屋根材 比較

MENU

屋根材比較のコツ!屋根材を選ぶ際の比較ポイントをご紹介

昨今の屋根材は、屋根の形状や、家のおもむきに合わせ、多種多様に広がりを見せてきました。

 

それぞれにいいところ、悪いところや、もちろんそこにはセンスの問題も。

 

比較する上で知っておきたい、屋根材の比較要素をメモしておきます。

 

豊富な屋根材を比較するには

お家を建てられるときも、古くなったお家のリフォーム時にも、屋根は気になる所ですよね。

 

かなり大掛かりな工事になると思われがちですが、昨今は比較的簡単に、そして短時間で仕上げることができます。

 

というのも昨今の屋根事情は、屋根の形状の豊富さ、屋根の材料の種類が豊富になったためです。

 

一昔前などの屋根材は、土粘土の瓦が主流で瓦職人なんて呼ばれていました。

 

もちろん現代でも全国に多数活躍されている現職の職人さん達も大勢いらっしゃいます。

 

ですが最近では、瓦だけではなく、断熱性に優れた材質のものや、安価で短期間に屋根をリフォームするご家庭も少なくありません。

 

また、昔と違って、屋根の形状も多種多様になり、おおよそ12種類くらいあると言われているようです。

 

形状によっても、向き不向きがあるようなので、比較する歳の項目の一つに入れておいて頂きたいものです。

 

屋根材を選ぶ上で

100%これなら大丈夫!!なんて都合のイイ材料はこの世に存在しません。

 

もちろんあれば嬉しいですが、なかなかそのような材料にはめぐり逢えませんよね。

 

少しだけ屋根の材料を選ぶ際に、必要な知識をお教えします。

 

まずは自宅のおもむきについて考えてみます。

 

最近の住宅事情は、スゴく多種多様化し、欧風であったり、洋風、最新の和風モダン、あえての純日本風と様々です。

 

もちろんご家族のセンスによる所も大いにあると思いますが、各自宅形状または屋根の形によってその材質が変わってきます。

 

例えば純和風であればやはり瓦屋根は欠かせませんし、洋風であれば金属瓦でもいいですよね。

 

純和風であれば、やはり材料は粘土瓦。

 

洋風であればバリエーション豊富な、金属を使った瓦というわけです。

 

瓦と言っても色んな材料が使われているんですよ。

 

屋根瓦の材質

最近の屋根瓦の材料はスゴく多くなりました。

 

先ほどの粘土はもちろん、銅板、セメント瓦、日本瓦、化粧スレートなど、様々。

 

価格順で言うと、化粧スレート<セメント瓦<日本瓦<銅板という順高くなります。

 

寿命で言うと、化粧スレート<セメント瓦<日本瓦<銅板という順です。

 

寿命の差で言うと化粧スレートが20年から25年の寿命に対し、銅板は60年以上と約3倍の寿命の差がでます。

 

つまり銅板の1回交換をするのに対し、化粧スレートだと3回替える必要が出てくるかもしれないという訳です。

 

安物買いの銭失い。

 

なんてことに、ならないように、耐久性なんかも視野にいれると、後々楽かもしれませんね。

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

屋根のリフォームに関する記事一覧

 

軒の重要性とその役割キチンと理解していますか?軒が家にもたらすメリットとデメリットを理解することで、屋根の材料にもこだわりが出てくるはず。長く住む家だからこそ、こだわりたい重要性とその必要性を理解しよう。軒の重要性『軒』(のき)は住宅を作る上でとても大切になってくる、部分の一つです。軒は、住宅構造の中でも重要な役目を担っていることをご存知でしょうか?筆者の住宅近辺も、最近宅地開発が進み、多くの住宅...

 
 

重要なのは価格の比較だけでいいの?耐久性は考えていますか?屋根材に見る価格の違い。比較で見える屋根に掛けるお金は?イロイロとある屋根材は材料によって価格がかなり違います。価格を比較することで見えてくる屋根への予算、安価でもメンテンスまでの期間を考えると、効果でも耐久性を重視した方が良い場合もあります。リフォームを検討中の方も必見ですよ!屋根材の種類と比較住宅を建てる上で大切な、屋根。屋根だけは価格...

 
 

屋根材に多く使われていた、アーバーニー。聞きなれないこの屋根材は安価で、建築業界では屋根がキレイに見えると一世を風靡しました。アーバーニーが普及した日本で、昨今は使われなくなった訳とは一体なんなのか!?アーバーニーに隠された秘密とは?日本の住宅の屋根事情家の安全、美装性などの代表格はなんと言っても屋根ではないでしょうか?屋根と一言で言っても、その種類、材料などは様々で、種類も豊富です。これは、単に...

 
 

屋根材を選ぶ際に外せない、アスファルトシングル。聞きなれない屋根材ではありますが、北米生まれのアメリカ育ちのこの材料は、豊かな形状の豊富さと施工の容易さに人気が集まっているようです。耐久性を気にされる方は、材料ではなく、気候を気にしたほうが良さそうです。アスファルトシングルって何?お家の大切な屋根に使う材料は決まっていますか?昨今はイロイロな材質な屋根が増えてきて、尚且つ色や形状に至ってもその数は...

