外壁 トタン 種類

MENU

トタンの種類から見る、最適な外壁選び!

大阪の会社に勤めていますが、出張で地方の方へよく飛び回っています。

 

地方の住宅街の中を車で回っていると、昭和な雰囲気が漂う街並みをしばしば見かけます。

 

どこか懐かしい気分になって、ホッとします。

 

なにが風情あるのかと考えると、一番は外壁が、木目調のトタンで出来ているんですね。

 

風情あるトタン外壁。悩みのタネは…

トタンとは、溶融亜鉛メッキ鋼板をもとにして出来た工材です。

 

耐久性・耐食性があることがよく評価されていますね。

 

しかし、多くの人を悩ませるのが、何といっても錆やすさです。

 

錆びてきてからは遅いですので、定期的な塗装のメンテナンスが必要となってきます。

 

様々な塗料の特徴

塗料には色んな種類があります。

 

たとえば、もっともコストの安くつくのは合成樹脂ですが、あまり保ちません。

 

よくて3~5年が目途といってよいでしょう。

 

ほかに、アクリル、ウレタン、アクリルシリコン、フッ素樹脂とありますが、右に行くにしたがって価格が高くなりますし、耐久性や耐候性などに効果を発揮するものです。

 

アクリル以上は、10年以上の耐久性を期待できるようになってきます。

 

さらにフッ素樹脂ですと、光沢もよりと言われ、汚れにくさも評価されています。

 

それぞれの種類の特徴をつかだ上で、塗装に取りかかるとよいでしょう。

 

日本の風情を保つために

このようなトタンの塗装によって、耐久性が増すお話も聞きます。

 

一方で、メンテナンスを怠ることで、大がかりなリフォームをする必要もできてます。

 

日本の素晴らしい風景を、今後も保っていくためには、定期的なメンテナンスが必要となってきますね。

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


外壁トタン 種類一覧 関連記事

 

2年ぶりに、田舎にある親戚の家に訪れました。そこは築35年にもなる、いかにも日本家屋らしい住宅です。外壁は、いわゆるトタン張りの壁になっています。多くは木目調に塗装されていて、溶融亜鉛メッキ鋼板がベースになっています。見るだけで懐かしい気分に浸れるような外観です。最近の新築では見かけないトタン外壁今、新築で建設される住宅には、ほぼ採用されていません。2年前に行ったときは、錆や白っぽい粉が、少し目立...

 
 

一言で「外壁」と言っても、使用する建材は様々。素材によって、見た目の意匠性や耐久性、メンテナンスのしやすさも違ってきます。トタン外壁をリフォームするなら、どんな素材が良いでしょうか?ただ「剥がして張るだけ」じゃ能がない!現在、外壁材で圧倒的な人気を誇っているのが、サイディングボード。大きなパネルを継ぎ合せて作るタイプの壁です。定期的に継ぎ目部分のメンテナンスが必要になるものの、「耐久性が高い」「工...

 
 

極端に不器用な方にはちょっと難しいかもしれませんが、そこそこ器用な方ならトタンの外壁をdiyでリフォームするのは比較的カンタン。まずは基本をしっかり押さえて。外壁塗装はdiyでも楽勝?まずは、トタンの外壁をdiyで塗装する方法について見ていきましょう。張替はさすがに自分には無理だな…という方でも、塗装であれば挑戦しやすいと思いますよ。まず、外壁を指で触ったり叩いたりして、トタンが錆びていないかを確...

 
 

選ぶ素材によって、家の印象がガラリと変わってしまうのが外壁材。そもそも、どんな種類があるのでしょうか?まずは外壁の種類について知っておこう外壁材は、見た目だけではなく、その家の耐久性を左右するもの。新築やリフォームの際には、複数の素材の特徴を比較・検討した上で選択したいものです。色んな種類がありますが、おそらくみなさんの馴染み深いのは、トタンに代表される「金属」の外壁や、お城や神社仏閣、古い蔵の外...

