外断熱 二重通気工法

MENU

外断熱よりも新しい!二重通気工法のメリット&デメリット

断熱工法というと、一般的には「内断熱か、外断熱」の二者選択かと思われるかもしれません。

 

しかし!ここで注目したいのは、外断熱にさらに「二重通気工法」を組み合わせた断熱工法。

 

通気というからには、どこかに空気を通す仕組みがあるということ?

 

それはいったい、どこに?

 

ここでは、疑問がいっぱいの二重通気工法の特徴についてまとめてみました。

 

内断熱が主流だった日本では、外断熱工法もようやく定着し始めたところ。

 

そんな中、さらに先を行く「外断熱+二重通気工法」という工法が登場しているとか!

 

それって一体、どんな工法の家なのでしょうか?

 

外断熱二重通気工法ってどんなの!?

建物を外側からすっぽりと断熱材で包み込むのが外断熱工法。

 

・・・というところまでは知っていても、「外断熱+二重通気工法」については知らない!という方も多いのではないでしょうか?

 

私もこの言葉、初めて聞きました・・・。

 

これは、断熱材と内壁の間に空気層を設ける工法で、構造体の風通しを良くして熱や湿気がこもらないようにするための手法です。

 

つまり、外側から「外壁 断熱材 (空気層) 構造躯体(柱、梁など) 内壁」という構成になっているんですよ。

 

実際に外断熱・二重通気工法を採用している商品としては、サーラ住宅が販売している「ソーラーサーキットの家」というのが有名ですね。

 

開閉式のダンパーがついていて、季節に応じて開けたり閉めたりすることで熱の排出をコントロールすることができるんですって!

 

どんな強みがあるの?

外断熱+二重通気工法の家の最大の特長は、冬が温かいこと。

 

内断熱とは違って柱も丸ごと断熱材で包み込む形になりますので、「せっかくエアコンで温めたのに熱が逃げてしまう」ということが起こりにくいのです。

 

でも、そうなると夏の暑さが心配ですよね。

 

外断熱で熱を逃がしにくい家って、夏はめちゃくちゃ暑いんではないの!?と。

 

しかし、二重通気工法の家は建物の内側に籠った熱を空気層を通じて外に逃がすことができますので、普通の外断熱に比べて圧倒的に涼しい!という強みがあります。

 

保温性が高く、しかも余分な熱を溜め込まないってスゴイ性能ですね。

 

ソーラーサーキットの家だと、さきほどもご紹介した通りダンパーがついていて、外気の温度変化に合わせて自動的に開閉するのだとか。

 

暑くてジメジメする夏場は涼しく、木枯らしが吹く冬場は暖かく。

 

外断熱・二重通気工法の家なら、365日24時間、居心地の良い温度・湿度をキープすることができるということです。

 

これは、人にとって住み心地が良いだけではなく、家の建材の寿命を延ばすという意味でも優れた性質だと言えるでしょう。

 

さらに、家全体が外断熱で覆われていますので、部屋と部屋の間の温度差が少ないというのも強みの一つ。

 

高齢者に多いヒートショックを予防することができるということで、ある意味では健康住宅とも言えるんですよ。

 

イイ話ばかりじゃない!弱点もチェックしておこう

ただ、外断熱・二重通気工法は日本ではあまり普及していない特殊な工法になりますので、建築コストが割高になるというデメリットがあります。

 

外断熱用の断熱材は単価が高いですし、通気層を設ける分だけ外壁も厚くする必要があるのです。

 

また、広く普及している内断熱に比べて技術的に難易度が高いため、人件費も高くつくんですね。

 

機能性の面でも、「一度暖まってしまえば保温性は高いものの、構造体が冷え切ってしまうと暖まるまで時間がかかる」という弱点があります。

 

二重通気工法だと通気層を通じて熱を完全に排出してしまうため、暖房を停止した状態が長く続くと家が完全に冷え切ってしまうんですね。

 

このように、完璧に見える外断熱・二重通気工法にも弱点はあります。

 

日本でまだあまり広く普及していない特別な工法!と聞くと、新しい物好きな方はついつい飛びついてしまうかもしれませんが・・・。(まさに私がそのタイプです!)