 
 

屋根材に含まれるアスベスト。人体に悪影響があるアスベストを詳しく知ることで、急がずとも確実にその影響を阻止できます。しっかりと知識を身につけ、いざというときに備えましょう。アスベストは危険?屋根材から替える。人体への影響屋根材を選ぶ基準はアスベスト?家族に危険が及ぶ!!アスベストとは?皆さんの夢が、つまりに詰まった一戸建て住宅。その一戸建て住宅には危険性が含んでいるかもしれません。皆さんも一度は耳...

 
 

屋根材の新生アルマ。その耐久性から鎧と呼ばれています。美的にも機能的にも優れた屋根材があった。ニチハ株式会社が開発したアスファルトシングル材【アルマ】。その特徴と、良いところをご紹介します。また一つ屋根材候補が増えちゃいそう!!屋根材の選定にアルマは欠かせない。その理由とは?ニチハ株式会社屋根材の新星とも呼び声高い、【アルマ】。この商品を開発したのは【ニチハ株式会社】という会社です。アルマを語るの...

 
 

意外な成分が含まれた安価な屋根材で気持ちよく住めるのか?デメリットも把握したい。屋根材の秘密。安価には訳がある?安価な屋根材で大丈夫?屋根材に含まれる成分とは。大切な住宅を守る屋根。その屋根は材料によって、価格、性能が違うのは当たり前です。最も安い製品で、どれだけの満足が得られるか、また安価だからといってデメリットはないのかしっかり調べておきましょう。今回は爆発的に普及しているスレート=コロニアル...

 
 

外で癒される!ウッドデッキに最適な屋根材は?ウッドデッキに欠かすな!屋根を作ると起こるメリット!木漏れ日に癒やされる、ウッドデッキ。家を建てる際には是非ウッドデッキが欲しいところですが、そのウッドデッキには屋根は必要でしょうか?屋根を設けることで起こる屋根材は何が1番いいのでしょうか?調査してみました。ウッドデッキが欲しい最近カフェなどにいくと多い、テラス席。例え少しくらい狭くても、青空の下で飲む...

 
 

ウレタン塗料を使った屋根。細かな所も塗りやすいウレタン塗料一軒家の耐久性能についてこれるウレタン塗料はあるのでしょうか?メリットやデメリットも踏まえ、屋根材に合った塗料を選びましょう!事実耐久性だけで比較すると失敗するかも。屋根にウレタン?ウレタンと聞くとスポンジのような物を思い浮かべるかた多いのではないでしょうか?ウレタンとは、カルボニア基を介してアミノ基とアルコール基が脱水縮合した化合物です。...

 
 

エアルーフで安心!想定災害から家を守る屋根材!屋根材はここまで来た!災害に強いエアルーフを採用したい屋根材における耐久性をとことん追求したエアルーフ。エアルーフにしかできない家を守る特徴とは?富士スレートが住宅事情にメスを入れた、新工法の屋根材から目が離せない!?富士スレート株式会社徳島県に本社を構える富士スレート株式会社は1945年に創業。従業員人数114名とけして大きな会社ではありませんが、屋...

 
 

地球環境の大切さを屋根材から変える生活。環境に優しいエコルーフ、屋根材から考えるリサイクル。屋根材を選ぶ時に、リサイクル処理の事考えたことありますか?エコルーフは、優れた耐湿、遮熱性を備えながら、焼却時にダイオキシンがでないなど、本当に地球環境の事が考えられていました。屋根材を選ぶ時は、エコルーフのように後世の環境問題も考えたいと思わせる商品です。開発元に注目!株式会社サポートが贈る、大切な一軒家...

 
 

エバールーフに賭けた金属屋根の可能性!屋根材はこれでキマリ屋根材の専門家が贈る!金属屋根のエバールーフ金属屋根の専門家、日鉄住金鋼板株式会社が贈る、珠玉の商品エバールーフ。金属屋根だからこそのメリットはそのまま生かし、更に工期を短縮できるメリットまで兼ね備えた一級品。メンテナンスまでしっかり考えた上で選ぶ、金属屋根なら満足間違いなし!!製造元の会社をチェック!日鉄住金株式会社は日本全国に11か所に...

 
 

屋根材の寿命、オークリッジの耐候性に見る、世界評価とは?耐候性で勝負!将来の屋根材は寿命で選ぶ!オークリッジとは株式会社ハイステージがおくる、お洒落な屋根材【オークリッジプロ・スーパー】デザイン性だけではなく、機能性、耐久性にも優れたオークリッジプロ・スーパーは機能性が高い評価を生んでいます。自信の30年保障(条件あり)も魅力の一つとなっている、オークリッジプロ・スーパーの実力とは!まずは、販売元...

 
 

イロイロとある屋根材は材料によって価格がかなり違います。価格を比較することで見えてくる屋根への予算、安価でもメンテンスまでの期間を考えると、効果でも耐久性を重視した方が良い場合もあります。リフォームを検討中の方も必見です!!屋根材の種類と比較住宅を建てる上で大切な、屋根。屋根だけは価格で選ぶな!と言われるほど、住宅には大切な部分です。ですが昨今の住宅事情を考えると、屋根の材料も沢山増えてきました。...

