新築 風呂 失敗

MENU

新築の風呂場が失敗する、その原因はご主人にあり?!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

新築の家の風呂場を考えるのはご主人がメインというケースはありますが、それが失敗につながりがちなのです。

 

なぜなら風呂の手入れなどについて、新築で設計をする場合に忘れがちだから。

 

失敗した!こうならない為には、話し合いが大切のようです。

 

ご主人主導で風呂場のデザインをおこなうと?

新築の家を建てるときに、奥さんがこだわりを見せるのがキッチンならば、ご主人がこだわりを見せるのが風呂。

 

それぐらい、人によっては重要なポイントを占めるのが風呂なのです。

 

しかし、、、男女同権の世の中で、こんなことを言い出すのも何かとは思うのですが、、、ご主人は家事にうといもの。

 

ですから、男性目線で風呂場を設計してしまうと、後に奥さんがえらい目にあう、結局失敗だった。

 

そんなこともよくあることなのです。

 

男性が風呂などを選ぶ場合に、重要視しがちなのは見た目のカッコよさ。

 

ですから、バスタブや壁など風呂場の色を黒系で統一ということもよくやってしまうものなのです。

 

確かに黒系統の風呂場はカッコイイですが、清潔感という点でどうなのか?

 

水アカや髪の毛などが目立たないという点で、失敗ではないか?そんなふうに考えることもできるでしょう。

 

ですから、風呂場についてはご主人に全部まかせて、と考えてしまってはいけません。

 

なぜ、こんなに使いにくくなったのか?失敗だ!!後に風呂場の手入れをする際に、困るのは奥さんなのです。

 

風呂場は広ければいいというものではない

次に風呂場の広さをどう決めるかについて考えてみましょう。

 

せっかくの新築の家だから、少しでも広い風呂場にしたいと考えがちなのも、やっぱりご主人。

 

子どもといっしょに風呂に入りたいし、という意見も非常に説得力があるのです。

 

しかし、広くしてしまうと、同じくデメリットも出てきてしまうのが風呂場。

 

例えば、いつまでたっても風呂場自体が温まらないとか、バスタブに張る湯の量が多すぎるとか。

 

これまた、失敗だったと感じることが後から出てきてしまうのです。

 

子どもと一緒に風呂に入る、この期間は例えばどれぐらいなのでしょうか?

 

まあ、ほんの10年程度、住宅一軒を建てたら50年は持つということから考えると、ごく短い期間なのです。

 

ですから、風呂場は広ければいい、大きければいいという考え方は失敗のもと。

 

風呂場は長く使うものであるということは、忘れないようにしなくてはなりません。

 

やたらと豪華な風呂場というのも失敗の元

後は、風呂場の設計を男性に任せておくとオプションを付けがち、という点も失敗のもとです。

 

例えばテレビを付けてみたり、ジェットバスにしてみたり。

 

これらは、ここで見ていくと小さな出費かもしれませんが、まとまると非常に大きな出費となりがち。

 

結局、失敗だったと考えることになるかもしれません。

 

風呂場を使うのはご主人だけではない、一家全員が使うのだ。

 

このことが抜け落ちてしまうと、風呂場が失敗だったという自体になってしまうのです。

 

新築の家を建てる際には、夫婦お互いの意見のすり合わせが必要。

 

このことは風呂場についても同じことなのです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

せっかくの新築だから、風呂場の窓は大きくとって!そんな希望は良く耳にします。しかし、大きな窓と風呂場の相性は、あまりよくありません。新築ならば、風呂にコストをかけるよりも、もっと別の場所にかけるべき、そんな風に思うのですが、いかがでしょうか?大きな窓の風呂場は魅力的ですが?せっかく新築の家だけに、風呂場の窓は大きく開放感あふれるものに!これは、夢見がちなご主人が考えそうな理想の風呂場。確かに陽の光...

 
 

新築の家だけに風呂場の窓の大きさにはこだわりたい、そんな気持ちはよくわかりますが、大きければいいというものではないのが風呂場の窓。大きさは80×80cm程度でも十分といえるでしょう。大きな窓に欠ける費用を、新築ならば別の箇所に回すことも考えたいですね。窓が大きいのが理想の風呂場なのですが風呂の窓からは太平洋の雄大な景色が眺められ、陽光が贅沢に差し込む!新築の家を建てるとなると、どうしてもそんな理想...

