外断熱 暖房

MENU

外断熱の家は暖房効率を上げるには?鍵となるのは設置場所

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外断熱工法の家の断熱効率について知っておくべき基礎知識をまとめました。

 

外断熱工法は内断熱よりも冷暖房の効率が良いと言われていますが、それは一体ナゼなのでしょうか。

 

それを理解する鍵は、断熱材の入れ方。

 

構造の外か内側か、この違いが冷暖房の“効き”を左右するのです。

 

併せて、外断熱工法の家を効率よく温めて保温するために知っておきたい秘訣とは!?

 

外断熱とか内断熱とか、素人には難しくてよくわからない?

 

いえいえ、その違いが家計(光熱費)を左右することもありますので、わからないなんて言ってはいられません!

 

まずはその構造の違いをおさらいしましょう。

 

外断熱は暖房の効率も良い!

近年は夏の暑さも厳しいものになっていますので、新築する際にも「夏は涼しい家なのか?エアコンの効率はどうなの?」という点が気になりますよね。

 

外断熱は、内断熱に比べて冷房の効率が良い(=一度冷えると、温度が変化しにくい)と言われています。

 

そのため「それなら外断熱で!」と飛びついてしまう方も多いかもしれませんが、では冬はどうなのでしょうか?

 

冷房の効率が良いということは、おそらく暖房もそうなんだろう・・・と予測されますが、本当にそうなのか。

 

北東北~北海道にお住まいの方にとっては最も重視したいポイントかもしれませんね。

 

私も北東北の出身ですが、冬の暖房にかかる費用(主には灯油代)はかなりのものですから・・・。(冬のために「灯油貯金」をしているお宅もあるくらいです)

 

実際のところ、暖房に関してもやはり内断熱よりも外断熱のほうが効率が良いのだとか。

 

家が暖まるまでは時間がかかるものの、一度暖まってしまえばそれを長く保温する機能に長けているのです。

 

外断熱はなぜ暖房効率が良いの?

外断熱工法で建てられた家は、家の構造を外側からすっぽりと断熱材で覆うような形になっています。

 

例えてみれば、からだにぴったりとフィットするコート(しかも、かなり防寒力の高い素材の)を羽織るようなイメージでしょうか。

 

構造物の間を断熱材で充填させる内断熱とは違って断熱材の隙間ができにくいので、家の中を温めたり冷やしたりする際の“ロス”が少ないのが外断熱の強みです。

 

少しでも隙間があるとそこから熱や冷気が逃げてしまうので、それだけ冷暖房の効率は落ちてしまいますからね。

 

また、小屋裏や床下も一緒に温められるという点で、本当の意味で「家全体を保温できる」と言えるのです。

 

暖房をどこにつけるか?がポイント!

最近の新築住宅は外断熱工法の家が増えており、「1台の暖房で家全体を温めている」というケースも多いようです。

 

また、エアコンやストーブは使わず全館床暖房だけで家を温めているお宅も少なくありません。

 

「各部屋が扉で仕切られていて、それぞれの部屋に暖房があって、廊下やトイレに行くとその温度差に凍える・・・。」

 

なんて、うちの実家のような家はもう「化石」みたいなものってことですね・・・。

 

でも、いくら外断熱といっても、たった1台の暖房で家全体を温めることなんて本当にできるのでしょうか?

 

温かい空気は高いところに昇っていきますよね?だとしたら、2階リビングでそこに暖房を設置したら1階は暖まらないのでは?

 

これについては、「暖房を設置する場所」がポイントになるとか!

 

家の中で一番寒い場所に設置するというのが、家全体を均一に温めるコツなんですって。

 

我が家で言うと、玄関付近(しょっちゅうドアを開けるため、冷たい外気が入り込みやすい)ということになりますねえ。

 

実際に外断熱工法で家を建てた方の話によれば、この方法だと1階と2階の間で約2度の温度差はあったものの、家中どこにいても「寒ッ」と感じることはないのだとか。

 

なるほど・・・言われてみれば、雪国の家やお店は玄関にストーブがある建物が多い気がします。

 

入った瞬間が温かいと、気分もほっこりしますしね。

 

外断熱工法で暖房効率がイマイチ・・・という方は、ストーブの位置を変えてみるというのが打開策かもしれません!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

