外断熱 リフォーム

MENU

外断熱のリフォームは危険?私は外断熱へのリフォームは避ける

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

私は高気密高断熱住宅に憧れを持っています。

 

将来は外断熱の家に住み、光熱費の負担を減らしたいと考えています。

 

そこで、リフォームで外断熱にするとどうなるのか気になったので調べてみたのですが、意外な結果に驚きました。

 

リフォームで外断熱工法を取り入れることは危険性が高い!

外断熱工法は、非常に気密性が高く、もちろん断熱性も高い夢のような住宅の構造です。

 

柱などの外側に断熱材をグルっと一周回してしまうことで、外気の侵入と、内側の快適な状態にある空気が排出されることを防いでくれうわけです。

 

ですが、リフォームでこの外断熱工法を取り入れることは、実は非常に危険性が高いということが分かりました。

 

それはなぜか、実際に以下の様な問題で悩んでいる人が少なからずいらっしゃるからです。

 

外断熱にリフォームすることでカビが発生する可能性がある

外断熱にリフォームすることで、高気密高断熱住宅になります。

 

しかし、その工法のレベルが低いと、

 

湿気の逃げ場がない

 

住宅を作ってしまい、結果、カビの大量発生が起こってしまうという怖い現実が待っているかもしれません。

 

カビが大量発生するということは、アレルゲンの原因となる物質に囲まれて暮らすようなものですが、身体にとって良いとは言えません。

 

多少のカビが生えるのは問題ないでしょうが、大量発生するのは本当に困ります。

 

一度発生してしまうと、手の施しようが無い場合もあります。

 

このカビが大量発生する理由は、外側に施工した断熱材が湿気を遮断するのですが、それが仇となり、外からの湿気の侵入だけでなく、室内の湿気が外に出ていこうとするのを防いでしまうのです。

 

家の中だって湿気は発生しますから、その湿気が逃げずに壁周辺に溜まれば、外との温度差によって結露が発生することは簡単に想像できます。

 

そして、その結露が原因となってカビが発生するということですね。

 

乾燥させない浴室のようなものだと思ってもらうと、この恐ろしさがイメージしやすいと思います。

 

材料が重いため古い木造の骨格では構造的に問題が生じる可能性がある

もう1点、気をつけておきたいポイントとしては、

 

リフォームする家の構造が外断熱工法に耐えられるか

 

という点です。

 

これは大掛かりなリフォームをする場合と、太陽光発電の設備を取り付ける際にも気をつけておきたいことですが、今住んでいる家の構造が、重量のある部材を支えられるかどうかが重要です。

 

もし、家の構造が弱いのに外断熱工法に必要となる重量級の部材を取り付けるとなると、

 

耐震性悪化
最悪の場合、
外壁の脱落

 

などの可能性もあると聞きました。

 

外壁が脱落するなんて考えられませんが、実際に発生することがあるようですから、施工をお願いするリフォーム会社の判断だけでなく、しっかりした専門機関を利用してダブルで調査する必要があると私は考えています。

 

リフォームで外断熱を施工するなら施工業者の選定が超重要!

こうやってリフォームの現実を調べてみて分かったのですが、やはり業者選定が非常に重要だと言えます。

 

外断熱工法については、高度な技術でありますから、経験の少ない工務店やリフォーム会社にお願いするのはリスクが高いでしょう。

 

ですから、私がもし外断熱のリフォームをこの先検討するならば、

 

外断熱工法のリフォーム実績が多い工務店を探す
何社も相見積もりをとり比較する
価格だけでなく担当者の知識・技術が高いか確認する

 

この3点を注意深く実施することでしょう。

 

価格については、安すぎても問題(材料が安いものになっていて、断熱効果が得られない設計になっている場合がある)が発生する可能性もありますから、適正価格で販売している真っ当な工務店を見つけることが大切だと考えます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