 
 

屋根材の色にも気を抜かない!家の外観を支える色。屋根材を選ぶにあたって、一緒に問題に上る色問題。家のコンセプト、イメージによって必ず問題になりますが、あまり深く考え過ぎないようにしましょう。屋根材によって選べる色の範囲とは一体?色の種類色と一言で言ってもその種類は何万色にも及びます。毎日、いつの間にか目に映り続ける色は、人間の目で認識できるのにも限界があるのです。もともと色の三原色は、赤(赤紫)・...

 
 

屋根材の選び方にもちょっとしたコツがあるようです。たくさんある種類でもコツさえ掴めば簡単に選ぶ事が出来るのです。材料と屋根に期待する項目は最低限洗いなおしておいたほうが良さそうです。屋根の選び方大切な家族を守る一軒家のお家。家族を守るだけでなく、家族の夢も沢山つまらせた家に末永く住みたいものです。少しでもお金をかけず、長く住める住宅に住みたいと思う方が多くいらっしゃいます。中でもなるべく早く、使用...

 
 

屋根材を選ぶ時は、まずは用途から。一般住宅には向きませんが、商業施設などでは幅広く使われるようになった、金属折板屋根。価格はびっくりするくらい安いのです。他の材料と比較して、じっくり検討を始めましょう!折板とは屋根材における折板(せっぱん)をご存知でしょうか?鉄骨造屋根などで今だによく見かけることがありますが、どんな構造なのかご存知ない方も多いと思います。折板は断面構造に重点を置いて開発されたもの...

 
 

主に4種類からなる、住宅用屋根。屋根材によって、機能性、意匠性など様々ですが、そんな屋根の中からおすすめをピックアップ!長く住む家だからこそ、知ってほしい!最強の屋根材をおすすめします。屋根材の種類家族みんなの夢と希望を詰め込んだ、一軒家。一軒家を選ぶ、家を立てる上で、屋根の存在感と言ったら、外観を決める上で非常に重要になってきます。なぜなら、屋根はその家の寿命を担っていると言っても過言ではないか...

 
 

カラーベストの特徴について、他の屋根材との比較を。数ある屋根材の中で、その名を耳にする機会の多い「カラーベスト」。もともとは、クボタの商品名で、いわゆるスレート屋根の一種です。他の屋根材と比べてどんなメリット&デメリットがあり、価格帯はどのくらいなのでしょうか?今回は、意外と知らないカラーベストの特長や価格相場についてまとめました。ある企業の商品名だったけれど、その業界のシェアを独占していたため、...

 
 

クボタのグループ会社が手がける屋根材のラインナップについて。屋根材の業界でもひときわ存在感を強めているのが、ケイミュー。外装材のリーディングカンパニーであるクボタと、あのパナソニックがタッグを組んで立ち上げたブランドです。今回は、その代表的な商品にご注目!クボタのDNAを確かに感じさせる、話題の屋根材の魅力についてまとめてみました。どんな分野にも、「○○といえば△△社!」というリーダー的なメーカー...

 
 

金属系の屋根材のメリット&デメリット、価格相場について調べてみようかなと。「暑くてサビやすい」という印象の強い金属系の屋根材ですが、最近はその弱点を克服した商品も登場しています。どのような技術で金属系特有の弱点をカバーしているのか、また、価格の相場はどのくらいなのか?近年、ニーズが高まっている新しい屋根材の特長についてまとめておきます。屋根は、紫外線や雨風から私たちの暮らしを守ってくれる心強い存在...

 
 

木を使った屋根材の特長や、木の屋根材で有名なブランドについて調べてみる。今となってはあまり目にする機会もない「木」を使った屋根材。金属やセメントとは違った、ナチュラルな温かみのある雰囲気が魅力的です。数ある屋根材の中で、「木」を選ぶメリットとはどのようなことでしょうか。他の素材との比較で見えてくる、意外な“強さ”とは!?ここでは、人気のブランド商品情報を交えてまとめてみました。木は「水に弱くて、カ...

 
 

非常な勢いで広がりを見せる屋根材、化粧スレート。様々なメリットを持っているのですが。一方でデメリットもあるもの。その一つがメンテナンスが必要という点です。化粧スレートも完璧な屋根材というわけではありません。モダンな雰囲気で席巻する屋根材とは?日本の住宅には、やっぱり堂々とした瓦屋根!!そんな意見も根強くある一方で、近年、非常によく使われている屋根材が化粧スレート。セメントと繊維を混ぜて形成したボー...

 
 

小屋裏には結露がびっしり!そんな事態を防ぐのは断熱材の仕事、屋根材の仕事ではありません。屋根材自体の断熱性はそれほど高くないのが一般的。結露を防ぐのには別に断熱材を施工するから。2つは分けて考えるべきなのです。小屋裏の結露を防ぐのに大きな役割を果たすのは?なぜ結露が発生するのか?空気中の飽和水蒸気量が、気温が下がるとともに下がるから、中学生の時に学校で習いましたね。空気中に溶け切れない水蒸気が、水...

