外壁リフォーム 相場

MENU

ボロボロの外壁…リフォームしたい!相場は?

あの「価格.com」で相場が分かる。

 

目安程度ということだが、それでも、情報ゼロに比べればありがたい。使えるものはどんどん活用!

 

外壁リフォームの相場金額を知りたいけど、業者に直接問い合わせたら勧誘されちゃうんじゃない?

 

…そんな心配をしている方も多いのではないでしょうか。

 

それなら、まずは便利な“あのサイト”で情報を収集しましょう。

 

『価格.com』ってこんなことも調べられるの?

「家電製品などを1円でも安く手に入れたい!」という時に便利な『価格.com』。

 

きっと、みなさんも1度は利用したことがあるのではないでしょうか。

 

しかし、買えるのは物ばかりではありません。

 

リフォーム工事の発注先を検討する際にも使える便利なサイトなんですよ。

 

また、リフォームなどの工事の費用相場を調べる際にも重宝します。

 

『価格.com』では、外壁リフォーム相場の金額がわかりやすいグラフ形式でまとめられているので、ちょちょっと検索するだけで誰でも簡単に市場動向を知ることができるのです。

 

気になる相場は?

外壁リフォーム相場と言っても、その工事の内容によって金額にはかなりの開きがあります。

 

例えば、継ぎ目の部分からの雨漏りの補修程度であれば30万円そこそこでできるでしょう。

 

ただ、家周り全体の外壁を塗装したり、張替えたりすると、100万円以上の金額が発生することを覚悟しておいたほうが良さそうです。

 

また、外壁の素材に何を使用しているかによっても金額は違ってきます。

 

例えば、最近人気のサイディングの場合は、パネルの継ぎ目部分に使用しているコーキングのメンテナンスが主になりますし、モルタルなどの塗り壁はクラックの補修が多いようですね。

 

いずれにしても、費用の中には、材料費の他に足場設置、養生、下地処理、解体、撤去処分費、諸経費…と様々な項目が含まれますので、見積もりは隅々までチェックしましょう。

 

さらに詳しく見ていくと…

外壁リフォーム相場を知る上で、まず把握しておきたいのは、外壁の面積です。

 

『価格.com』のまとめサイトを参考にしてみると、延床面積30~45坪(壁面積にすると約100~150m2)の2階建ての住宅であれば、継ぎ目(コーキング)のメンテだけでも20~40万円かかります。

 

塗装する(要するに「塗り替える」ということです)となると、80~150万円。

 

なぜ70万円もの幅が出るのかと言うと、どんなグレードの塗料を使うかによっても金額が変わるからです。

 

さらに、モルタル→サイディングへの張替えとなると、200万円~300万円近くかかる!

 

…以上はあくまでも“目安”ですが、これだけの金額はかかるということを把握する上では参考になるのではないでしょうか。

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


外壁リフォームの相場 関連記事

 

そもそも「ガルバ」って一体どんな材料なの?…まずはその段階からつまずいている方も多いのではないでしょうか?ガルバとは、正式には「ガルバリウム鋼板」という外壁材のことです。よく聞く「ガルバ」って何?ガルバ=「ガルバリウム鋼板」とはアルミニウム55%+亜鉛43.4%+シリコン1.6%で構成される鋼板。鉄板に比べると「耐食性に優れている」=要するに、くさりにくいという性質があることから、広く用いられてい...

 
 

外壁リフォームのチラシを見る際には、ちょっと「疑いの目」を持つことが大事。しっかりした“目”を持っていなければ、情報に踊らされて思わぬ損をしてしまいます。チラシを見る時はココに注意!外壁リフォームのチラシを見ていると、とにかく写真がキレイですよね。「え~っ、この金額でこんなに豪華な外壁に仕上がるの?」と、ついつい夢を見てしまう…。しかし、その写真で使われている外壁材と、掲載されている金額がイコール...

 
 

自分の家のこととはいえ、外壁リフォームは素人には「?」が多い世界。工事内容についても、相場金額についても、プロの目線でわかりやすくアドバイスしてくれる存在がいると心強いですよね。迷ったら、『外壁塗装の窓口』をのぞいてみよう外壁リフォームについて相談したいと思っても、リフォーム業者に直接問い合わせるのは「勧誘されそうで怖い…」。それなら、『外壁塗装の窓口』というサイトをのぞいてみましょう。こちらは、...

 
 

あこがれはあるものの、金額がネックで…。調べる前から尻込みしてしまうほど、タイル張りの外壁は見た目がリッチ。リフォームでポイントになるのはどのようなことなのでしょうか。タイル張りは見た目が豪華!「タイル」の外壁材…ひとことで言っても、素材もカラーも実に様々なバリエーションがありますよね。南欧風のオシャレ感を演出できるものもあれば、フランスを思わせるアンティーク調のもの。かと思えば、モノクロでスタイ...

