外断熱 吹き抜け

MENU

外断熱なら吹き抜けは避けるべき?断熱効果を下げる吹き抜けこだわって外断熱を選んだならば、冷暖房の効率が下がる、吹き抜けは避けるべき。広さを感じるメリットはあるものの、それ以外吹き抜けのメリットはありません。外断熱の効果が薄くなることを覚悟して、吹き抜けを作ってください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

こだわって外断熱を選んだならば、冷暖房の効率が下がる、吹き抜けは避けるべき。

 

広さを感じるメリットはあるものの、それ以外吹き抜けのメリットはありません。

 

外断熱の効果が薄くなることを覚悟して、吹き抜けを作ってください。

 

天井が高くなると広く感じるものですが

「最近の軽自動車は大きくなったねー」なんてよく皆さんいっていますが、あれはメーカーの努力による勘違い。

 

軽自動車の外側大きさ自体は1998年に改定になって以来、20年近く変わっていません。

 

ではなぜ、大きくなったと感じるのか?タイヤをボディの4スミに限りなく近づけるレイアウトに各メーカーが取り組んだから。

 

シートの形状をできるだけ立てたものにしたから、そして一番大きな影響を与えているのは天井を高くしたから。

 

頭上に余裕があるスペースが空いているというのは、心理的に広く感じる大きな要素。

 

でも、実際床面積は変わっていませんから、広くなったは大間違い、勘違いをしているのです。

 

同じことが住宅にもいえます。

 

心理的に広く感じさせるため、後はおしゃれに見えるから、、、こんな理由で最近よく取りれられているのが吹き抜け。

 

建築の雑誌やテレビ番組を見ていると、紹介されている住宅には、ほぼ絶対吹き抜けがあります。

 

でも、あれってどうなんでしょうか?いつも疑問に感じるところなのです。

 

吹き抜けは光熱費が高くなる

空間が広い、空気がたくさんある、暖める。冷やすのに時間がかかる、、、当たり前のことですね。

 

吹き抜けを造って心理的に広さを感じる作りにしてしまったら、寒い・暑い家になるのは当然のこと。

 

でも、何とかしたいから外断熱で高断熱の家にして、というのはおススメしません。

 

空調が難しい構造にしておいて、断熱性で補わせるというのは、どうなんでしょうか、特に寒冷地。

 

断熱性が高い住宅にしたいならば、吹き抜けもやめるべき。

 

それでも、どうしも吹き抜けをどうしても作りたいならば空気を暖めるエアコンの使用をやめるべき。

 

そして、床暖房など遠赤外線を利用した物を暖める暖房の仕組みを採用すべきです。

 

こだわって、外断熱にしたならば

軽自動車ならば、天井が高くなっても床面積は変わらないという理屈は通ります。

 

しかし、住宅の場合吹き抜けを造ってしまったら、明らかに床面積は狭くなります。

 

いいところが一つもないのが吹き抜けという構造なのです。

 

せっかく外断熱にしてまで、高断熱高気密の家にした理由をもう一度考え直してみるべきです。

 

光熱費を削減しても快適な住宅を作るためではなかったのでしょうか?

 

ならば、可能な限り間取りは細かく分けて、冷暖房は部屋ごとに行うというのが一番、上手いやり方です。

 

それでも吹き抜けを採用したいというならば、場所によるでしょう。

 

リビングなど居住スペースを吹き抜けにする、それも寒冷地で、、、最悪の選択といえます。

 