 
 

屋根材によって最適な勾配は異なるもの。それを超えた急勾配の屋根の場合には、屋根材に金具を追加するなど手間がかかる上に、メンテナンス時の手間もかかる。急勾配の屋根のメリットは多いのですが、デメリットも含めて考えましょう。メリットも多い、急勾配の屋根目印がない住宅街、自分の家を伝えるときには、多少の苦労が必要です。特に、有名住宅メーカーで建てた場合など、いくら注文住宅といえど、没個性な外観になってしま...

 
 

スレートとかコロニアルとか、現場で呼ばれている屋根材ですが、指しているものは実は同じ。こんなケースはよくあります。スレートの代表的なブランドの一つがコロニアル、いずれにせよ信頼できる屋根材の一つとなっているのです。何かと優秀なスレート材特別にこだわりがある場合を除けば、屋根には瓦を使わない。そんなケースが増えています。瓦に代わってあっという間に広がりを見せた屋根材がスレート。値段が安い、見た目がオ...

 
 

小屋を自作する、そんな場合に適した屋根材は何でしょうか?ホームセンターへ足を運ぶと、数々の屋根材が並んでいます。安価なものでいいと思うならばポリカーボネート、立派な見栄えにしたいならばスレート、小屋の目的によって選び放題なのです。ホームセンターで見かける屋根材の用途は?欧米の国々では日曜大工、いわゆるDIYが非常に盛ん。なぜDIYに力を入れるのかと聞いた所、費用の節約と楽しみのためという答えが返っ...

 
 

採光を考えて屋根材を選ぶ、かなり限られた部位になりますが、そんな場合はポリカーボネートを選択するのが一般的。採光はもちろん、種類も堅牢性もピカイチの屋根材となるのです。ただ、もっと堅牢性を追求するならば屋根材だけでなく、構造を考慮する必要が出てきます。採光を考えるならばポリカーボネート採光を考えて屋根材を選ぶ、その時点で使われる個所はずいぶん変わってきます。一般の住宅の屋根材で採光を第一に考えると...

 
 

何においても最適な屋根材、そんなものは今はありません。ですから大切なのは、何を重視するか?それによって最適な屋根材は変わってきます。例えば耐久性を重視する人ならば、最適な屋根材は日本瓦ということになるでしょう。どこに重点を置くかで、最適な屋根材が決まるあちらが立てば、こちらが立たず。こんな傾向は世の中どのようなものにも見られるもの、完璧なものはないものです。これは屋根材においても同じこと、価格や耐...

 
 

愛知県の三河地方で作られている屋根材が三州瓦、今や日本トップの生産地です。そして数々の長所を持っている三州瓦ですが、中でも特筆したいのがメンテナンスが不要という点。これだけでも優れた屋根材ということができるでしょう。長い歴史を持つ三州瓦三州とは三河地方の呼称、三河地方、今の愛知県で製造されている瓦だから三州瓦。現在でも日本一の生産量を誇る三州瓦ですが、その理由は良質な粘土が大量に採掘できるから。そ...

 
 

屋根の施工方法は屋根材によって多少変わるものの、それほど大きくは変わりません。しかし、瓦を屋根材に選んだ場合は、すこし分施工方法が複雑になるもの。その分コストがかかるのですが、瓦屋根ならではのメリットも存在するものです。屋根材によって施工方法は、それほど変わらないものスレート材、ガルバリウム鋼板、そして瓦。屋根材は大きく分けて以上の3種類に分けることができるのですが、それぞれの施工方法はそれほど変...

 
 

サビに強いステンレス鋼板は屋根材に最適な素材なのですが、価格が高いという点がネックとなります。しかし、メンテナンス費用など長い目で見ると、ステンレス鋼板のメリットが際立ちます。初期投資に目をつむりさえすれば、理想的な屋根材なのです。高級時計もステンレス製鉄にクロムなどを加えた合金ステンレスは、美しい光沢が魅力の素材。錆びない、酸やアルカリなどの薬品に強いなどの特長があるので、住宅関連だとシステムキ...

 
 

屋根材を性能だけで考えるならば、選ぶべきは瓦屋根。しかし、コストが大変な額になってしまうものです。性能と価格で屋根材を選ぶとしたら、何になるのか?スレート材か金属か、この2つが候補となるはず。それぞれの特長を考慮して選びましょう。屋根材を選ぶなら重視すべきは性能と価格屋根を葺き直す、そんな場合に考えるのが屋根材をどうするか、非常に頭が痛い問題です。大体、屋根材のことを日ごろ考えていたり、詳しい人な...

 
 

セメント瓦は少し前までよく用いられていた屋根材、しかしもう生産されていないので葺き替えるということができません。リフォームでセメント瓦の代わりに用いるべき屋根材はガルバリウム鋼板、上手く施工すれば長年メンテナンスフリーで安心できます。劣化していない場合のメンテは再塗装昭和のころによく用いられていた屋根材として、セメント瓦があげられます。セメント瓦が用いられていたのは、日本瓦の代替として。セメント瓦...