 
 

風呂場のカビ対策には新築時のものと、日々おこなうものの2種類があります。新築時の対策はカビに強いユニットバスを選ぶこと。そして日々、風呂場の湿度と温度をカビが嫌うものにすること。この2つでカビ対策は万全なものとなるに違いありません。風呂場のカビ対策、さあどうしよう?システムバスが普及する前の昭和の話。タイル貼りの風呂場が一般的だったころは、ずいぶんカビには悩まされたもの。特にタイルの目地の部分に発...

 
 

新築の風呂場に傷を見つけたときには、すぐにメーカーにクレームを付けることが大切です。時間がたってしまっては、いつ付いた傷かでまたもめる。せっかくの新築の風呂場にケチが付いてしまうという、面白くない事態に発展しがち。内覧会は慎重におこないましょう。新築の風呂場に傷、こんな場合にメーカーは?新築の家なのに、風呂場に傷ができている。こんなことってあるの?と思ってWebをちょっと調べると、色々事例が見つか...

 
 

新築の一戸建て、風呂場の広さは1坪から1.25坪、この様に相場は決まっています。これより広さを求めることも可能ですが、新築の風呂場にはふさわしくない。なぜ、そうなるのかについて色々と考えていきましょう。新築の風呂場は広くても1.25坪新築の場合に、用意されている風呂場の広さは1坪。賃貸マンションの場合の風呂場は0.75坪というのが一般的ですから、1坪という広さはかなりうれしいものです。ただ、1坪で...

 
 

新築の風呂場の大きさはどうしよう?これは悩ましい問題です。しかし、時期によって必要な大きさが変わってくるのが風呂場。いずれ、広い風呂場が必要になると考えて、新築時は1.25坪のものにしておくというのがよい選択といえそうです。新築の風呂場の平均的な大きさは?新築のマイホームを建てるならば、風呂場はできるだけ大きく!そんな要望はよく耳にするもの。特に賃貸マンションぐらしが長かった人ほど、風呂場を大きく...

 
 

新築の風呂場の色をどうするか?ここで意見が別れたら、折衷案を考えましょう。例えば、風呂場の一部だけ色や素材を変えてみる。新築だからこそできる工夫、コストもそれほどかかりませんから、一度検討すべきテクニックなのです。風呂場の色は、カワイイ系?クール系?新築の家を建てる際に、夫婦間で意見が別れてしまうのが風呂場の設計。風呂場の居心地にこだわるのがご主人で、メンテナンス性の高さにこだわるのが奥さんで。カ...

 
 

新築の場合、風呂場の間取りでまず考えるべきは、他の部屋との位置関係。大きな音が出がちな風呂場、寝室と離して設置するのは基本です。次に、間取りで考えるべきは脱衣場の大きさ、新築の家での暮らしやすさに大きく影響するのです。慎重にすすめるべき風呂場の間取り新しい暮らしを想像しながら、間取りを決めていく。新築の間取りを決めるという作業は、非常に楽しいものなのです。しかし、間取りにほぼ制限がない注文住宅とな...

 
 

風呂場の位置をどこにするか?新築の間取りを決める際には、リビングなどを優先しがち。風呂場の位置には無頓着になりってしまいます。それでも、新築の場合どこに風呂場を持ってきてはいけないか?これぐらいは知っておくべきなのです。新築の間取りで風呂場を避けるべき位置は?新築の間取りを考える際に、玄関やリビングの位置や日当たりには非常にこだわる。その一方で、おざなりになりがちなのが風呂の位置。水回りはとりあえ...

 
 

風呂場の色を黒にするか否か?これは意見が別れるところです。黒色は汚れが目立つとか目立たないとか、風水的に風呂場に黒はふさわしくないとか、意見も色々あるのです。これらは新築時だからこそ悩むことができるもの、楽しみながら悩みたいですね。要は好みの問題じゃないの?風呂場を黒にするか否か?新築の家を建てる際に、これは非常に重要な問題で、意見が別れるところです。黒は落ち着くとかカッコイイとか、これが主な黒色...

