外断熱 地熱住宅

MENU

アイヌ人の知恵が詰まった地熱住宅。外断熱で極寒もカバー!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

地熱住宅に外断熱工法が採用されている理由について調べてみました。

 

地中に蓄えられた太陽光の熱を使って家を温めるという地熱住宅が人気を集めています。

 

地中からいただいた熱を利用するには、それを逃がさない工夫が必要ですが・・・

 

さて、地熱住宅で使われているのは外断熱でしょうか、内断熱でしょうか?

 

今回は、地熱住宅と外断熱の相性についてまとめてみました。

 

アイヌ人も採用していたと言われる「地熱住宅」のアイデア。

 

具体的に、どうやって家を温めるの?

 

地熱住宅ってどんな家?

一部の動物たちは、土の中に潜り込んで冬を過ごしますよね。

 

それは、土の中が温かいから。

 

夏の間、太陽によって温められた土は、その熱を少しずつ地中深くに伝えていきます。

 

地下(地上から約5mまで)を温めるには約半年かかりますので、地中の温度は「夏は冷たくて、冬は温かい」。

 

つまり、地上の環境とは逆なんです。

 

冬の間は土の中が天然の地熱住宅になりますので、動物たちにとっては居心地が良いというわけ!

 

実際、普通の住宅でも、地下室というのは1階や2階に比べて1年を通じて温度変化が少なく(15度~20度で安定しています。)冬場も比較的温かいのだとか。

 

大地には太陽の熱を蓄える性質がありますので、その「地熱」をうまく活用すれば家を温めることができるんですね。

 

最近は、この地熱を利用して家全体を温めるシステムを搭載した地熱住宅も増えているようです。

 

その場合は、家の外から熱を取り入れるということですよね。

 

断熱性能が高いと言われている外断熱工法だと、その熱の動きを断つことになりませんか?

 

つまり、普通に考えると「外断熱工法は地熱住宅には向いていないのではないか」と推測されますが、実際はどうなんでしょうか。

 

地熱住宅は外断熱工法と相性が良い

意外でしたが、地熱住宅は外断熱工法を採用しているケースが多いよう。

 

なぜか?というと、断熱性の低い家だとせっかく地熱を使って温めてもその熱が外に逃げて行ってしまうから。

 

大地から取り込んだ熱をパッキングしておくためにも、地熱住宅には断熱性の高い外断熱工法を採用するのがベストなんだそうです。

 

外断熱の場合は家の構造体を外側から断熱材ですっぽりと覆うような形になっており、地熱で温められた空気は断熱材と構造体の間にできる隙間を通って上昇していくんですって。

 

※ポイントは、床下部分は大地に触れているということです。床下にも断熱材を入れてしまうと、地熱の利用効率が落ちてしまいますからね!

 

なんと、アイヌの時代にもすでにこのような工法(地熱住宅&外断熱)が用いられていたのだとか。

 

雪が断熱材の役目を果たしていたため、真冬の北海道でも地面からの自然放熱で住居を温めることができていたんですよ!

 

通気性や放湿性もバッチリ!

最近は、基礎部分も外側から断熱する「完全外断熱」という工法を採用しているメーカーも出てきています。

 

そうすることによって家を切れ目なく断熱材で覆うことができますので、断熱性能がアップするのです。

 

なおかつ、床下~小屋裏まで断熱材と構造体の間に空気の通り道を確保していますから、湿気がこもって建材が腐ってしまうというリスクも低いんですって。

 

この「家の耐久性を高める」「家が長持ちする」というのも断熱工法の強みですよね。

 

これまで、新しい建築技術が次々に生み出されてきたわけですが、今になってアイヌの地熱住宅のすばらしさが見直されているとは・・・まさに原点回帰!

 

限られた物を使って工夫して家族を守っていた時代の知恵は、時として科学技術を上回ることもあるということを表す良い例ですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

