外断熱 部屋干し

MENU

外断熱の家は部屋干しでもへっちゃら!雨の日も幸せな外断熱。

外断熱工法の家はお部屋が乾燥しやすいので部屋干しで洗濯物が乾きやすいというメリットがあります。

 

実際、外断熱工法を採用しているメーカーでは「部屋干しできます!」という点をアピールしている業者が多いです。

 

それは一体ナゼなのか?

 

その理由や、家族が健康に暮らすために知っておきたい注意ポイントをみてみます。

 

お日様の元に干した服と、部屋干しした服。

 

見た目も着心地も、ぜ~んぜん違います!

 

しかし、外断熱工法の家なら、部屋干しでも天日干し並みの仕上がりになるってホント!?

 

家中がジメジメするのは勘弁!外断熱で部屋干しもカラッとね。

天気が悪い日のお洗濯物、本当に困りますよね。

 

我が家は軒が長いほうなので、よほど強い雨でもなければベランダにかけてしまいますが、結局乾かず、夜には部屋干しする羽目に・・・。

 

イイ香りのする柔軟剤を使えば生乾きのニオイはある程度はごまかせますが、仕上がりがいまいちパリッとしなくて気持ち悪いですよね。

 

太陽の光の殺菌作用の恩恵も受けられないので、布類には雑菌が繁殖しやすくなります。

 

家の中も、なんとなくジメ~ッとしますし、結露しやすくなったりしませんか?

 

その点、断熱性や気密性が高く、高性能の自動換気システムで空調を管理しているような家では、部屋干ししてもジメジメしないのだとか!

 

建物全体を断熱材ですっぽりと包み込む外断熱工法の家は、内断熱よりも気密性や断熱性が高いと言われていますから、部屋干しにも有利ということですね。

 

一度暖まると冷えにくく、一度冷えると暖まりにくいということで、エアコン効が良く1日の中での温度変化が少ないというメリットも!

 

結露(=空気中の水分が冷えて凝固する)も起こりにくいわけですから、部屋干ししても窓ガラスが水分でビシャビシャ・・・なんて最悪の事態になりにくいのです。

 

部屋干しするくらいでちょうど良い

内断熱工法に比べて結露しにくい!という点をアピールポイントとしている外断熱工法。

 

ですが、外断熱工法の家は「外気の影響を受けにくいので冬場でも常に温かい。でもその分、乾燥しやすい」という話も聞いたことがあります。

 

乾燥しやすい・・・って、なにかとウィルス性の病気が流行る冬場はちょっと不安ですよね。

 

私の友人も外断熱&自動換気システム搭載の家に住んでいますが、確かに冬場はお肌の乾燥ニキビが気になるそうです。

 

ただ、部屋干しすれば洗濯物の水分によってその乾燥がうまい具合に緩和されるのだとか。

 

「外断熱の家は、部屋干しするくらいでちょうど良いかもね」と、冬場は部屋干しがスタンダートのようでした。

 

真冬の朝、かじかむ手に息を吹きかけながらベランダで洗濯物を干すという罰ゲームのような生活から解放されているなんて羨ましい!

 

高断熱だからと言って換気しないのは危険!

とはいえ、外断熱の家だからといってほとんど換気もせず、洗濯物は部屋干し・・・という状態は好ましくないそうですよ。

 

自動換気システムの性能にもよりますが、高断熱な家でも湿気は溜まります。

 

それが窓の周りなど目に見える場所であれば良いのですが、壁の内部などで結露が起こってしまったら?

 

当然、建材は腐りますので建物の寿命を縮めることになりますよね。

 

外断熱の場合、内断熱に比べてそのようなケースはレアだと言われていますが、絶対に起こり得ないとは言い切れません。

 

新築した時点では寿命が50年以上の家だったはずが、気づけば30年ももたない!なんてことになったらどうしましょう!?

 

また、部屋干しが原因でクローゼット中に湿気が溜まり、そこにカビが生え、さらにそれをエサとするダニが繁殖・・・なんて恐ろしい展開も無きにしも非ず。

 

なにより、やっぱり洗濯物は部屋干しよりも天日干しが気持ち良いですよ!