 
 

新築の家だから風呂場は檜にしたい!多くの人がそう思うはずなのに、檜の風呂にしている人が少ない理由は価格ではありません。一番のネックはメンテナンスがとにかく面倒。これが新築でも檜風呂を導入する人が少ない理由です。新築の理想の風呂場、総檜造り檜の風呂の一番の魅力といえば、何といってもその香り。心身ともにリラックスさせてくれる檜の香りは、温泉旅館などでもセールスポイントになるぐらい魅力的。ならば、新築の...

 
 

風呂の浴槽に溜めたお湯を再加熱するには、追い焚きの機能を使うのが一般的。しかし、中には追い焚きの機能がない給湯器もあるもの。新築で風呂を造るときにはチェックしたい点は多くあります。新築の時ぐらいにしか気にしないこと、なおさらですね。追い焚き機能のない給湯器もある風呂場なんて身近すぎる存在ですから、普段はその存在や機能について考えたりはしないもの。ですから、新築で風呂場を考える場面になって初めて気が...

 
 

新築の風呂場に暖房装置をつけるというのは、特に珍しくはなくなってきました。風呂場を暖めておく、浴室暖房は非常に快適なものですが、ランニングコストが心配になってくるのです。でも、せっかくの新築ですから付けておくのがよさそうなのですが。新築で浴室暖房、ごく普通のことなのです風呂場が寒いのは、とてもつらいものですね。「新築の風呂場なら断熱も念入りにおこなっているはずだから、そんなに寒くないだろう」。こん...

 
 

新築の風呂場に断熱材が入っていない!こんなケースはよくあるといいます。確かに近年のユニットバスにはあらかじめ断熱材は入っているもの。それでも、風呂場周りに断熱材は必須。新築を任せるならば、信頼できる所でなければいけません。あらかじめ断熱材入りのユニットバス新築の風呂場に用いられるのは、ほとんどがユニットバスという時代になりました。そして、近年のユニットバスにはあらかじめ断熱材が入っていたりするもの...

 
 

新築の風呂場にカビが生える、これは避けたい事態です。ならば風呂場の換気扇を活躍させる、しかし電気代が気になります。ならば、換気のために風呂場の窓を活用することが大切。新築の気持ちよさを持続させるには、重要なことなのです。役割が違う、24時間換気と風呂場の換気扇シックハウス症候群が社会的な問題になって以来、新築の住宅には24時間換気システムの設置が義務付けられました。シックハウス症候群の原因は、建材...

 
 

新築の風呂場の臭いの原因がコーキング剤、こんな場合は換気が一番。しかし正しい風呂場の換気ができていないと臭い対策ができないばかりか、新築の時期がすぎるとカビが生えてしまい、新たな臭いの原因となってしまうのです。新築の家の臭いの問題は過去のもの?新築の家は独特の香りがするものです。例えば木の香り、新しい畳の香り、ならば気持ちがいいものなのですが、これが臭いとなると困ったもの。接着剤や集成材に用いられ...

 
 

新築にもかかわらず、風呂場から排水溝の臭いがする。原因として排水溝の施工ミスが考えられます。新築の場合のトラブルは、まずメーカーに相談を。風呂場の臭いなどは緊急を要するものでもないのですから、なおさらメーカーに任せてしまいましょう。排水溝の臭いを止める仕組みとは?システムキッチンのシンクや、洗面所の洗面台の排水パイプを見ていくと、必ずS字型に蛇行しているもの。この蛇行は排水トラップと呼ばれるもので...

 
 

新築の風呂場に下水の臭いがする、こんなケースの原因は排水トラップという仕組みの不良が考えられます。下水の臭いを遮断するのが役割の排水トラップ、新築から間がたった風呂場なら別の原因も考えられそうなのです。新築の風呂場の臭いの原因とは?風呂から下水の臭いがする。新築にも関わらずこんなことが起こるなら、排水トラップに問題があることが考えられます。排水トラップとは、下水へとつながる排水管をSやPの字に曲げ...

 
 

新築時に決めたことで、後々後悔することは多いもの。風呂場については広さと窓について、後悔しているとの声を聞きます。でも後悔がない新築の家などないというのが実際、風呂場についても同じです。ならば、後悔を少なくするにはどうすればよいのでしょうか?風呂場で後悔しているといえば?選択をした後に後悔をする、これはどんなことでも起こりうること。特に新築で住宅を建てるというケースなら、選択の連続。後悔がないはず...