 
 

日曜大工が趣味だという方なら、小屋の外壁張替えくらいならdiyでお手のものでしょう。しかし、家の外壁となると事情は違う!とにかく面積が広いですし、仕上がりが「住みやすさ」にも直結するからです。まずは施工事例をチェック!家の外壁張替えは、専門の業者に依頼するのが確実。トタン外壁の場合、素人仕事では、隙間から雨が漏れてしまったり、「バタバタと音がうるさい」なんて失敗作にもなりかねません。「そうは言って...

 
 

「切って打ち付けるだけ」の簡単そうな作業に見えますが、トタン板を張るのは結構コツが要る作業。しかも最近は、トタンの人気が下火のため、張り方について解説しているサイトも少ないのが現状です。トタンの外壁材には種類があるまず、トタンの外壁材にもいくつかの種類があることを知っておきましょう。種類によって張り方も違ってきます一つ目は、「角波」と呼ばれるタイプ。これは、表面に取り付けビスの頭が見えるタイプのト...

 
 

トタン外壁だから、古臭く、チープな印象に見えてしまうのは仕方がない。…なんて諦めてしまうのはまだ早い!トタンでも、色次第では、オシャレでモダンな印象に早変わりさせることができますよ。古臭く見えるのは色落ちが原因?トタン外壁の弱点といえば、経年変化と共に見た目が「老けて」いくこと。その最大の要因は、年数が経てば経つほど褪せていく色。長年、風雨にさらされ続ければ、いたしかたないことなのですが…。その他...

 
 

一般的によく指摘されているトタン外壁のデメリットは、次に挙げる3つ。小屋の外壁としては妥協できても、住宅の外壁としては、やはり残念なポイントです。断熱性、防音性がイマイチトタンは、断熱性の低い素材。つまり、トタン外壁の建物は外気温の影響を受けやすく、家全体を快適温度にキープするのが難しいということです。ゆえに、夏場は厚くて冬は寒い…!夏場はエアコンをつけないと、とても過ごせません。ただ、最近は、断...

 
 

トタンの外壁は、錆びや色あせ、腐食による水漏れなどの経年劣化がつきもの。いくら物置小屋でも、そのまま放置しておくわけにはいかない!でも、なるべくお金を掛けずにリフォームしたい…。さあ、どうしましょうか!?物置小屋の外壁リフォーム、費用はどのくらい?小屋のリフォーム工事であっても、やはり気になるのは費用のこと。住宅の外壁工事であればまだしも、ただの物置にそこまでお金はかけたくないな…と思うのは当然の...

 
 

トタン外壁の塗装の基本は、まずは下地部分をキレイにすること。ここで手を抜けば、せっかくの塗装もあっという間にダメになってしまいます。トタン外壁の塗装は下地処理が命!トタン外壁と塗装する際に最も時間をかけるべき工程。それが、「ケレン」と呼ばれる下地処理です。これは、トタン外壁の表面に付着した錆びや劣化した塗膜を取り除く&トタンに傷をつける作業。塗料の密着性を高めるために必要不可欠な工程なのです。例え...

 
 

トタン外壁は、どの程度劣化したらメンテナンスすべきなのでしょうか?その頃合いを知る上で一つの目安になるのが、表面に浮かび上がる白い粉です。なにこれ!?トタン外壁に白い粉古くなってきたトタン外壁に浮かび上がってくる白い粉の正体は、トタンの塗膜。この膜に含まれていた二酸化チタンが太陽の光によって酸化分解された結果です。この現象は「チョーキング」とも呼ばれていて、トタン劣化の目安の一つになっています。ト...

 
 

トタンの塗装は下地処理が命。これは、素人でも知っているレベルの常識です。しかし、そんな常識を覆す塗料があるってご存知でしたか!?そもそも、なんで下地処理が大事なの?トタン外壁の場合、錆びが浮いてきたら再塗装のサイン。その場合、塗料の密着性を高めるという意味で、錆びた部分を「ケレン」や「高圧洗浄」と呼ばれる下地処理でキレイにすることが大事だと言われています。しかし、この作業がなかなか面倒くさい!サン...