外壁工事 相場

MENU

外壁工事の相場金額を内容別にリサーチ!目安をご紹介!

家の外観をリフォームしたいけど、やっぱり経済面が気になる・・・!という方は多いのではないでしょうか。

 

そこでここでは、外壁工事の費用相場について、外壁工事の種類別にまとめてみました。

 

相場をチェックして、損のない業者選びにお役立てください。

 

一口に「外壁工事」と言っても様々な種類があり、かかる費用もピンキリです。

 

あなたの家の外壁に本当に必要な工事とは?

 

外壁工事にも色々ある

「外壁工事」というと、皆さんはどのような工事を思い浮かべるでしょうか?

 

おそらく多くの方は、外壁塗装を連想するかもしれません。

 

しかし、「洗浄掃除」であっても足場を組む必要があったりしますし、分類的には「外壁工事」に含まれるわけです。

 

リフォームで、漠然と「外壁を今よりもキレイにしたい」「あか抜けた感じにしたい」と思っている方も多いでしょう。

 

その場合は、まずは「自分たちの家の外壁に、今、本当に必要なのはどのような外壁工事なのか?」を見極める必要があります。

 

洗浄して汚れを落とすだけで大丈夫なレベルなのか。それとも、塗り直す必要があるのか。

 

または、下地部分から張替えるという大がかりな工事をすべき時期にさしかかってかるのか。

 

サイディング外壁の場合は、つなぎ目に使われているシーリング材(コーキング)のみを新しいものに交換するという工事もありますね。

 

どんな内容の外壁工事をするかによって、費用の相場は大きく違ってきます。

 

ケース別 費用相場

調べてみたところ、「外壁工事」の費用相場の中心価格帯は81万円~120万円だそうです。

 

この金額で、一体どんな内容の工事ができるのでしょうか?

 

事例を参考にしてみると、ちょうどこの価格帯に当てはまるのが、塗装!

 

金額に幅があるのは、面積もさることながら塗料の種類によるものです。

 

アクリル、ウレタン、シリコン系の順に高くなり、フッ素系や遮熱塗料、光触媒塗料となると総額で50万円を超える違いが!

 

次は、120万円を超える外壁工事。

 

言うまでもなく、張替えがメインです。

 

既存の壁材を取っ払って一から張替えるのか、それとも既存のボードの上から重ねて張るのかによって金額に数十万円の差が出ます。

 

最後は、80万円以下の工事。

 

こちらは、外壁の洗浄やコーキングの打ち直しなどがメインです。

 

もちろん、外壁材の種類よってそれぞれの相場金額は違ってきますが、一応の目安として参考にしてみると良いでしょう。

 

費用を抑えるポイントとは?

もう一つ、費用の「安い/高い」を左右する要素として「業者選び」があります。

 

素人にはわからないレベルの話ですが、外壁工事に使用する部材や機材、技術、作業員の数、工事の日数・・・等々、業者によって結構な差があるんだそうです。

 

極端に安いと、どこか大事なことを省かれている可能性がありますし、逆に高すぎるのも怪しい。

 

でも、どのくらいが妥当なラインなのか?って素人には見極めが難しいですよね。

 

私だったら、複数の業者から見積もりを出してもらって、工事の内容な金額をじっくり比較してみます。

 

少なくとも3社分は欲しいですね。

 

そうすることによって「どんな業者でも必ずやらなければいけない工程」や「場合によってはカットしても良い工程」がわかってきます。

 

相場より安くても、あまりにもカットされている工程が多過ぎる業者は不安ですし、逆に余計なオプションが多くて相場より高くなるのも困ります。

 

やっぱり、内容と金額のバランスのとれた業者を選びたいですね。

 

最近は、「外壁塗装110番」や「外壁塗装の窓口」のように、無料で複数社の見積もりを取れる便利なサイトもあります。

 

こういったツールをうまく利用して、ここだ!という業者を探し出しましょう!

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


外壁工事の相場金額を内容別にリサーチ!目安をご紹介!記事一覧

 

外壁工事には目的に応じて複数の種類があり、費用の相場も違ってきます。その中でも塗装は、塗料の種類が多い分だけ仕上がりのクオリティーや金額に差が出やすい外壁工事。業者の口車に乗せられないためにも、あらかじめ、それぞれの塗料の特性や費用相場をしっかりリサーチしておきましょう。外壁工事といっても内容は様々。とりわけ、トラブルの多い外壁塗装では、後悔がないように事前の調査が必須です!「外壁工事」は何を差す...

 
 

外壁工事は、その内容に応じて「修繕費」と「資本的支出」に分類されます。それぞれ、どんなポイントでどう見極めれば良いのでしょうか。また、修繕費と分類されることによってどんなメリットがあるのか。外壁工事の費用区分についてまとめました。外壁工事に限らず、大きな支出であればあるほど「修繕費=経費」で落としたい!という風潮がありますよね。そもそも、その理由とは?外壁工事を2種類に分けると・・・一般的に「外壁...

 
 

家の外壁工事は、耐用年数に応じた頻度が目安となります。では、その耐用年数とは具体的にどのくらいなのでしょうか?ここでは、一般的な目安年数をリサーチ!外壁工事と固定資産税の関係についても解説していきます。家の外壁って、どのくらいの耐久性があるのでしょうか?外壁工事を施すとしたらいつ頃が目安なの!?外壁の耐用年数を把握していますか?その外壁が雨や風、雪などの気象条件にどれだけの期間耐えられるのか?それ...

 
 

外壁工事は、その内容に応じて「まともな作業を行えば、最低でもこのくらいは必要だ」という目安日数があります。それはどんな業者に依頼しても基本的には変わりませんので、極端に短い日数を売りにしている外壁工事業者には注意が必要です。数十万円、数百万円の費用をかけて外壁工事をするわけですから、手抜き工事をされたらたまりません!だからこそ、見積もりをチェックする際には金額だけではなく「日数」にも注目していただ...

 
 

外壁工事の費用は「m2」あたりの単価で表示されている場合がほとんど。一見安く見えてしまいますが、実際はそこに含まれていないお金が発生する場合もありますので注意が必要です。ここでは外壁工事の種類別の単価と、外壁面積の目安をご紹介しています。どんなものでも、「単価表示」には「なるべく安く見せたい」という業者側の意図が見え隠れします。単価マジックって怖い!外壁工事の費用について調べていると、たいていは「...