 
 

そもそも、モルタルとはどのような素材なのでしょうか?外壁材としてのメリットとはどのようなところにあるのでしょう。モルタルってどんな外壁?モルタルとは、セメント+砂(直径が5mmまでの砂利)+水+混和剤で構成される素材のこと。コンクリートに比べると強度は劣るものの、そのきめ細やかさや滑らかさが広く愛されてきました。また、耐火性に優れていることに加えて、「30年は大丈夫」と言われる耐久性の高さも評価さ...

 
 

憧れの、レンガ外壁の家!実際のところはともかくとして、その外観は、住む人をセレブに見せてくれる魔法を秘めています。しかも、スゴイのは見た目だけではないのです!!レンガはメンテナンスフリーってホント!?『3匹の子豚』では、藁の家でも木の家でもなく、レンガの家を作った子豚だけがオオカミとの頭脳戦に勝利していますよね。実際、レンガの家は強い!他の外壁材(トタンやモルタル、サイディング…等々)の場合は、最...

 
 

外壁がどんな風になったらリフォームする頃合いなのか?実は、外壁は、その明確なサインを出しています。あなたはそれを読み取れていますか?えっ!服に白い粉が…。外壁に服や指が触れた時、「なんで白い粉が!?」と気になった経験はありませんか?実はアレこれこそが、外壁劣化の一番わかりやすいサイン。専門的には「チョーキング」という現象で、外壁の塗膜が太陽の紫外線によって劣化することによって生じます。こうなると、...

 
 

単なる自分の都合で外壁をリフォームするのに、補助金がもらえるハズない。…なんて思っているアナタは損をしているかも!?世の中って、意外と甘いところもあるもんですよ。えッ!外壁リフォームに補助金が出る!?ご存知ない方が結構多いのですが、住宅のリフォーム(外壁を含む)に際しては国や地方自治体の補助金を受けられる場合があります。「具体的にどんなケースが対象になるのか?」ということについては、自治体によって...

 
 

知っているようでいて、意外と知らない固定資産税のこと。まずは「固定資産」というものの基礎からおさらいしてみましょう。知っておこう!固定資産税の基礎固定資産税とは、「固定資産」=土地や家屋などを所有している人に課せられる税金のこと。その固定資産の“価値”(「固定資産税評価」といいます)を元に税額が算出されます。税率は「1.4%」と決まっていますが、問題は、その“価値”がどれほどのものになるかというこ...

 
 

家の顔と言っても過言ではない外壁は、ただ強いだけじゃ物足りない!どうせなら、ルックス&機能性の両方を兼ね備えた外壁材をセレクトしましょう。「サイディングはメンテナンスフリー」の誤解メンテナンスフリーの外壁材として、「サイディング」を挙げる方が多いようです。中には、「サイディングだったら塗り替えの手間とお金がかからない」なんてまことしやかに語っている業者も…?しかし、それは誤解!サイディングの場合、...

 
 

短すぎれば「手抜きなんじゃないか?」と不安になり、長すぎれば「ぼったくりじゃない?」と疑ってしまう。外壁塗装の工期ってどのくらいが標準的なの!?一般的な住宅なら10日前後が目安よほどの豪邸でもない限り(笑)、一般的な住宅(30坪程度)の外壁塗装の工期は10日前後が目安。最短でも8日、長くても2週間程度と思っておいたほうが良いでしょう。極端に短い場合、例えば「1週間以内で仕上げます!」などと謳ってい...

 
 

外壁塗装についてモノ申したい!という場合、どこにクレームを申し立てれば良いのでしょうか?また、どんな保証が受けられるのでしょう。一番多いクレームってどんなこと?そもそも、外壁塗装で起こりやすいクレームとはどのようなことなのでしょうか。調べてみたところ、一番多いのは「色」に関するトラブル。すなわち、「サンプルで見せてもらった色と、仕上がった外壁の色がなんだか違っている…」というものです。これは、サン...

 
 

自社の外壁塗装は修繕費になるのか?それとも資本的支出になるのか?その基準について詳しく見ていきましょう。資本的支出?それとも修繕費?自社ビルや賃貸経営の物件の外壁塗装を行った場合、その支出の処理で頭を悩ませている方も多いようです。なぜなら、「修繕費」か「資本的支出」で、支払う税金の額が大きく変わってくるからです。どちらのほうが、都合が良いかと言えば…それは修繕費でしょう!修繕費とは、「経費」の一種...