外断熱のリフォームは危険?私は外断熱へのリフォームは避ける
外断熱はシロアリの餌食!基礎断熱がシロアリを増殖させる恐怖
木造なら外断熱と充填断熱どちらも変わらないって本当?
ローコスト住宅で外断熱は不可能な理由とローコスト住宅の注意点
外断熱と24時間換気の関係について機能と注意点をご紹介
外断熱を最大限活用された3階建ての事例が勉強になりました
外断熱のエアコン選びは慎重に?エアコンは除湿モードが鍵だ
エアサイクルの外断熱にしたいけどデメリットが見つからない
エコサームの湿式外断熱工法が良さそう!RC造の外断熱に注目
外断熱はカビとの闘い基礎外断熱は換気でカビの発生を抑える
スウェーデンハウスの外断熱は完璧だと思う換気も防音も凄い
外断熱で外壁をタイルにしたいがタイルに適した外断熱は少ない
外断熱でベランダはヒートブリッジに!ベランダを作らない設計
ミサワホームの外断熱は内部結露しないPALC外壁が優秀!
防水に優れた外断熱でも外壁のメンテナンスは必須です
外断熱リフォームの効果は抜群、しかし費用は高額
北海道なら外断熱にリフォームするのは必須!お安く済ませたい
ルーフバルコニーへの外断熱施工やリフォームは一苦労
外断熱効果も高いレンガは理想の外壁材リフォームにも最適
なんたお外断熱に特化したグラスウールが好評発売中?
外断熱と内断熱ダブルで施工する一条工務店
数多外壁が原因の雨漏り外断熱の施工時には充分に注意を
外断熱と屋上防水の同時施工は効率が良くて効果的です
外断熱に防音を期待するのは間違い外壁より窓を意識する!
サイディングを施工すると同時に外断熱をおこなう考え方
外断熱だから火災に弱い!こんな風にいわれていますけれど、、、
外断熱の改修で得られる効果は?やはり限定的なのか。
外断熱と外張り断熱ですが断熱方法に違いは無かった!同じです。
外壁材に断熱効果?そして外断熱にも思わぬ落とし穴があった!
外断熱が寒い!?外断熱してるのに寒い場合は別のところに原因が!
換気の重要性が叫ばれるようになって外断熱の重要性もUPした!
外断熱は住宅の経年劣化の影響をうけやすいんですよ!
三井ホームのは内断熱だけろ外断熱にする必要は本当に無いのか?
外断熱と床暖房は魅惑の組み合わせだ!ぜひ新築時に導入しておきたい
外断熱の家の住み心地を体感するのは意外と困難なんだよな。。
出窓は外断熱効果を台無しにするぞ!オシャレな出窓が命取り!?
外断熱にしたのに家が地獄的に暑い!?そんなケースが増加中?
ベタ基礎の新常識!基礎外断熱と床下換気の関係を検証!
外断熱なら吹き抜けは避けるべき?断熱効果を下げる吹き抜け
石油ファンヒーターと外断熱の住宅、相性はどうでしょうか?
積水ハウスは外断熱と内断熱のいい所取りをして成功した!?
全館空調の家に外断熱は必須?夢の全館空調のメリットデメリット
外断熱で窓の納まりをよくするために必要なこととは?
増築ならば外断熱を兼ねた外壁リフォームの効果は?
外断熱工法で太陽光を味方に!賢く稼げる家のススメ
外断熱工法は耐久性が高いってホント?その根拠を教えて!
外断熱の家は地震にも強い?耐震性の高さを裏付けるものとは
地下室に外断熱は不向き?じゃあ、どんな断熱法が良いの?
アイヌ人の知恵が詰まった地熱住宅。外断熱で極寒もカバー!
外断熱は蓄熱にも都合が良い!自然の熱を上手に生かす家作り
これからの注文住宅は外断熱が主流になるってホント!?
外断熱の家は坪単価も高い?内断熱との差にご注目!
外断熱の家は電気代が安くなるってホント?真相を知りたい!
土壁は断熱性がイマイチ!外断熱を組み合わせれば改善する?
外断熱と内断熱。コストパフォーマンスで選ぶならどっち?
外断熱は内断熱よりも高いって常識?価格差の背景にあるもの
外断熱の家は結露しにくい!内断熱と比べてわかる強さの秘密
外断熱と内断熱は併用もアリ!メリットとデメリットを要確認
外断熱よりも新しい!二重通気工法のメリット&デメリット
外断熱の家は部屋干しでもへっちゃら!雨の日も幸せな外断熱。
外断熱の平屋はシニアに快適。気になる価格情報をキャッチ!
外断熱×木造住宅の組み合わせは実は危険!?欠点に着目!
輸入住宅といえば外断熱?日本の住宅との決定的な違いは?
北海道は外断熱よりグラスウールが優勢!気になる断熱性は?
無印良品の家は外断熱だけじゃない!ダブル断熱で時代を先取り
無垢材×外断熱の黄金コンビで寒~い冬もほっこりポカポカ!
外断熱の家はシロアリに弱い!保証内容はどうなってるの?
外断熱の家は省エネ住宅。対象となる補助金制度をチェック!
外断熱の家は防音性も高い!内断熱と比較してみるとどう?