 
 

ソーラーパネルをリフォームで屋根材に用いるには、第一に重さを、第二にスマートハウスとしてふさわしい性能が家にあるかを考えましょう。屋根材にソーラーパネルを用いるにはリスクがあるの、メリットばかりではないのです。ソーラーパネルの設置前に知りたいデメリット外壁や屋根をリフォームするならば、最新の外壁材や屋根材に変えて、家をスマートハウス化してしまおう!近年、新築される家ではソーラーパネルが搭載されたも...

 
 

屋根材の相場は、物によって大きく変わるわけではありません。しかし、メンテナンスが不要な期間は屋根材によって大きく変わります。おすすめは、相場もそれほど高くない、がるバリウム材。金属の屋根材がなにかとおすすめなのです。できれば、塗装で寿命を延ばしたいのですが「外壁の見栄えが悪くなってきたし、屋根もついでにリフォームするか」。こんな風に、外壁と同時期に屋根のメンテナンスに取り掛かるというのが、実は理想...

 
 

屋根材自体に断熱材を仕込む、そして天井に断熱材を仕込む、この様に屋根を外断熱する方法は2通りあるのです。おすすめは屋根材を葺き替えるリフォームついでに、断熱材入りのものを使う外断熱方法、屋根断熱となっているのですが?屋根の外断熱、その方法は2通り屋根のリフォームを考えるならば、ついでに屋根の断熱性もアップさせたい。そんなふうに考えるのは当然のこと、屋根の断熱性が上がれば、快適性も同時にアップするも...

 
 

様々な優れた特徴を持つチタン、近年では歴史的建造物を中心に屋根材として用いられることは珍しくなくなりました。しかし、一般家庭へ屋根材としての普及するのにネックとなるのが、その価格。チタンほど高くなくて、十分な性能の屋根材が他にもあるのです。チタンは夢の金属なのです!金やプラチナと同等とされる高い耐久性、そして、それらとは比べ物にならないほどの軽量性。曲げに強く、復元力も高い。何だか夢の素材のように...

 
 

屋根をリフォームする際には、屋根材の違い、それぞれの耐久性の違いに注目する必要があります。そして同時に、外壁のメンテナンスとの兼ね合いにも注目すべき。なぜならメンテナンスが必要な屋根材でも、外壁と同時ならコストダウンできるメリットがあるからです。葺き替えには屋根材の違いに注目古くなった屋根をリフォームする場合、どんな屋根材を選べばよいのか?ちょっと考えどころですね。現在主に用いられる屋根材はスレー...

 
 

鉄板は理想的な屋根材である反面、弱点も多く持っています。その弱点を克服するためのメッキを鉄板に施したのが、ガルバリウム鋼板。屋根材として完璧なものとなっていますから、新築・リフォームに関わらず、現在広く使われるようになっています。メリットもデメリットもある、トタンの屋根材鉄板で作られた屋根材と聞いてすぐに思い浮かぶのは、トタン屋根。昭和の住宅や工場、店舗などに用いられているトタン屋根の一番のメリッ...

 
 

同じスレートと呼ばれる屋根材でも、工業製品と天然スレートはずいぶん違います。独特の風合いを持つ天然スレートは耐久性も高い優れた屋根材です。ただし価格が高いのが玉にキズ、この点でも天然スレートはずいぶん違うのです。スレートは広く使われている屋根材です現在一番広く使われている屋根材はスレート、これは外壁材で広く用いられるサイディング同様、工業製品。セメントに繊維を混ぜて造られるもので、安価な上に品質も...

 
 

天然石の屋根材を標準で採用しているメーカーが、無添加住宅。屋根材が天然石だけでなく、壁や床材にも天然素材を採用、健康にも環境にもいいというのがセールスポイントです。そして、坪単価は意外なほどに高くない、これは注目なのです。天然石の屋根材を使う住宅メーカー独特の風合いは美しく、経年とともに味が出るものの劣化はしない。別項目で取り上げている通り天然石の屋根材、天然スレートは非常に優れた素材です。しかし...

 
 

優れた鉄の性質を屋根材に特化させたのがガルバリウムとステンレス。サビやすいという鉄の弱点を、メッキや合金で克服。結果、屋根材として非常に優れたものとなっています。他に鉄の代替としてアルミも考えられるのですが、価格面でのネックが大きいのです。鉄の弱点を補い、屋根材として特化させたガルバリウム価格が安く強度も高い、加工も容易、鉄はとても身近な素材です。その一方で、重量がありサビるという欠点もあるもの。...

 
 

カーポートの屋根やサンルームなど透明の屋根材を使いたい!こんな場合に使われる屋根材はほとんどがポリカーボネイトです。軽いし強度も十分、そんな優れた透明の素材なのですが、弱点もないわけではありません。取り扱いには注意をしましょう。軽やかな印象の、透明な屋根材透明の屋根材、こんな風に聞いてまず思い浮かぶのが、最近の主流ポリカーボネイト。透明の素材ですがガラスではないので重量は軽い上に、戦闘機のコクピッ...

 
 

新築の場合、陶器瓦を屋根材にするというのは、いい選択です。一方で、陶器瓦の屋根が老朽化した場合、屋根材を何にするかは考え方一つ。おすすめはガルバリウム鋼板やスレート材ということになるのです。短所の少ない屋根材、陶器瓦スレートとかガルバリウムとか、現在、様々な屋根材が出回っています。そして、それぞれ一長一短あるのですが、それらを総合しても陶器瓦は非常に優れた屋根材。あまり、短所がない屋根材なのです。...