 
 

「2度塗りなんて、ぼったくりじゃない!?」…いえいえ、外壁塗装の場合は、1度しか塗らない業者のほうが怪しいですよ。なぜなら、2度塗りが必要な背景には、理に敵った“ワケ”があるからです。外壁塗装の工程をチェック!お手元に外壁塗装の見積書やスケジュール表があるようなら、まずは、「2度塗りなのか、1度しか塗らないのか」を確認してください。一般的には、「下地塗り→2度塗り」という流れが最もスタンダード。(...

 
 

「外壁塗装」と言っても、使用する塗料のグレードは様々。同じ30坪の住宅であっても、塗装にかかるトータル金額は一様ではありません。費用はどのくらいかかる?外壁塗装の金額は、壁の広さと外壁材の種類、そして選ぶ塗料に左右されます。例えば、「30坪」という条件が同じだったとしても、アクリル系の塗料を選ぶか、フッ素系を選ぶかで大きな違い!グレード的には、アクリル系<ウレタン系<シリコン系<フッ素系の順に高く...

 
 

外壁塗装の必需品と言えば、シーラー。…というのは、業界の人にとっては誰もが知る常識ですが、素人DIYではそこが抜けてしまっている例も少なくない!?シーラーって何?外壁塗装は、足場を組んで→高圧洗浄→養生→下地処理→下塗り→中塗り→上塗りの手順で進められるのが一般的です。これはDIYであっても変わりません!この中で、塗料の密着性を上げるために必要不可欠なのが、下塗り。そこで使われるのが、シーラーとい...

 
 

「足場を架けずに、外壁リフォームなんてできるの?安全面は大丈夫なの?」…おそらく、多くの方はそこに疑問を感じることでしょう。しかし、そこがオフィスチャンプの実力の見せ所!これまでの常識を良い意味で覆してくれるのです。足場を掛けないってホント?㈲オフィスチャンプは、東京に本社を置くリフォーム業者。「足場を架けない外壁リフォーム」を手掛けていることで一躍有名になりました。…でも、足場を架けずにどうやっ...

 
 

DIYと言えども(DIYだからこそ?)、足場がなければ外壁塗装は始まらない!足元が危うい状態では、塗装のクオリティーも落ちてしまいます。とはいえ、素人が自力で足場を架けることなんでできるのでしょうか!?足場を買って組み立てる…って大変?「DIYで外壁塗装するなら、足場も自分で組まなくちゃ!」ということで、足場の材料を購入しようと、ホームセンターをふらふらしてみた…という方も多いことでしょう。確かに...

 
 

そもそも、アスベストとはどのような物質なのでしょうか?また、どのような種類の外壁材に多く含まれているのでしょう。アスベストってそもそも何?アスベストとは、いわゆる「石綿」。理科の実験でよく登場した、アノ「石綿金網」と同じ素材です。専門的には「天然の鉱物繊維」と言われていて、非常に細かい繊維状の形態が特徴的です。その名が広く知られるようになったのは、その健康被害が問題になったから。アスベストを吸い込...

 
 

塗料には、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系などの種類があります。このうち、よく比較されるのがウレタンとシリコン。2つの違いって何?ウレタンの特徴ウレタンは、柔軟性に富んだ塗料。ゆえに、主に木材を塗装する時にセレクトされる塗料です。シリコンは金属向きの塗料ですので、この点が両者の違いと言えるでしょう。つまり、「相性の良い素材が異なる」ということです。価格は、アクリルよりも高く、シリコンよ...

 
 

単価が高いということは、抜き出た特長があるということなのでしょう。フッ素系の塗料を使って外壁塗装した場合、どのようなメリットが得られるのでしょうか。フッ素樹脂塗料はナゼ高い?フッ素系の塗料…正確には「フッ素樹脂塗料」は、「耐候性が高い」ことが最大の強み!ポリウレタン樹脂+溶剤+炭素+フッ素を結合したものでできていて、その耐久性はアクリル系塗料の4倍とも言われています。実物をご覧になると分かるのです...

 
 

「オシャレなお家を建てたい」「人から憧れられるイケてる家に住んでみたい」「外観の色やデザイン、質感にはこだわりたい」というアーバンで、建築好きな大人のみなさんへ。家の顔!外観新築や立て替えを考えられる時に、ポイントなるのは外観です。内部の構造も大切ですが、「こんな家いいなぁ」と思ってもらうためには、人が入りたい、住みたいと思える外観がポイントとなります。外観全体のデザインでも、とくに外壁の色合い・...

 
 

4年前、新築の一戸建てを購入しました。以前に住んでいたマンションよりも、日当たりがよく快適に過ごしています。ちょうど1週間前のことですが、リフォーム会社から営業のお電話がありました。まだ新築のようにキレイですから、リフォームの必要はありませんとお断りました。しかし、ひび割れやコケなどで問題が起きる時期だから、気を配っておいてくださいということでした。新築に…コケ??まかさと思いましたが、念のために...