 
 

寒い風呂場の対策は、本来ならば新築する前にするべきこと。家が完成した後に、風呂場の寒さ対策を考えたとしても、打てる手は少ないもの。新築時におこなえることは、可能な限りおこなっておくべきなのです。寒い風呂場は、新築する前に対策をまずは間取りを考える、次に断熱材を考える、そして浴室暖房を考える。新築する風呂場が寒い「であろう」と考えているならば、様々な対策が取れるもの。例えば新築の風呂場といえば、何か...

 
 

水漏れなど新築の風呂場でのトラブルならば、大抵の原因は施工ミス。まず連絡すべきは手がけた住宅メーカーです。新築の風呂場の水漏れとなるとあせってしまうものですが、元栓をしっかり締めて、対応を考えましょう。水漏れに気づけばいいのだけれど新築なのに水漏れが!というトラブルは、結構耳にするものです。風呂場、台所、洗面所、いわゆる水回りならばどこでも起こり得るのが水漏れのトラブル。もっぱら配管ミスというのが...

 
 

新築の風呂場にさびが出た、こんなトラブルならば原因は明らか、風呂場に残された金属くずでしょう。クレンザーでこすればすぐにさびは落ちるはず。でも新築の場合なら、住宅メーカーに問い合わせるのが一番かもしれません。新地の家にイレギュラーは付き物家を新築するというのは大工事。大勢の職人さんたちが、それぞれの仕事をして新築の家を建てていきます。ですから、ちょっとしたイレギュラーは付き物。細かいところまですべ...

 
 

新築の風呂場にコーティングを施工するのが流行っています。しかし、コーティングの効果は永久に持続する訳ではありません。新築の風呂場の気持ちよさを持続させたい気持ちはわかりますが、その効果は限定的なことを忘れないようにしてください。近年流行のコーティング、施工前に考えて!日々の掃除がずいぶん楽になりますよ。こんな触れ込みで、近年は新築時に風呂場や床をコーティングするのが流行っています。風呂場の場合なら...

 
 

新築の風呂場をカスタマイズしたい、そんな要望を比較的安価にかなえるなら壁面のカスタマイズでしょう。風呂を手がける各メーカーは、壁面の色を手軽に試せるシミュレータを用意しているもの。新築時には、ぜひ試してみたいものです。カスタマイズを手軽に楽しむには?リラックスして、一日の疲れを取り、明日への活力を養う。風呂はそんなスペースだから、自分の思い通りにカスタマイズしたい。例えば、輸入物のユニットバスを販...

 
 

新築の風呂場はタイル貼りにしたい。確かにタイル職人の仕事には近年のユニットバスにはない味があるもの。しかし、そんな風呂がユニットバスに勝っている点は驚くほど少ないもの。新築なら風呂場より別の箇所をタイル貼りにしたほうが良さそうなのです。味があるタイル職人さんの仕事!?職人さんにより、一つ一つ手作業で貼られていくタイル。機械によってできるような仕事ではありませんし、微妙なズレも生まれてくるもの。その...

 
 

新築の場合に導入される風呂は最新のもの、それだけに掃除しやすい造りになっているものです。ですから、新築だからといって掃除に神経質になるよりも、新しい風呂を楽しもうという気持ちが大切になってくるでしょう。最新式の風呂場の性能は似たり寄ったりTOTOなら「ほっカラリ床」、これは次の日には風呂場の水分がなくなっているという、速乾性の床の仕組み。パナソニックなら「スミピカフロア」、乾きやすいだけでなく、汚...

 
 

新築の風呂場で気になるのは水垢の発生。特に、鏡についた水垢は新築ならばなおさら気になります。防ぐためには水分を取り除くこと。風呂場の鏡の水分を取るにはスクレイパーが非常に有効。風呂上がりに鏡をなぜるだけで、水垢が防げます。水垢を防ぐ、そして落とすには?新築の家は気分がいいものですから、ついつい色々なことが気になってしまうもの。例えば風呂場の水垢。鏡やジャグチなど、ツルツルのパーツの表面に、水垢は付...

