庭つくり 花

MENU

庭つくりをする前に。綺麗な花を咲かせるコツ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ご近所のお庭で咲いている綺麗なお花や、雑誌に載っていたお庭を見て

 

「よし!我が家も!」

 

と思って一生懸命植えてみても他のお庭と同じ様には咲いてくれない時ってありますよね。

 

同じ気候で同じ様な庭で何故なんだろうと思った方も多いのではないでしょうか?

 

実はちょっとしたコツで溢れるようにお花を咲かせたり楽しめたりするのです。

 

お花が綺麗に咲いてくれたら庭づくりにもますますやる気が出るというもの。

 

今年は基本をちょっと学んで去年より素敵なお庭にしてみましょう。

 

なんでもそうですが お花を植えるのにも育てるのにもやはりコツはあります。

 

お料理のレシピの様に この花を育てるには、最初に土を何グラムとお水を何CC、そして何分埋めて置けば出来上がりという訳には行かないのが植物です。

 

愛情や長年の経験に基づく知恵も要りますし、なんと言ってもお天気をどう読むかが大切です。

 

でもそれはそんなに難しいものではなく、雨が降りそうだから傘を持って行こうかな?とか暑いから上着は置いていこうみたいな感覚と実はかわらないのです。

 

きっとお花の事を知れば環境の変化への対応もわかってくるでしょう。

 

植物は我慢強い上に環境に順応する力も物凄く強いのです。

 

大概の事には頑張って合わせてくれます。

 

多くをすぐに学ぶのは大変でも最低の植物との付き合い方を知っておけば大きな失敗も無く経験を積んで行けます。

 

少しでも参考になれば・・・と思い基礎的なことだけをシンプルにまとてみました。

 

庭づくりは土づくり。

土を作るといっても庭の土を全部変えるわけではありません。

 

でも取り合えず、庭の花を植えたい部分の土がどんな風かを知りましょう。

 

知らなければいけない事は幾つかありますが、花にとって大事なのは土の状態と日当たり、水はけの3点です。

 

粘土のようか、砂のようなのか、あるいは雨が降ったらどうなるか、そして一日何時間くらい日が当たっているか。

 

それは改良できる事でもあります。

 

とにかく土を知りましょう。

 

苗を買ったり土を掘ったり花を植えたりはそれからです。

 

土がわかったら次は・・・。

土の性質がわかったら 好きな花の性質を知りましょう。

 

花の苗に簡単でも説明がついている事もありますし ネットや植物図鑑にも載っています。

 

何月に咲く、土は水はけが良いものがいい、日当たりを好む、などです。

 

花の咲く庭つくりでは これがとにかく一番必要なことです。

 

そしてそれによって対策が立てられて買う苗を選び直したりも出来ますし、植え付けの時期もわかります。

 

庭を作る前にこれだけはやっておきましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

庭づくりには失敗がつきものです。達人といわれる人でも天候や気温でお花を咲かせられなかったり、何度も植え替えをしたり、そうやって試行錯誤しながら経験をつんで綺麗な庭を作り上げています。最初から満足行く庭が出来ることはプロに頼んでもきっと無理でしょう。なんどか作り変えて庭仲間達と情報交換したり雑誌を読んだりして行くうちに好みの花や庭の感じがつかめてくるものですが、それでも最初にこれだけはやっておいた方...

 
 

日陰に強い植物、或いは日陰が好きな植物、そして日陰ではいと育たない植物・・・そういった種類を調べて植えるのも一つの手ですし光を庭に取り込む事も可能です。光が美しく見えるのは日陰があってこそ。日陰を楽しんでみませんか?庭つくりで日当たりがどれほどあるか、は植物の生育にもかかわる大切なポイントです。それによって花付きも変わってしまいます。でも日当たり面積がいまいちなお庭でも少しの知恵と工夫で美しい庭つ...

 
 

もし庭が広ければ畑のオーナーとお花を楽しむコーナーとをわけて楽しむことが出来ますが、そうはいかない場合が多いのが現実です。本格的な畑をやってみたいなら市民農園などを借りるのが良いのですが簡単にできる野菜を育ててみたい、という程度であれば庭の中で花と一緒に野菜を植えることもできます。野菜も可愛い花を咲かせるものが多いので花壇の中に取り入れてみませんか?花の後は収穫してサラダや煮物に出来ますね。自分の...

 
 

自分好みの庭づくりはとても楽しいものですが、時としてやっかいな迷路にはまり込んでしまうこともあります。植物の配置、色あわせ、開花時期、肥料のやり時、水遣りの工夫、ハンギングの作り方、などに困ってしまったらネットや書籍に頼るのが一番。そこにはガーデナー必見の情報が満載です。どんな人も最初は初心者だった筈。花屋さんやご近所のお庭の達人には今更なかなか聞けない、と言ったことも、もしかすると本の中にヒント...

 
 

庭つくりに少し慣れてきたなら庭の特別な場所に木を植えてみるのはどうでしょう?可愛らしい庭に貫禄が出るようです。ささやかでも植樹祭をするのもお勧めです。家族の記念の日に植えるのでも良いし、何かの思い出として、でもよいのです。その木はこれからお庭とともに育っていく大切なシンボルになるでしょう。木は庭のアクセントとしての役割も果たすもしかすると家族の拠り所のような存在になるかもしれません。ご近所に迷惑が...