 
 

安価で軽量、加工も楽なトタン波板は屋根材として広く使われた素材ですが、耐久性の低さが弱点。老朽化したトタン波板は、他の屋根材で葺き替えるしか方法がありません。例えばガルバリウム鋼板が、トタンの代わりに使用されています。経年劣化に弱い、トタン波板トタンとは鉄板に亜鉛メッキを施した素材。そのままではすぐに錆びてしまう鉄板を工夫したものの一つ。柔らかい薄鋼板を利用していますから、加工がカンタンですし重量...

 
 

屋根の防水性を握っているのは、瓦などの表面を覆う屋根材の貼り方などではなく、その下地にあるルーフィング。価格も安い屋根材で、貼り方もカンタンというルーフィングが、実は家を雨漏りから守っており、基本はどんな屋根でも変わらないのです。屋根の防水の肝となる屋根材は、ルーフィング屋根材と聞くと、瓦やスレート、ガルバリウムなどが浮かぶもの。そして、これら屋根の表面を覆っている屋根材のおかげで雨風がしのげてい...

 
 

不燃の屋根材ばかりを集めて火事に強い屋根を造る、これは当然のことですが、用いられている屋根材全てが不燃かどうかは微妙なところ。不燃ではなく準不燃や難燃、これらの屋根材を集めて屋根を造るのが普通となっているからです。「不燃」は要素、それらが集まると「耐火」になる不燃とか、耐火とか防火とか、、、住宅用語は難しいですね。どれも火事に強そうなイメージなのですが、意味はそれぞれ異なります。まず不燃と、耐火や...

 
 

スレートは広く用いられている屋根材ですが、経年劣化に弱いために葺き替えが必要。そんな場合によく用いられる屋根材はガルバリウムです。いったん葺き替えたら、長期間メンテナンスが不要なのですが、施工には技術が必要となります。陶器瓦の弱点とは?昭和のころの屋根材といえば、陶器の瓦を載せるというのが一般的でした。何といっても陶器、高い耐久性が一番の魅力。大昔の陶器瓦が遺跡や遺構から出土したりすることでもわか...

 
 

三井ホームが用意している屋根材のうち、珍しいものといえばシングル材。アメリカではポピュラーな屋根材となっており、コストが低くてすみますから、三井ホームで安く家を建てたい場合におススメ。ただしメンテナンスは必須ですから注意は必要です。三井ホームが得意とする屋根材は3種類誰でも簡単に家を建てる必要があったという、アメリカの開拓時代。規格に沿った建材を組み合わせて、釘で止めるだけという家の建て方が考案さ...

 
 

北海道で最も広く使われている屋根材は金属。軽量な屋根材となっていますから、積雪時にも安心なのです。そして、こんな長所は北海道以外でも有効、屋根材を葺き替えるといったリフォームでも金属の屋根材は優れているのです。金属が屋根材として、広く使われる北海道北海道で使われている屋根材の70%近くは金属だとか、こんな話を聞いたことがあります。金属の屋根材といえばガルバリウム鋼板、この一番のメリットは重量が軽い...

 
 

メーカー保証の期間は屋根材によってそれぞれ。近年では保証が長い金属の屋根材、ガルバリウムが人気となっています。ただし、メーカーが保証してくれるのは材質のみ。施工の保証は、工務店など独自のものが必要となってきます。コロニアルのメーカー保証は10年程度屋根材といえば陶器瓦しかなかったころには、屋根材の保証について論じられることはありませんでした。釉薬をかけて焼き上げる、陶器瓦は非常に耐久性が高い素材。...

 
 

ミサワホームは新築で、4種類の屋根材を用意していますが、一番人気はコロニアルとか。それ以外にも観るべき点がある屋根材をミサワホームは揃えているのです。しかし、コロニアルが一番人気。その理由は何でしょうか?ミサワホームの屋根材のバリエーションは?ミサワホームで新築の住宅を建てるとすると、選べる屋根材は4種類。コロニアルグラッサとリッジウェイ、瓦、そして金属となっています。コロニアルグラッサはポピュラ...

 
 

化学物質を廃した建材を積極的に使用する、無添加住宅の屋根材はクールーフ。天然の岩を板状に加工したクールーフは耐久性が高い屋根材、人間の健康はもちろん環境負荷も低い無添加住宅らしい屋根材ということができるのです。住宅の性能が上がるにつれて問題となったこと建築技術の進歩により、住環境も飛躍的に改善されました。中でも近年目覚ましいのが、気密性や強度の向上。省エネルギーへの関心が高まるにつれて、住宅メーカ...

 
 

屋根材を選ぶ際に何を重視すべきか?メンテナンスコストの安さを重視するなら、初期費用はある程度覚悟しなくてはいけません。メンテナンスコストがかかるものは、初期費用は安い、屋根材のコストにはこんな関係があるのです。メンテナンス性で屋根材を選ぶ新築で家を考えるときに、雰囲気を大きく左右する外壁には時間をかけるもの。しかし、外壁同様に存在感のある屋根については意外と無頓着です。外壁を選ぶ際に重視するのは、...

