。まずは基本的な税の仕組みからおさらいしていきましょう。そもそ...

 
 

相手に良く思われたい。誰しも、多少なりともそんな気持ちがあるものですが、リフォーム費用交渉の場では不要!余計なプライドや仇は、リフォーム業者にとって格好の餌食になってしまいます。費用を1円でも安くあげたいのであれば、交渉の場でもその気持ちをブレずに持ち続けることが大事です。リフォーム費用を予算内に押さえるためには、自分たちの状況や気持ちを素直に・正直に業者に伝えることが大事です。そこからしか、「信...

 
 

「子供部屋=勉強するための部屋」ではありませんよね。本やゲームもさることながら、一人で空想の翼を羽ばたかせるお手伝いをするのも子供部屋の大事な役割。リフォームするなら、子供の夢を叶えられるお部屋にしたいです。さほど費用をかけられなくたって、アイデア次第で素敵なリフォームは実現するって聞きました。費用をかけて立派な部屋を作れば良いってものではないとか。お気に入りの子供部屋があれば、嫌いな宿題だって楽...

 
 

当初は「予算〇万円でリフォームしたい」と金額を決めていたものの、「アレも」「ココも」と追加していった結果、気づいたら大きく予算オーバー(泣)。そんな時、どうすれば費用を抑えることができるのでしょうか。こだわりを活かしつつ、費用を極限まで抑えることができるリフォームのポイントを考えます。せっかくリフォームするなら、できるだけ妥協はしたくないもの。しかし、決められた予算内でできることは限られています。...

 
 

家族構成や生活スタイルの変化に伴いリフォームを検討するも「費用の目安がまったくわからない!」リフォームの費用は、家の中の「どこを?」「どんな風に?」アレンジするかによっても大きく異なります。おおよその目安をつけるにはどうすれば良いのでしょうか。リフォームは、個々の事情によって金額に幅が出ます。とはいえ、一般的な平均、目安金額はあるはず。それを知るには!?大まかな目安を知るには?リフォーム費用の目安...

 
 

私たちが生きていく上でなくてはならない水。ですが、建物にとっては命を脅かす存在!防水リフォーム工事で、大切な家を雨漏りから守りましょう。躯体のダメージや内装の汚れを予防するためには、どのくらいの費用をかけてどんなリフォームを行うのが良いのでしょうか?屋上やルーフバルコニー、ベランダ、ひさし、外壁、階段、外廊、駐車場と、雨漏りしやすい個所は様々です。防水工事をするなら、実際に雨漏りがしてからでは遅い...

 
 

自分たちは気づいていなくても、実は生活音が隣に丸聞こえかも!?集合住宅の場合、特に気になる“音”の問題。ご近所トラブルの原因にもなり兼ねません。防音リフォームをすることで対処しているお宅も多いようですが、費用相場はどのくらい?気になる防音リフォームの工事内容と費用相場を調べてみました。隣近所の目が気になる…生まれてから1歳になるまで、うちの子供は昼なく夜となく1日中よく泣く子でした。特に夜泣きがひ...

 
 

リフォームには、時には1,000万円を超える費用が発生します。全てを貯金で賄えるのか、はたまたローンを組まなければならないのか。支払い方法については事前にしっかりシュミレーションしておくのが基本です。いつまでに、どのくらいの費用が必要になるのか?どんなリフォームでどんな助成制度の恩恵を受けられるのか。支払方法と合わせて確認しておきたい要点です。「ローンを組めば良いから安心!」なんてのんきなことを言...

 
 

近い将来にやってくるであろう家族の介護に備えて、家の随所に手すりをつけるリフォームを検討中の方も多いハズ。いわゆるバリアフリーリフォームの一種ですが、手すりOnlyの場合はどのくらいの費用を見込んでおけば良いのでしょうか。意外とイメージがしにくいバリアフリーの費用相場についてリサーチしました。階段やお風呂場に手すりをつけるだけなら、それほど工事難易度も費用も高くないように感じられるかもしれません。...

 
 

和室で背筋をしゃんと伸ばして正座、というのも奥ゆかしいですが、そろそろ洋室のインテリアも楽しみたい!そこで最も高いハードルとなるのは、畳からフローリングへのリフォーム。床をまるごと取り換えるってなんだか費用も高そうですが実際は?畳からフローリングにする場合のリフォーム費用について調べてみました。和室と洋室の最大の違いは?…そうです!床です!!畳をフローリングに変えない限り、どんなにインテリアを工夫...

 
 

心身の健康は、快適な睡眠から。質の良い睡眠を取っていないと、良い案がひらめかなかったり、やたらにイライラしたり、良いことは一つもありません!だからこそ、寝室のリフォームにはこだわりたいところ。ここでは、寝室リフォーム費用の相場について調査。予想以上に費用をかけている方が多いという現実が分かった?「寝室のリフォームと言われても、家具はベッドしかないけど?」と首をかしげているあなた。壁紙やカーテン、シ...