 

従来の内断熱や外断熱との違いを細かい部分まで比較した上で判断されることをオススメします。

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい「外壁選び」のポイント&体験談

外断熱のリフォームは危険?私は外断熱へのリフォームは避ける
外断熱はシロアリの餌食!基礎断熱がシロアリを増殖させる恐怖
木造なら外断熱と充填断熱どちらも変わらないって本当?
ローコスト住宅で外断熱は不可能な理由とローコスト住宅の注意点
外断熱と24時間換気の関係について機能と注意点をご紹介
外断熱を最大限活用された3階建ての事例が勉強になりました
外断熱のエアコン選びは慎重に?エアコンは除湿モードが鍵だ
エアサイクルの外断熱にしたいけどデメリットが見つからない
エコサームの湿式外断熱工法が良さそう!RC造の外断熱に注目
外断熱はカビとの闘い基礎外断熱は換気でカビの発生を抑える
スウェーデンハウスの外断熱は完璧だと思う換気も防音も凄い
外断熱で外壁をタイルにしたいがタイルに適した外断熱は少ない
外断熱でベランダはヒートブリッジに!ベランダを作らない設計
ミサワホームの外断熱は内部結露しないPALC外壁が優秀!
防水に優れた外断熱でも外壁のメンテナンスは必須です
外断熱リフォームの効果は抜群、しかし費用は高額
北海道なら外断熱にリフォームするのは必須!お安く済ませたい
ルーフバルコニーへの外断熱施工やリフォームは一苦労
外断熱効果も高いレンガは理想の外壁材リフォームにも最適
なんたお外断熱に特化したグラスウールが好評発売中?
外断熱と内断熱ダブルで施工する一条工務店
数多外壁が原因の雨漏り外断熱の施工時には充分に注意を
外断熱と屋上防水の同時施工は効率が良くて効果的です
外断熱に防音を期待するのは間違い外壁より窓を意識する!
サイディングを施工すると同時に外断熱をおこなう考え方
外断熱だから火災に弱い!こんな風にいわれていますけれど、、、
外断熱の改修で得られる効果は?やはり限定的なのか。
外断熱と外張り断熱ですが断熱方法に違いは無かった!同じです。
外壁材に断熱効果?そして外断熱にも思わぬ落とし穴があった!
外断熱が寒い!?外断熱してるのに寒い場合は別のところに原因が!
換気の重要性が叫ばれるようになって外断熱の重要性もUPした!
外断熱は住宅の経年劣化の影響をうけやすいんですよ!
三井ホームのは内断熱だけろ外断熱にする必要は本当に無いのか?
外断熱と床暖房は魅惑の組み合わせだ!ぜひ新築時に導入しておきたい
外断熱の家の住み心地を体感するのは意外と困難なんだよな。。
出窓は外断熱効果を台無しにするぞ!オシャレな出窓が命取り!?
外断熱にしたのに家が地獄的に暑い!?そんなケースが増加中?
ベタ基礎の新常識!基礎外断熱と床下換気の関係を検証!
外断熱なら吹き抜けは避けるべき?断熱効果を下げる吹き抜け
石油ファンヒーターと外断熱の住宅、相性はどうでしょうか?
積水ハウスは外断熱と内断熱のいい所取りをして成功した!?
全館空調の家に外断熱は必須?夢の全館空調のメリットデメリット
外断熱で窓の納まりをよくするために必要なこととは?
増築ならば外断熱を兼ねた外壁リフォームの効果は?
外断熱工法で太陽光を味方に!賢く稼げる家のススメ
外断熱工法は耐久性が高いってホント?その根拠を教えて!
外断熱の家は地震にも強い?耐震性の高さを裏付けるものとは
外断熱の家は暖房効率を上げるには?鍵となるのは設置場所
地下室に外断熱は不向き?じゃあ、どんな断熱法が良いの?
アイヌ人の知恵が詰まった地熱住宅。外断熱で極寒もカバー!
外断熱は蓄熱にも都合が良い!自然の熱を上手に生かす家作り
これからの注文住宅は外断熱が主流になるってホント!?
外断熱の家は坪単価も高い?内断熱との差にご注目!
外断熱の家は電気代が安くなるってホント?真相を知りたい!
土壁は断熱性がイマイチ!外断熱を組み合わせれば改善する?
外断熱と内断熱。コストパフォーマンスで選ぶならどっち?
外断熱は内断熱よりも高いって常識?価格差の背景にあるもの
外断熱の家は結露しにくい!内断熱と比べてわかる強さの秘密
外断熱と内断熱は併用もアリ!メリットとデメリットを要確認
外断熱の家は部屋干しでもへっちゃら!雨の日も幸せな外断熱。
外断熱の平屋はシニアに快適。気になる価格情報をキャッチ!
外断熱×木造住宅の組み合わせは実は危険!?欠点に着目!
輸入住宅といえば外断熱?日本の住宅との決定的な違いは?
北海道は外断熱よりグラスウールが優勢!気になる断熱性は?
無印良品の家は外断熱だけじゃない!ダブル断熱で時代を先取り
無垢材×外断熱の黄金コンビで寒~い冬もほっこりポカポカ!
外断熱の家はシロアリに弱い!保証内容はどうなってるの?
外断熱の家は省エネ住宅。対象となる補助金制度をチェック!
外断熱の家は防音性も高い!内断熱と比較してみるとどう?