外断熱にする意味が薄れてしまうのです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

外断熱のリフォームは危険?私は外断熱へのリフォームは避ける
外断熱はシロアリの餌食!基礎断熱がシロアリを増殖させる恐怖
木造なら外断熱と充填断熱どちらも変わらないって本当?
ローコスト住宅で外断熱は不可能な理由とローコスト住宅の注意点
外断熱と24時間換気の関係について機能と注意点をご紹介
外断熱を最大限活用された3階建ての事例が勉強になりました
外断熱のエアコン選びは慎重に?エアコンは除湿モードが鍵だ
エアサイクルの外断熱にしたいけどデメリットが見つからない
エコサームの湿式外断熱工法が良さそう!RC造の外断熱に注目
外断熱はカビとの闘い基礎外断熱は換気でカビの発生を抑える
スウェーデンハウスの外断熱は完璧だと思う換気も防音も凄い
外断熱で外壁をタイルにしたいがタイルに適した外断熱は少ない
外断熱でベランダはヒートブリッジに!ベランダを作らない設計
ミサワホームの外断熱は内部結露しないPALC外壁が優秀!
防水に優れた外断熱でも外壁のメンテナンスは必須です
外断熱リフォームの効果は抜群、しかし費用は高額
北海道なら外断熱にリフォームするのは必須!お安く済ませたい
ルーフバルコニーへの外断熱施工やリフォームは一苦労
外断熱効果も高いレンガは理想の外壁材リフォームにも最適
なんたお外断熱に特化したグラスウールが好評発売中?
外断熱と内断熱ダブルで施工する一条工務店
数多外壁が原因の雨漏り外断熱の施工時には充分に注意を
外断熱と屋上防水の同時施工は効率が良くて効果的です
外断熱に防音を期待するのは間違い外壁より窓を意識する!
サイディングを施工すると同時に外断熱をおこなう考え方
外断熱だから火災に弱い!こんな風にいわれていますけれど、、、
外断熱の改修で得られる効果は?やはり限定的なのか。
外断熱と外張り断熱ですが断熱方法に違いは無かった!同じです。
外壁材に断熱効果?そして外断熱にも思わぬ落とし穴があった!
外断熱が寒い!?外断熱してるのに寒い場合は別のところに原因が!
換気の重要性が叫ばれるようになって外断熱の重要性もUPした!
外断熱は住宅の経年劣化の影響をうけやすいんですよ!
三井ホームのは内断熱だけろ外断熱にする必要は本当に無いのか?
外断熱と床暖房は魅惑の組み合わせだ!ぜひ新築時に導入しておきたい
外断熱の家の住み心地を体感するのは意外と困難なんだよな。。
出窓は外断熱効果を台無しにするぞ!オシャレな出窓が命取り!?
外断熱にしたのに家が地獄的に暑い!?そんなケースが増加中?
ベタ基礎の新常識!基礎外断熱と床下換気の関係を検証!
石油ファンヒーターと外断熱の住宅、相性はどうでしょうか?
積水ハウスは外断熱と内断熱のいい所取りをして成功した!?
全館空調の家に外断熱は必須?夢の全館空調のメリットデメリット
外断熱で窓の納まりをよくするために必要なこととは?
増築ならば外断熱を兼ねた外壁リフォームの効果は?
外断熱工法で太陽光を味方に!賢く稼げる家のススメ
外断熱工法は耐久性が高いってホント?その根拠を教えて!
外断熱の家は地震にも強い?耐震性の高さを裏付けるものとは
外断熱の家は暖房効率を上げるには?鍵となるのは設置場所
地下室に外断熱は不向き?じゃあ、どんな断熱法が良いの?
アイヌ人の知恵が詰まった地熱住宅。外断熱で極寒もカバー!
外断熱は蓄熱にも都合が良い!自然の熱を上手に生かす家作り
これからの注文住宅は外断熱が主流になるってホント!?
外断熱の家は坪単価も高い?内断熱との差にご注目!
外断熱の家は電気代が安くなるってホント?真相を知りたい!
土壁は断熱性がイマイチ!外断熱を組み合わせれば改善する?
外断熱と内断熱。コストパフォーマンスで選ぶならどっち?
外断熱は内断熱よりも高いって常識?価格差の背景にあるもの
外断熱の家は結露しにくい!内断熱と比べてわかる強さの秘密
外断熱と内断熱は併用もアリ!メリットとデメリットを要確認
外断熱よりも新しい!二重通気工法のメリット&デメリット
外断熱の家は部屋干しでもへっちゃら!雨の日も幸せな外断熱。
外断熱の平屋はシニアに快適。気になる価格情報をキャッチ!
外断熱×木造住宅の組み合わせは実は危険!?欠点に着目!
輸入住宅といえば外断熱?日本の住宅との決定的な違いは?
北海道は外断熱よりグラスウールが優勢!気になる断熱性は?
無印良品の家は外断熱だけじゃない!ダブル断熱で時代を先取り
無垢材×外断熱の黄金コンビで寒~い冬もほっこりポカポカ!
外断熱の家はシロアリに弱い!保証内容はどうなってるの?
外断熱の家は省エネ住宅。対象となる補助金制度をチェック!
外断熱の家は防音性も高い!内断熱と比較してみるとどう?