 
 

数十万円、場合によっては百万円オーダーの費用が発生するリフォーム。家計への打撃を心配している方も多いハズ。リフォームの内容次第では、税金を減額してもらえる制度があるんです。どんな税金がどれだけ安くなるのか?「税金の控除が受けられるのは新築する時だけ」と思っている方も多いかもしれません。しかし、実際はリフォームする方でも使えるありがたい制度もあるんです。ただし、一定の条件を満たす必要がありますので、...

 
 

「リフォーム」という言葉の中には、様々な種類の工事が含まれています。増築もその一つ。単に壊れた部分を補修するだけの工事と違って、費用が高くつくイメージです。増築は、リフォームの中ではどんな位置づけなのでしょうか。そして、気になる費用は!?そもそも、リフォームにはどんな種類があるのでしょう。増築以外にどんな工事がある?リフォームと増築ってどう違う?「リフォーム」というと、みなさんはどんな工事をイメー...

 
 

親が払うのか、子供が払うのか、それとも折半?二世住宅へのリフォームでは、その費用負担が難しい!贈与税に関しても、ちょっとややこしいルールがありますので確認しておくべきです。調べてみて思ったのですが、リフォーム費用にまつわる親子間のトラブルを避けるためにも、贈与税の基本だけでも知っておくとよいと思います。そもそも贈与税とはどのような税金なのでしょうか。具体的にはいくらもらうと発生するものなの!?贈与...

 
 

東日本大震災以降、「耐震リフォーム」という言葉をよく耳にするようになりましたよね。ですが、具体的にどんな工事を行うのか、どのくらいの費用がかかるものなのかはよくわからないという方も多いのでは?悪徳業者の餌食にならないよう、耐震リフォームの中身と費用について詳しく勉強しておいたほうが良いと思っています。「耐震」とは、どの名の通り「地震に耐える」ための工事。といっても、具体的にはどんな内容なのでしょう...

 
 

「車が置けさえすれば良い」と言う方もいれば、「屋根がないのは駐車場とは言えない!」と言う方もあり。駐車場の捉え方やこだわりには、その人の価値観や「車への思い入れ」が表れます。どのくらいの費用をかけてリフォームすればどの程度のレベルまで整えられるのか?公開されている具体的な施工例をもとに、リフォーム費用の相場について検討してみました。駐車場とは、その言葉通りストレートに解釈すると「車を停める(駐車す...

 
 

家を建てる時の費用の基準となるのが「坪単価」。実はリフォームの分野でも、最近は「坪単価」を基準とした「定額制」のプランが出ていることをご存知でしょうか。これまでは「個々の事情によって費用に幅があるから・・・」と思われてきたリフォームも、坪単価ベースならハードルが下がるかもしれません。興味を持ったので、調べてみました。オーダーメイド色の強いリフォームでは、あまりなじみのなかった「坪単価」という言葉。...

 
 

木造に比べると鉄筋の住宅は「高い!」というイメージかもしれません。しかし、リフォーム費用となると事情は少々違ってくるようです。リフォームにあたっては鉄筋ならではの制限もあるようですが、逆に木造住宅では難しいアレンジポイントもいっぱいです。思い切って費用をかけて、心が豊かになる生活スタイルを手に入れるという選択もアリかもしれないと検討しています。木造と鉄筋、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。...

 
 

何気なく天井を見上げた時に目に入ったシミが目に焼き付いて離れない経験をしたことがあります。見られていないようでいて、実はよく目に入る天井は、メンテナンスを怠ってはいけないパーツの一つ。リフォームで張り替えると費用はどのくらいになるのか。天井のリフォームを成功させるためのポイントと費用について考えてみます。「天井のみを張替える」というケースはわりと少なく、たいていのお宅では壁紙クロスと一緒に張替えリ...

 
 

とりあえずローンさえ組めれば費用はなんとかなるだろう。そんな考えでリフォームに踏み切ろうとしているなら、それは甘い!リフォームには、思った以上に費用が必要になるものです。頭金ナシではちょっとリスキー。ローンの融資限度額も加味した上で、最低限の頭金は用意したいところです。「リフォームには頭金があったほうが良い」と言われますが、具体的にどの程度の金額を用意しておけば良いのでしょうか?リフォームに頭金っ...

 
 

今でこそある種の「覚悟」「思い切り」が求められるようになった二世帯同居ですが、かつての日本ではごく自然な家族の在り方でした。ひょっとしたら、二世帯リフォームが日本の「少子高齢化」を救う鍵になるかも。しかし、気になるのは費用のこと。どんなリフォーム工事、どのくらいの費用が発生するのでしょうか。「二世帯リフォーム」と言っても、スタイルは様々!さて、あなたならどのタイプの二世帯住宅を選びますか?二世帯リ...

 
 

大きな部屋が欲しいけど、増築する費用も土地もない(泣)。それなら、隣り合った2部屋をつなげるというリフォームも選択肢に入れてみてはどうかと思いたち。。。間に扉やパーティションを入れれば、シーンに合わせて別々の部屋として使うことも可能だということ。部屋をつなげるリフォームの成功ポイントと費用について調べてみました。部屋をつなげるには、まずは壁を壊すこと。でも、それだけで良いのでしょうか?他にはどんな...