 
 

風呂場は折れ戸にするか、引き戸にするかなど新築の家では、決めることが多いもの。折れ戸を風呂場に設置することによるデメリットは意外とあるもの。新築時に多少の費用をかけて、引き戸にしておいたほうが、後々よかったりもするのです。小さいようで大きな、折れ戸の問題新築で家を建てるとなって、初めて意識することとか、知ることは多いもの。例えば風呂場の浴室の扉をどうするか?折れ戸(折り戸)にするか、開き戸にするか...

 
 

新築だから風呂場のデザインに凝りに凝る、こんなこともできるもの。そして、風呂場は限られたスペースだけに、かかるコストも知れている。新築の機会に風呂場のデザインに力を入れるというのは、結構現実的な話ではあるのです。デザインに徹底的に凝ったバス、あるのです新築だけに風呂場にはこだわりたい、そんな風に考える人は多いもの。ならば、バスタブを5角型にしてみるとか?徹底的にデザインにこだわるというのはどうでし...

 
 

新築の風呂場にテレビをつけると、安くはないコストがかかります。しかし、新築時ぐらいにしか付けられないのが、風呂場のテレビ。快適性を上げるために、少々のコストぐらい、、、そう思うならば、イチオシではあるのですが。5万円程度で風呂場にテレビがつく新築の家だけに、色々な所に凝りたい!こんな気持ちは理解できるもの。例えば、風呂場にテレビを取り付けたいと思ったりもするでしょう。オプション価格になっており5か...

 
 

新築で家を建てるのではなく、離れとして家を建てる。この場合、風呂を造ることは認められてはいないもの。離れではなく、すでにある家の増築として風呂を造るなど、いろいろな工夫が必要となってくるのです。同じ敷地に家を2軒は建てられない家の敷地に余裕があるから、子ども夫婦の住居を新築したい!これは素晴らしいアイデアです。子ども夫婦は経済的な負担がずいぶん軽くなる、親世帯は、例えば孫の顔をすぐに見にいける。な...

 
 

新築の家の風呂場の窓の向きはどちらにするか?これは非常に重要な問題です。なぜなら窓の向きは、風呂場を乾燥させるのに重要な役割を果たすから。湿気やカビという問題を防ぐ上でも、新築の時から考えておくべきことなのです。新築でも意外と間取りは制限されるもの新築の家を計画している際、一番楽しいのは間取りを決めること。新しい生活を考えながらということになりますから、実にワクワクするものなのです。しかし、この間...

 
 

風呂場はすりガラスにしたけれど、目隠しとしては不十分なもの。新築ならば思い切って、ブラインド入りのペアガラスにするのも一つの手。もっと安価な風呂場の目隠しもありますが、新築の家と考えると見た目が今一つなのです。すりガラスにしても見えてしまうもの風呂場、脱衣場が外から丸見えというのは、さすがにつらいもの。そこで多くの人は、風呂場の目隠しとして、窓にすりガラスを使います。しかし、中が明るくて外が暗いと...

 
 

道路の位置により、新築の間取りはある程度決められてしまうもの。そして風呂場は日当たりの悪い場所に位置するものです。これで、新築の風呂場の位置は決まったも同じなのですが、道路の位置にとらわれない間取りも、時には有効なものなのです。間取りに大きな影響を与える、道路の位置新築の住宅を建てる際に、道路が何処の方角に通っているかは重要なポイント。なぜなら、それにより間取りもある程度、固定されてしまうのです。...

 
 

新築の風呂場を二階に!こんな話をすると不思議な顔をされがちなのですが、二階の風呂場は、意外とメリットも多いもの。例えば洗濯、日当たりの面でも良いことばかりなのです。間取りの悩みは、新築ならではの悩み、よく考えて決めましょう。意外とよい?二階の風呂場風呂場が二階にあるという間取り、こんな話を聞くと、何となく奇異に感じるもの。なぜなら、水回りは一階に固めるものという固定観念が強いからです。しかし風呂場...

 
 

新築だからスピーカーにもこだわって、風呂場の天井に埋め込みたい。そんな気持ちもわかるのですが、お金がかかる新築、スピーカーではなくもっと別のところにこだわるもの良い方法。風呂場自体の使い勝手にこだわるのも一つの手なのです。せっかくの新築だから、スピーカーにもこだわるの?せっかくの新築なのだから、風呂場の天井にスピーカーを埋め込みたい。埋め込むスピーカーにもよりますが、1セットを埋め込むのに概算で数...