リフォーム 費用 ローン

MENU

リフォームしたいけど費用を一括で払う現金がない!ローンは使える?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

新築するよりは安い!

 

とはいえ、リフォーム工事だって〇百万円~〇千万円の費用がかかるのは間違いありません。

 

自己資産でその費用全額をフォローできない場合はローンを利用することを考えるわけですが、、、

 

リフォームには一体どんなローンが使えるのでしょうか?

 

リフォームに便利な「リフォームローン」。

 

新築する時に組んだ住宅ローンと比べてどんな特徴があるのでしょうか?

 

リフォームローンの特徴は?

「リフォームローンってよく聞くけど、内容がイマイチわからない」と感じている方も多いはず。

 

これは、その名の通りリフォームに利用できるローンで、民間の金融機関(銀行)でも取り扱っているところが多いようです。

 

最大の特徴は、担保が要らない=「無担保」であるということ。

 

ゆえに、抵当権の設定にかかる手続きや費用をカットすることができるんです。

 

要するに、「ローン返済ができなくなった時は、その代償として家と土地を取り上げるからな!!」という、ちょっと怖い契約をせずに済むということです。

 

その分、審査もそれほど厳しくないようですね。

 

ただ、借入金額が少なかったり(MAX500万円というプランが多いです)、借入期間が短く設定されていたりといったデメリットもあります。

 

住宅ローンも利用できるって知ってた!?

ちょっとした修繕リフォームならまだしも、大規模な増築リフォームとなれば「500万円じゃとても足りない!!」ということになりますよね。

 

リフォームローンでは費用を補えない…。

 

そのような場合、新築と同じように「住宅ローン」を使うという手もあります。

 

意外かもしれませんが、住宅ローンもリフォームに利用することができるんです。

 

家を担保に入れなければいけませんので審査は厳しくなりますが、その分借入金額も高くなりますし、返済期間も長い!

 

余裕を持った返済計画を考えるなら、住宅ローンを選んだほうが良いと言っても過言ではないでしょう。

 

借りるなら住宅ローンが安心!

リフォームローンに住宅ローン。

 

銀行によっていろんなプランがあってよくわからない!

 

ということで色々と聞き込みしてます。

 

ちなみに、私の知人は住宅ローンでリフォームしました。

 

返済期間は最長35年、さらに金利も固定で、2%台で借りられるのだとか。

 

リフォームローンは4~5%台というプランが多いようなので、返済負担を考えれば圧倒的に有利ですよね!

 

彼女の場合は、これから子供の教育費用もかかる時期なので、できる限り毎月の返済額を減らしたかったんだそうです。

 

経済的な事情は個々のお宅によって異なりますから、みなさんも自分のご家庭に合ったプランを選んでくださいね。

ローンと「アレ」を使って使って賢く増築!

新築ほどではないにしても、場合によっては○千万円のオーダーで費用がかかる増築工事。

 

そこで気になるのは、やっぱりローンのこと。

 

増築でもローンは組めるのでしょうか?

 

併せて、費用の面で知っておくと安心・お得な嬉しい制度についても調べてみました。

 

意外と知られていませんが、増築の場合、ケースによっては自治体からの補助金が受けられる可能性があります。

 

知らずに申請が漏れると損ですから、事前の情報収集は手抜かりなく!

 

増築でもローンは組めるの?

答えは、もちろん「YES」。

 

増築する際に使えるローンの種類としては、次の3つがあります。

  • ①「住宅ローン」:金利を選ぶことができ、最長35年返済が可能。
  • ②「リフォームローン(有担保型)」:既存のマイホーム(土地・建物)を担保にするという条件付のローン。

金利タイプは住宅ローンより選択の幅が少なく、金利水準も高い。

 

最長借入期間は最長で10~15年。

  • ③「リフォームローン(無担保型)」:担保が要らない分、金利水準が最も高い!

