バルコニー 屋根 YKK

MENU

YKKのバルコニー屋根はオシャレで機能的!驚きのコスパ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

YKKといえばファスナーでおなじみのメーカー。

 

ですが、実は建材部材を提供する会社(Architectural Products=AP)としての顔も持っており、バルコニー屋根の人気ランキングでも同社の商品は常に上位にランクインしています。

 

今回は、そんなYKKでイチオシのバルコニー屋根についてまとめてみました。

 

「人のそばにあり、人の暮らしに役立つこと」をモットーとして掲げるYKK。

 

ファスナーの生産技術から生み出されたアルミ建材が強みのメーカーですが、バルコニー屋根のアピールポイントとは?

 

YKKといえば「ヴェクター」です。

同社の主力商品といえば、なんといっても「ヴェクター」でしょう。

 

シンプルでありながらも様々なタイプのバルコニーに対応できる柔軟性を備えており、おまけに耐雪・耐風性に優れているというのが強み。

 

積雪100㎝まで対応可能なので、雪国での施工だってOKです。

 

基準風圧40m/秒まで耐えられるので、台風が多い九州での施工にも対応可能なんですよ。

 

形状はシャープな外観がスタイリッシュな「フラット」と、雨の入り込みを防ぐ「R型」があります。

 

バルコニーに洗濯物を干しっぱなしで出かけることが多い方には、R型がオススメですよ。

 

「張り出しあり」の設定を選べば、雨による洗濯物へのダメ―ジは最小限に抑えられるはず!

 

「後付け感」がなく、自然になじむ

加えて、ヴェクターはカラーのバリエーションが豊富なのも魅力的。

  • ブラウン、
  • カームブラック、
  • プラチナステン、
  • ピュアシルバー、
  • ホワイト

の5種類があり、いずれも落ち着いた上質感を醸しだす色です。

 

外壁にしっくりくる色、相性の良い色を選べば、「バルコニーの屋根は後からつけました!」という後付け感もないでしょう。

 

また、オプションで目隠しパネルや物干しセット(吊り下げ式)を取り付けることも可能。

 

目かくしはブラウン調ウッディなデザインも選べるので、外観にちょっとしたアクセントを加えたい時にも重宝しますね。

 

屋根部分はポリカーボネート製で、アクリルに比べて衝撃に強いのがアピールポイント。

 

熱線遮断タイプなら、夏場の暑熱対策にも力を発揮してくれます。

 

パネルの汚れが目立ちにくく、日差しを反射しにくい工夫が施されているのは、YKKならではの強みですね。

 

気になるお値段はどのくらい?

デザイン性、機能性ともに評価の高いYKKのヴェクター。

 

興味津々なお値段ですが、ネットの「エクスショップ」だと工事費込みで7万円~8万円といったところ。

 

他社の同じようなバルコニー屋根の中ではコスパ高めな人気商品となっています。

 

YKKのメーカーカタログ価格が約11万円なので、工事費込みでこの金額はかなりリーズナブルですよね。

 

提携している工務店さんに取り付けてもらうか、メーカー責任施工か、はたまたDIYで取り付けるかを選ぶことができるので、物だけ買って自分で取り付けるなら約5万円までコストダウンできます。

 

ネット通販って、取り付けをどうすれば良いのか?ってのが心配な点だったりしますが、メーカー側が責任を持って施工してくれるなら安心して任せられますよね。

 

工事費込みと商品単体の差額が2~3万円なら、安心をお金で買う意味でも私ならメーカー責任施工を選びます。

 

アンケートに答えるとさらに5%引きになるキャンペーンもやっているので、これを利用しない手はありません!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事