外断熱はシロアリの餌食!基礎断熱がシロアリを増殖させる恐怖
木造なら外断熱と充填断熱どちらも変わらないって本当?
ローコスト住宅で外断熱は不可能な理由とローコスト住宅の注意点
外断熱と24時間換気の関係について機能と注意点をご紹介
外断熱を最大限活用された3階建ての事例が勉強になりました
外断熱のエアコン選びは慎重に?エアコンは除湿モードが鍵だ
エアサイクルの外断熱にしたいけどデメリットが見つからない
エコサームの湿式外断熱工法が良さそう!RC造の外断熱に注目
外断熱はカビとの闘い基礎外断熱は換気でカビの発生を抑える
スウェーデンハウスの外断熱は完璧だと思う換気も防音も凄い
外断熱で外壁をタイルにしたいがタイルに適した外断熱は少ない
外断熱でベランダはヒートブリッジに!ベランダを作らない設計
ミサワホームの外断熱は内部結露しないPALC外壁が優秀!
防水に優れた外断熱でも外壁のメンテナンスは必須です
外断熱リフォームの効果は抜群、しかし費用は高額
北海道なら外断熱にリフォームするのは必須!お安く済ませたい
ルーフバルコニーへの外断熱施工やリフォームは一苦労
外断熱効果も高いレンガは理想の外壁材リフォームにも最適
なんたお外断熱に特化したグラスウールが好評発売中?
外断熱と内断熱ダブルで施工する一条工務店
数多外壁が原因の雨漏り外断熱の施工時には充分に注意を
外断熱と屋上防水の同時施工は効率が良くて効果的です
外断熱に防音を期待するのは間違い外壁より窓を意識する!
サイディングを施工すると同時に外断熱をおこなう考え方
外断熱だから火災に弱い!こんな風にいわれていますけれど、、、
外断熱の改修で得られる効果は?やはり限定的なのか。
外断熱と外張り断熱ですが断熱方法に違いは無かった!同じです。
外壁材に断熱効果?そして外断熱にも思わぬ落とし穴があった!
外断熱が寒い!?外断熱してるのに寒い場合は別のところに原因が!
換気の重要性が叫ばれるようになって外断熱の重要性もUPした!
外断熱は住宅の経年劣化の影響をうけやすいんですよ!
三井ホームのは内断熱だけろ外断熱にする必要は本当に無いのか?
外断熱と床暖房は魅惑の組み合わせだ!ぜひ新築時に導入しておきたい
外断熱の家の住み心地を体感するのは意外と困難なんだよな。。
出窓は外断熱効果を台無しにするぞ!オシャレな出窓が命取り!?
外断熱にしたのに家が地獄的に暑い!?そんなケースが増加中?
ベタ基礎の新常識!基礎外断熱と床下換気の関係を検証!
外断熱なら吹き抜けは避けるべき?断熱効果を下げる吹き抜け
石油ファンヒーターと外断熱の住宅、相性はどうでしょうか?
積水ハウスは外断熱と内断熱のいい所取りをして成功した!?
全館空調の家に外断熱は必須?夢の全館空調のメリットデメリット
外断熱で窓の納まりをよくするために必要なこととは?
増築ならば外断熱を兼ねた外壁リフォームの効果は?
外断熱工法で太陽光を味方に!賢く稼げる家のススメ
外断熱工法は耐久性が高いってホント?その根拠を教えて!
外断熱の家は地震にも強い?耐震性の高さを裏付けるものとは
外断熱の家は暖房効率を上げるには?鍵となるのは設置場所
地下室に外断熱は不向き?じゃあ、どんな断熱法が良いの?
アイヌ人の知恵が詰まった地熱住宅。外断熱で極寒もカバー!
外断熱は蓄熱にも都合が良い!自然の熱を上手に生かす家作り
これからの注文住宅は外断熱が主流になるってホント!?
外断熱の家は坪単価も高い?内断熱との差にご注目!
外断熱の家は電気代が安くなるってホント?真相を知りたい!
土壁は断熱性がイマイチ!外断熱を組み合わせれば改善する?
外断熱と内断熱。コストパフォーマンスで選ぶならどっち?
外断熱は内断熱よりも高いって常識?価格差の背景にあるもの
外断熱の家は結露しにくい!内断熱と比べてわかる強さの秘密
外断熱と内断熱は併用もアリ!メリットとデメリットを要確認
外断熱よりも新しい!二重通気工法のメリット&デメリット
外断熱の家は部屋干しでもへっちゃら!雨の日も幸せな外断熱。
外断熱の平屋はシニアに快適。気になる価格情報をキャッチ!
外断熱×木造住宅の組み合わせは実は危険!?欠点に着目!
輸入住宅といえば外断熱?日本の住宅との決定的な違いは?
北海道は外断熱よりグラスウールが優勢!気になる断熱性は?
無印良品の家は外断熱だけじゃない!ダブル断熱で時代を先取り
無垢材×外断熱の黄金コンビで寒~い冬もほっこりポカポカ!
外断熱の家はシロアリに弱い!保証内容はどうなってるの?
外断熱の家は省エネ住宅。対象となる補助金制度をチェック!
外断熱の家は防音性も高い!内断熱と比較してみるとどう?