同じカテゴリの記事

外断熱のリフォームは危険?私は外断熱へのリフォームは避ける
外断熱はシロアリの餌食!基礎断熱がシロアリを増殖させる恐怖
木造なら外断熱と充填断熱どちらも変わらないって本当?
ローコスト住宅で外断熱は不可能な理由とローコスト住宅の注意点
外断熱と24時間換気の関係について機能と注意点をご紹介
外断熱を最大限活用された3階建ての事例が勉強になりました
外断熱のエアコン選びは慎重に?エアコンは除湿モードが鍵だ
エアサイクルの外断熱にしたいけどデメリットが見つからない
エコサームの湿式外断熱工法が良さそう!RC造の外断熱に注目
外断熱はカビとの闘い基礎外断熱は換気でカビの発生を抑える
スウェーデンハウスの外断熱は完璧だと思う換気も防音も凄い
外断熱で外壁をタイルにしたいがタイルに適した外断熱は少ない
外断熱でベランダはヒートブリッジに!ベランダを作らない設計
ミサワホームの外断熱は内部結露しないPALC外壁が優秀!
防水に優れた外断熱でも外壁のメンテナンスは必須です
外断熱リフォームの効果は抜群、しかし費用は高額
北海道なら外断熱にリフォームするのは必須!お安く済ませたい
ルーフバルコニーへの外断熱施工やリフォームは一苦労
外断熱効果も高いレンガは理想の外壁材リフォームにも最適
なんたお外断熱に特化したグラスウールが好評発売中?
外断熱と内断熱ダブルで施工する一条工務店
数多外壁が原因の雨漏り外断熱の施工時には充分に注意を
外断熱と屋上防水の同時施工は効率が良くて効果的です
外断熱に防音を期待するのは間違い外壁より窓を意識する!
サイディングを施工すると同時に外断熱をおこなう考え方
外断熱だから火災に弱い!こんな風にいわれていますけれど、、、
外断熱の改修で得られる効果は?やはり限定的なのか。
外断熱と外張り断熱ですが断熱方法に違いは無かった!同じです。
外壁材に断熱効果?そして外断熱にも思わぬ落とし穴があった!
外断熱が寒い!?外断熱してるのに寒い場合は別のところに原因が!
換気の重要性が叫ばれるようになって外断熱の重要性もUPした!
外断熱は住宅の経年劣化の影響をうけやすいんですよ!
三井ホームのは内断熱だけろ外断熱にする必要は本当に無いのか?
外断熱と床暖房は魅惑の組み合わせだ!ぜひ新築時に導入しておきたい
外断熱の家の住み心地を体感するのは意外と困難なんだよな。。
出窓は外断熱効果を台無しにするぞ!オシャレな出窓が命取り!?
外断熱にしたのに家が地獄的に暑い!?そんなケースが増加中?
ベタ基礎の新常識!基礎外断熱と床下換気の関係を検証!
外断熱なら吹き抜けは避けるべき?断熱効果を下げる吹き抜け
石油ファンヒーターと外断熱の住宅、相性はどうでしょうか?
積水ハウスは外断熱と内断熱のいい所取りをして成功した!?
全館空調の家に外断熱は必須?夢の全館空調のメリットデメリット
外断熱で窓の納まりをよくするために必要なこととは?
増築ならば外断熱を兼ねた外壁リフォームの効果は?
外断熱工法で太陽光を味方に!賢く稼げる家のススメ
外断熱工法は耐久性が高いってホント?その根拠を教えて!
外断熱の家は地震にも強い?耐震性の高さを裏付けるものとは
外断熱の家は暖房効率を上げるには?鍵となるのは設置場所
地下室に外断熱は不向き?じゃあ、どんな断熱法が良いの?
外断熱は蓄熱にも都合が良い!自然の熱を上手に生かす家作り
これからの注文住宅は外断熱が主流になるってホント!?
外断熱の家は坪単価も高い?内断熱との差にご注目!
外断熱の家は電気代が安くなるってホント?真相を知りたい!
土壁は断熱性がイマイチ!外断熱を組み合わせれば改善する?
外断熱と内断熱。コストパフォーマンスで選ぶならどっち?
外断熱は内断熱よりも高いって常識?価格差の背景にあるもの
外断熱の家は結露しにくい!内断熱と比べてわかる強さの秘密
外断熱と内断熱は併用もアリ!メリットとデメリットを要確認
外断熱よりも新しい!二重通気工法のメリット&デメリット
外断熱の家は部屋干しでもへっちゃら!雨の日も幸せな外断熱。
外断熱の平屋はシニアに快適。気になる価格情報をキャッチ!
外断熱×木造住宅の組み合わせは実は危険!?欠点に着目!
輸入住宅といえば外断熱?日本の住宅との決定的な違いは?
北海道は外断熱よりグラスウールが優勢!気になる断熱性は?
無印良品の家は外断熱だけじゃない!ダブル断熱で時代を先取り
無垢材×外断熱の黄金コンビで寒~い冬もほっこりポカポカ!
外断熱の家はシロアリに弱い!保証内容はどうなってるの?
外断熱の家は省エネ住宅。対象となる補助金制度をチェック!
外断熱の家は防音性も高い!内断熱と比較してみるとどう?