 
 

屋根材にはメリットとデメリット、両面があるもの。そのバランスで考えると瓦屋根はオススメの屋根材の一つといえるでしょう。メリットが大きくてもデメリットも大きければ意味がない、屋根材にもそれはいえることなのです。メンテナンスコストがかからない、夢の屋根材メンテナンスコストがかからない、そんなタフな屋根材が世の中には存在します。独特の風合いもあり、さらに1枚ごとに表情も違う。そんな表情は経年により風格が...

 
 

ガルバリウム鋼板は優れた屋根材ではありますが、断熱効果が低いという弱点があります。断熱効果を上げるために、表面を加工するなど工夫はされていますが、やはり屋根材としては弱点があるといえるでしょう。ガルバリウム鋼板は非常に優れた屋根材ですが近年、よく使われるようになった屋根材といえば、ガルバリウム鋼板をあげることができます。薄い鉄の板に亜鉛とアルミニウムでメッキを施したのがガルバリウム鋼板。それ以前に...

 
 

昭和の時代に広く使われた屋根材のモニエル瓦、なかなか優れた屋根材ではあるのですが、リフォームの際の塗装には注意が必要だったりします。モニエル瓦屋根のリフォーム、業者選びには注意が必要となるのです。昭和の時代に使われた屋根材、モニエル瓦モニエル瓦、あまり耳にしない屋根材かもしれません。なぜなら、今の時代に新築の住宅を建てる場合、屋根材がモニエル瓦ということはまず考えられないから。昭和のころによく用い...

 
 

普段雪が降らないから、対策の雪止めなんて不要。そんな風に考えがちですが、これから雪が降らない保証はありません。屋根材に応じた後付けの雪止めはあるものの、少々面倒なもの。新築時につけてしまったほうが、よさそうなのです。聞いたことがありますか?雪止めという言葉落雪とは、屋根に積もった雪が滑り落ちてくることを指します。雪が積もることが珍しくない地域では、冬には落雪の被害に対する注意をうながす。そんな放送...

 
 

輸入住宅といっても、海外のものをそのまま持ってくるわけではありません。特に屋根材は気候に合わせたものが必要となるもの。それだけに輸入住宅でも、国産の屋根材を使用しているケースは、非常に多いのです。構造も独特な輸入住宅なのです輸入住宅の大手メーカーというと、「スウェーデンハウス」とか「ミルクリーク」。それぞれ、独特の外観で人気の住宅メーカーですが構造も独特。例えばスウェーデンハウスの住宅の窓は、地面...

 
 

素焼きで素朴な風合いの洋瓦は近年人気の屋根材です。しかし、日本の風土にベストマッチの屋根材とはいえないもの。和瓦と比較すると、メンテナンスコストがどうしてもかかってしまうのが、洋瓦のデメリットとなっています。素朴な風合いで人気の洋瓦白い壁と赤茶色の屋根、近年人気の住宅のスタイル。南欧風とかスペイン風とか、そんな名前がつけられているものです。この赤茶色の屋根を実現するための屋根材が洋瓦。艶がないのが...

 
 

横断ルーフは建材の大手メーカー・ニチハが開発した屋根材。ガルバリウムの弱点、特に断熱性の低さを横暖ルーフは大きく改善しています。これでガルバリウムという屋根材は、完璧に近いものとなったということができるでしょう。改善されたガルバリウムのデメリット近年、住宅メーカーが屋根材にガルバリウムを用いることが多くなっています。軽量性、耐久性、耐候性、コストが安いなど、ガルバリウムがもともと優れた特性を持った...

 
 

屋根の防水を担っている屋根材はルーフィング、アスファルトを繊維に染み込ませたシートを野地板に貼り付けて施工します。ルーフィングは施工も難しくない屋根材ですが、近年では施工方法も改良、より容易になりつつあるのです。屋根の防水を握るルーフィング屋根材と聞くと、屋根の表面を覆っている瓦やスレートなどをイメージしがちです。しかし、屋根材を「屋根」を構成している建「材」と考えるならば、もっと様々なものが思い...

 
 

屋根材でいうルーフデッキとは折板のこと、実用性重視の屋根材ですから、一般住宅にはあまり使われません。一般住宅で使われるルーフデッキは、バルコニーにあるウッドデッキのこと。こちらは、屋根材とは全く関係がありません。実用性重視の屋根材、ルーフデッキ折板(せっぱん)とも呼ばれるルーフデッキは、金属の屋根材。ガルバリウムなどサビに強い金属の薄板を折り曲げることで、強度を持たせて屋根材にしたものです。ルーフ...

 
 

屋根材は経年で劣化してしまうものですが、それまでの期間は屋根材や立地によって随分変わります。劣化は早期に発見し、メンテナンスしてしまうのが一番。これが、住宅メーカーなどの定期点検が重要な理由なのです。住宅の定期点検は非常に重要住宅はメンテナンスをするもの、多くの人がそんな認識を持つようになりました。外壁材はもちろん、屋根材も年々劣化していくもの。日光や雨、風、物の衝突といった様々なものが、劣化の原...