 

晴れた日は、億劫がらずに洗濯物は外に干しましょう。

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


合わせて読みたい「外壁選び」のポイント&体験談

外断熱のリフォームは危険?私は外断熱へのリフォームは避ける
外断熱はシロアリの餌食!基礎断熱がシロアリを増殖させる恐怖
木造なら外断熱と充填断熱どちらも変わらないって本当?
ローコスト住宅で外断熱は不可能な理由とローコスト住宅の注意点
外断熱と24時間換気の関係について機能と注意点をご紹介
外断熱を最大限活用された3階建ての事例が勉強になりました
外断熱のエアコン選びは慎重に?エアコンは除湿モードが鍵だ
エアサイクルの外断熱にしたいけどデメリットが見つからない
エコサームの湿式外断熱工法が良さそう!RC造の外断熱に注目
外断熱はカビとの闘い基礎外断熱は換気でカビの発生を抑える
スウェーデンハウスの外断熱は完璧だと思う換気も防音も凄い
外断熱で外壁をタイルにしたいがタイルに適した外断熱は少ない
外断熱でベランダはヒートブリッジに!ベランダを作らない設計
ミサワホームの外断熱は内部結露しないPALC外壁が優秀!
防水に優れた外断熱でも外壁のメンテナンスは必須です
外断熱リフォームの効果は抜群、しかし費用は高額
北海道なら外断熱にリフォームするのは必須!お安く済ませたい
ルーフバルコニーへの外断熱施工やリフォームは一苦労
外断熱効果も高いレンガは理想の外壁材リフォームにも最適
なんたお外断熱に特化したグラスウールが好評発売中?
外断熱と内断熱ダブルで施工する一条工務店
数多外壁が原因の雨漏り外断熱の施工時には充分に注意を
外断熱と屋上防水の同時施工は効率が良くて効果的です
外断熱に防音を期待するのは間違い外壁より窓を意識する!
サイディングを施工すると同時に外断熱をおこなう考え方
外断熱だから火災に弱い!こんな風にいわれていますけれど、、、
外断熱の改修で得られる効果は?やはり限定的なのか。
外断熱と外張り断熱ですが断熱方法に違いは無かった!同じです。
外壁材に断熱効果?そして外断熱にも思わぬ落とし穴があった!
外断熱が寒い!?外断熱してるのに寒い場合は別のところに原因が!
換気の重要性が叫ばれるようになって外断熱の重要性もUPした!
外断熱は住宅の経年劣化の影響をうけやすいんですよ!
三井ホームのは内断熱だけろ外断熱にする必要は本当に無いのか?
外断熱と床暖房は魅惑の組み合わせだ!ぜひ新築時に導入しておきたい
外断熱の家の住み心地を体感するのは意外と困難なんだよな。。
出窓は外断熱効果を台無しにするぞ!オシャレな出窓が命取り!?
外断熱にしたのに家が地獄的に暑い!?そんなケースが増加中?
ベタ基礎の新常識!基礎外断熱と床下換気の関係を検証!
外断熱なら吹き抜けは避けるべき?断熱効果を下げる吹き抜け
石油ファンヒーターと外断熱の住宅、相性はどうでしょうか?
積水ハウスは外断熱と内断熱のいい所取りをして成功した!?
全館空調の家に外断熱は必須?夢の全館空調のメリットデメリット
外断熱で窓の納まりをよくするために必要なこととは?
増築ならば外断熱を兼ねた外壁リフォームの効果は?
外断熱工法で太陽光を味方に!賢く稼げる家のススメ
外断熱工法は耐久性が高いってホント?その根拠を教えて!
外断熱の家は地震にも強い?耐震性の高さを裏付けるものとは
外断熱の家は暖房効率を上げるには?鍵となるのは設置場所
地下室に外断熱は不向き?じゃあ、どんな断熱法が良いの?
アイヌ人の知恵が詰まった地熱住宅。外断熱で極寒もカバー!
外断熱は蓄熱にも都合が良い!自然の熱を上手に生かす家作り
これからの注文住宅は外断熱が主流になるってホント!?
外断熱の家は坪単価も高い?内断熱との差にご注目!
外断熱の家は電気代が安くなるってホント?真相を知りたい!
土壁は断熱性がイマイチ!外断熱を組み合わせれば改善する?
外断熱と内断熱。コストパフォーマンスで選ぶならどっち?
外断熱は内断熱よりも高いって常識?価格差の背景にあるもの
外断熱の家は結露しにくい!内断熱と比べてわかる強さの秘密
外断熱と内断熱は併用もアリ!メリットとデメリットを要確認
外断熱よりも新しい!二重通気工法のメリット&デメリット
外断熱の平屋はシニアに快適。気になる価格情報をキャッチ!
外断熱×木造住宅の組み合わせは実は危険!?欠点に着目!
輸入住宅といえば外断熱?日本の住宅との決定的な違いは?