しかも最長借入期間は10年未満。

 

最も安心なのは、①の住宅ローン。

 

新築時にローンを組んでいるなら、まずはその金融機関に追加で費用を借入できるかどうか相談してみましょう。

 

ただし制限はある

住宅ローンやリフォームローン(有担保)の場合、担保の条件として「ほかの金融機関の担保がついていていないこと」を挙げられることがあります。

 

そのため、増築に際して費用を新たに借り入れることは困難で、必然的に無担保型のリフォームローンを組むことになるケースも少なくないようですね。

 

この場合、確実にローンを返していけるかどうかを審査する「返済能力審査」が実施されます。

 

これに通れば、晴れてお金を借りられるということになりますね。

 

ただし、許可された場合でも、今返済中のローンと併用しても大丈夫かどうか、金融機関に相談しておくと安心です。

 

毎月の返済額で生活が立ち行かなくなった、、、

 

なんてことにならないように、ローンを組んでしまう前に先々の生活をシュミレーションしてから決めましょう。

 

税金が戻ってくる!?

ローンの返済期間が10年以上に渡るような増築工事の場合には、ローン減税が受けられることをご存知でしたか!?

 

さらに、ローンを組まずにバリアフリーリフォームや省エネリフォーム、耐震補強などを伴うリフォームを行った場合、所得税の還付を受けられる「投資型減税」という制度もすでに導入されています。

 

また、住宅金融支援機構(住宅金融公庫)では、高齢者向けのバリアフリー工事または耐震改修工事を行う場合に限ってリフォーム費用の融資を実施しています。

 

該当する方は、使わないと損ですよね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

話題のエコキュートへのリフォーム費用と初期費用はどのくらい?
リフォーム費用が安くお財布にも身体にも優しいクッションフロア
甘くみると危険!?コンセント増設のリフォーム費用
一戸建てをゼロからやり直せるスケルトンリフォームの費用
ウォークインクローゼット活用法とリフォーム費用について
地球に優しいオール電化。でもリフォーム費用は家計に厳しい?
お風呂をリフォームしたら若返る?費用と効果を考える
リフォームで意外と難しいのがクロス張替え!費用を損したくない
ピンキリ!サッシ交換のリフォーム費用に注目
リフォーム費用に関するトラブルにご用心
見た目?耐久性?フローリングのリフォームポイント
一部屋リフォームする場合の費用は?
雨漏りは症状が同じでもリフォーム費用はピンキリ!
夢が広がる押入れリフォームの費用
知らなきゃ損!リフォーム費用の確定申告で税金が戻ってくる?
古民家の再生リフォームは費用をどこにかけるべき?
上がるの?下がるの?リフォームと固定資産税の関係
リフォーム費用を安くするための交渉テクニック
子ども部屋をリフォームする場合の費用相場は?
1円でも安く!リフォーム費用削減のポイント
リフォーム費用目安はどうすれば分かるの?
防水リフォームで水から家を守りたい
リフォームするなら防音対策をしっかりとしておきたい!
無理の無いリフォーム費用の支払い方法は?
バリアフリーといえば手すり?取り付けにかかるリフォーム費用は?
畳からフローリングにリフォームする費用
一番大事な寝室のリフォームに必要な費用
税金が安くなるならリフォームで費用がかかってもOKかも。
増築リフォームの費用はやっぱり高いの?
二世帯住宅のリフォームは費用と贈与税に注意しとくと幸せになれる?
費用面でナゾが多い耐震リフォームの世界
駐車場リフォームの費用とスタイルを調べてみる
坪単価のマジックに注意!費用が定額制のリフォームは本当にお得?
鉄筋ならではのリフォームで毎日を楽しくアレンジ!
意外と見られている!天井リフォームで部屋の印象を明るく!
リフォームの現実!費用を頭金無しでフルローンは危険
幸せを呼ぶ二世帯リフォームの費用相場
部屋をつなげるためのリフォーム費用は?
壁を壊す必要があるリフォームの費用を調べてみました
壁紙のリフォームで気分一新!運気UP狙いだけど、費用が心配
壁撤去リフォームの費用は?新たなリビングスタイルを実現したい
リフォームで使える費用の補助金制度
マンションをリフォームしたい!気になる費用は?
家を建て替えたい!最大手、セキスイハイムの成せる業に驚愕!
住宅の老朽を考えると建て替えたい。ベストなタイミングを見逃すな!
業界最大手積水ハウス。建て替える前に知っておきたいメリットとは
建て替えるなら相続後!?節税にもなる相続対策があるなんて
中古マンションをまるっとリフォーム!かかる費用は?