 
 

非常にタフな構造を持つログハウスだけに、屋根材を選ぶ上で制限はありません。気にする点は外観とマッチしているかどうか?ログハウスに似合った屋根材を選べばよいだけですから、コストや好みを考えて選べばよいだけなのです。非常にタフなログハウスという構造素朴な外観や、建材が天然由来だとか。様々な理由でログハウスの人気が高まっています。しかしログハウスといっても、そのタイプは色いろあるもの。丸太を組み上げて造...

 
 

ガルバリウムの屋根材に用いられる塗装技術の進歩で、和風の外観が実現しました。古いお寺の屋根を葺き替える、こんなケースで用いられる屋根材がガルバリウムというのもよくあるケース。和風建築にピッタリの屋根材となったのです。和風住宅といえば屋根材は瓦だけ?和風住宅ならではの屋根材といえば、やはり陶器瓦。陶器瓦ならではの渋い色合いは、和風の建築にピッタリ。重厚さとか伝統性とか、和風の趣を伝えてくれる屋根材な...

 
 

重い、断熱性が低い、割れやすい、ガラスは屋根材には向かない素材です。どうしても屋根材にガラスを使いたい、そんなケースならばオススメしたいのはポリカーボネート。ガラスの弱点を一部改善した透明な素材となっています。屋根材に向かない、ガラスの性質屋根材にガラスを使うというのは、非常におすすめできない選択です。なぜなら、ガラスには様々な弱点があり、それがことごとく屋根材として向いていないから。特に断熱性が...

 
 

\屋根材として用いる際のガルバリウムの色は、非常に限られているもの。この理由は、ガルバリウムの屋根を他の屋根材と似せるためと考えられます。いかにも金属!こんな色の屋根は、風景から浮いてしまいそうですからね。鉄の大敵、サビを防ぐガルバリウム鉄の大敵は御存知の通りサビ、酸化した鉄は非常にもろくなってしまうもの。ですから、鉄を合金にするとか、表面をメッキするとか。様々な方法で、鉄のサビ対策は取られてきま...

 
 

屋根材を手がけているメーカーと比べて、ガルバリウム鋼板を製造しているメーカーは少ないもの。つまり、ガルバリウム鋼板の質自体はどこも変わりません。変わってくるのは、屋根材としての加工。これが、性能を大きく左右するのです。ガルバリウム鋼板の質自体は変わらない現在、ガルバリウム鋼板の屋根材を手がけているメーカーは数多くあります。しかし、ガルバリウム鋼板自体を手がけているメーカーは数少ないもの。新日鐵住金...

 
 

グラスファイバーは優れた素材で、住宅にも広く用いられています。例えばアメリカではグラスファイバーを屋根材に用いるのも一般的。でも日本では、別の屋根材に押されてしまっています。その理由はどこにあるのでしょうか?アメリカでは広く使われている屋根材ガラスを溶かして引っ張ることで作られた繊維、これがグラスファイバー。引張強度が高く腐食もしないというグラスファイバーの特性で、身の回りの様々な物に用いられてい...

 
 

ゴムをアスファルトに混ぜ込む。この方法で防水を担う屋根材、ルーフィングは随分改良されました。こんなルーフィングは「ゴムアス」と呼ばれたりします。そんなゴムアス、現在では広く使われている屋根材のはずなのですが、、、。ゴムは屋根材向きの素材です雨風は容赦なく叩きつける、非常に高温にもなれば低温にもなる。厳しい自然環境から住む人を守るという上で、屋根は重要な役割を負っています。加えて高い位置にありますか...

 
 

金属屋根の弱点を克服したディプロマットは優れた屋根材です。しかし、新築の屋根材としてディプロマットを用意しているところは少ないもの。例えばディプロマットはリフォーム用として、覚えておくと良い名前かもしれません。デメリットが克服されつつある金属屋根近年、屋根材としても広く用いられる様になったガルバリウム鋼板なのです。その理由はメッキ技術が向上したから。以前はすぐに錆びるとか、デメリットばかり強調され...

 
 

バルコニーに屋根をつければ、使い勝手が向上します。そんな場合に選ぶべき屋根材はポリカーボネイト。これ以外の屋根材は考えなくてよいほど、バルコニーに向いた素材です。それ以外の選択肢もあるにはあるのですが、やはりポリカが一番でしょう。バルコニーに屋根を付けて、より便利に洗濯物を干したり、外遊びに使ったり。そんな想定でバルコニーを造ったのに、やはり使い勝手が悪いのでしょうか?バルコニーに屋根をつけたい、...

 
 

ガルバリウム鋼板は優れた屋根材ではありますが、断熱効果が低いという弱点があります。断熱効果を上げるために、表面を加工するなど工夫はされていますが、やはり屋根材としては弱点があるといえるでしょう。ガルバリウム鋼板は非常に優れた屋根材ですが近年、よく使われるようになった屋根材といえば、ガルバリウム鋼板をあげることができます。薄い鉄の板に亜鉛とアルミニウムでメッキを施したのがガルバリウム鋼板。それ以前に...