 
 

家族構成が変わって不要なお部屋ができているなら、いっそ壁を壊すことで広々使える空間を作ってみてはいかがでしょうか、という提案をいただきました。「壊す」も一つのリフォームのカタチ。ちょっと費用をかけてメンテナンスすることで、死んでいたお部屋が再生するかもしれません!壁を撤去するリフォームのポイントについて費用面を中心に調べてみました。壁を壊すって、イメージは簡単そうですが実際は難しそうですよね。壁の...

 
 

部屋をぐるりと見回してみてください。一番目につくのは、やっぱり壁紙!薄汚れていたり、暗かったりするとそれだけで気分もサガる(泣)。なんとなくツイていないなと感じているなら、思い切って壁紙リフォームにチャレンジしてみましょう!でも、費用は!?壁紙の色や素材を変えるだけでも、部屋の印象は全く違うものになります。まるでファッションを楽しむように、お部屋の壁紙もいろんなカラーコーディネートが楽しめるんです...

 
 

来客があるとリビングが狭く感じられる。それなら、リフォームで壁撤去→隣の部屋をつなげてリビングを広げるという手もありますよ。パーティションや仕切り家具を使えば、部屋の切り替えも自由自在!ただし、壁を取り壊した後の処理にも費用がかかります。壁撤去のリフォーム工事にかかる費用って一体どのくらい!?壁を撤去したから「さあ、部屋が広がったぞ!」とは簡単にいかないのがリフォームの難しいところ。追加でどんな工...

 
 

リフォームしたいけど、費用が心配。ローンを組むのも怖いし。そんな時は、各自治体の補助金制度を利用するという手もあります。全てのリフォームが対象となるわけではありませんし、募集件数にも限りがあったりしますが、条件次第では美味しい支援を受けられるかも?家を建てることやリフォームすることに対しては、政策は意外と寛容。色んな優遇措置(減税制度や補助金制度)がありますので、知らなきゃ損です!支援制度の内容は...

 
 

一戸建てを買うよりも、「中古マンションを買って自分の好きなようにリフォームして住む」という住まい方を選ぶ方が増えているようです。リーズナブルな費用で自分に合った住み心地の良い毎日を手に入れる方法として、今、注目のテクニックは?どんな風にリフォームすれば、どのくらの費用が必要になるのか?マンションリフォーム初心者には「?」がいっぱい!自己流アレンジで暮らしを楽しく「今住んでいるマンションを、自分たち...

 
 

建て替え セキスイハイム家の建て替えを考えるとき、どのハウスメーカーにするか悩む方も多いと聞きます。業界最大手のセキスイハイムなら快適エアリーという商品が圧倒的に人気。建て替えのタイミングでも導入できるので、セキスイハイムを選択する方が増えているようです。TOP!セキスイハイム家を建てる時、建て替える時にまず気になるのがハウスメーカー。近年では大手ハウスメーカーが名を連ね、年々その競争率は激化して...

 
 

新築の住宅も時がたてば経年劣化していくもの。住宅の建て替えにベストなタイミングを見逃さない様に事前に話し合いましょう。タイミングさえ間違えなければ負担なく快適な生活が遅れる事、間違いなし!建て替えて快適ライフを楽しみましょう。何年住める?住宅を立て直す必要性住宅を購入するにも建築するにもタイミングってやっぱり大切。中でも築年数が経過した住宅を建て替えるタイミングには色々な時期が絡み一筋縄ではいかな...

 
 

宅に新しい息吹を吹き込む建て替え建築。住宅メーカー最大手の積水ハウスだからできるアフターフォローには神対応と言わざるを得ません。建て替えでも積水ハウスは高い!と思っている方に言いたい。高いなりの理由がそこには存在することを。最大手積水ハウスどんなに慣れ親しんだ住宅でも何十年と人が住んでいれば、おのずと痛んでくるのは当たり前の事です。長い年月の間に、住宅が痛むだけでなく、自身の家族構成や地域環境等の...

 
 

実家の建て替えを検討している方も多い事でしょう。そこに潜むのは、必ずかかる相続税。少しでも安く抑えるためには相続税のアレコレをきちんと理解する必要があります。建て替える前に押さえておきたいポイントはたったこれだけ!相続税は物件にもかかるご家族が無くなってしまった時、必ずあ話に出てくる遺産相続。まだご家族がご健在の方も、そうでない方もい一度は耳にした事のある方が多いハズです。これは、人が亡くなる前に...

 
 

中古マンションを買うのは良いけれど、どんな人が住んでいたかわからないから丸ごとリフォームしたい!そんな時はどのくらいの費用がかかるのでしょうか?実際に体験した方の情報を参考に、中古マンションリフォームの費用相場についてまとめてみました。「家を新築するより、中古のマンションを買ってリフォームしたほうが安いしそれで十分!」「わざわざ住み替えるまでもなく、今のマンションをリフォームして住まいをリフレッシ...