ウレタン 屋根材

MENU

屋根に使うウレタン塗料。一軒家の屋根にも合うのか?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ウレタン塗料を使った屋根。

 

細かな所も塗りやすいウレタン塗料

 

一軒家の耐久性能についてこれるウレタン塗料はあるのでしょうか?

 

メリットやデメリットも踏まえ、屋根材に合った塗料を選びましょう!

 

事実耐久性だけで比較すると失敗するかも。

 

屋根にウレタン?

ウレタンと聞くとスポンジのような物を思い浮かべるかた多いのではないでしょうか?

 

ウレタンとは、カルボニア基を介してアミノ基とアルコール基が脱水縮合した化合物です。

 

これだけでは何を言っているのかさっぱり分かりませんね。

 

ウレタンというとスポンジみたいなものを想像されるかと思いますが、それは正確にはポリウレタンと呼ばれるもので、実際、家のアチコチで断熱材や防音材、などにも使われていますので、一概に関係ないとは言えないようです。

 

でも家の屋根と言ってウレタンが連想されるのは、塗料が多いようです。

 

ウレタン塗料って?

ウレタン塗料と言いますが、一時期は画期的な塗料として多くの素材に使われていました。

 

ウレタン塗料が流行する前は、アクリル塗料が主流でしたが、3年程で劣化が始まってしまう位の貧弱な塗料が主流だったのです。

 

今のウレタン塗料の使用用途が幅広く、プラスチックや鉄板、トタンなどにも密着性が高く、公共物件の外部塗装材などにも多く使用されています。

 

今では、アパートの外壁や屋根はもちろん、工場、集合住宅等に屋根等に塗装されているのです。

 

メーカーによってはシリコン樹脂よりも耐久性能に優れ、寿命が長い塗料もあるので、あなどれません。

 

ウレタン塗料は一般的に2液型になっていて、一度塗料を作ってしまうと硬化剤を入れたその時から硬化が始まり、化学反応を起こします。

 

この化学反応が網目構造を形成し、緻密な塗膜性能を発揮するのです。

 

ですので、外壁や屋根などの細かい部分に最適に塗布することができるわけですね。

 

ウレタン塗料の特徴としては、常温でももちろん化学反応を起こしますが、加熱することによって、化学反応が促進し、焼付けを行う様な塗装にも向いているのです。

 

ウレタン塗料の場合は、硬化剤を混ぜるのですが、その硬化剤の割合を変えることで、作業性能や塗膜性能が変わってくるため、職人に合った、現場に合った塗料を作製することが出来るところ。

 

硬化剤が多いウレタン塗料を速乾ウレタンとも呼ばれ、小さな範囲の補修などにも向いているため、補修などにも幅広く活躍しているのです。

 

ウレタン塗料のメリット

ウレタン塗料のメリットは、ズバリ、アクリル塗料より遥かに耐久性能が高いことと、先程言った、柔らかく作業性がいいコトです。

 

広い面積には柔らかく、狭い箇所には硬化が早いといったようなワガママにも十分対応出来るということ。

 

耐久性も商品によっては10年近くあるので、まだまだ需要は伸びていきそうです。

 

ただ、ウレタン塗料はシリコン塗料より耐久性が劣るため、寿命を長く考えている一軒家の屋根などには向かないかもしれません。

 

ですが、塗料は何度も何度も重ね塗りすることで、その強さを増すのも事実。

 

職人さんによって、その精密さは様々ですので、ウレタン塗料にしても結局は人の手に委ねられている事は言うまでもありません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

同じカテゴリの記事

屋根材と軒に隠された秘密。家を長生きさせるための
価格だけ?屋根材の比較は耐久性も重要!屋根材を価格で比較
屋根材の原料も検討したい!アーバーニーはいいコトだらけ?
アスファルトシングル耐久性は気温にある!屋根材の秘密とは
屋根材に含まれる病魔!アスベストの危険性。
アルマを選ぼう!美&機能的に優れた屋根材アルマの秘密
屋根材に必要なのは安さだけ?安価でいいのか!我が家の屋根
ウッドデッキの屋根は何にする?屋根材でこんなに変わる!
瓦の常識を覆したエアルーフ。屋根材の第一候補に。
エコルーフの遮熱性はエコに繋がる!光熱費抑える屋根材とは
屋根材を本気で選ぶなら!金属屋根の風雲児エバールーフ
安心の30年保障はオークリッジだけ!屋根材の新星現る!
屋根材に見る価格の違い。比較で見える屋根に掛けるお金は?
色で決まる家のバランスと屋根材の相性!色と屋根の深い関係
屋根材を後悔しないように選ぶコツ!選び方に違いがあった!
価格は最安?屋根材の中でも折板は別格の価格だった!
おすすめの材料で屋根を選ぶ。屋根材も妥協しない!
コスパ最強の屋根材!カラーベストのメリット&デメリット
クボタと松下の夢のコラボ!業界を牽引する屋根材とは?
金属系の屋根材が生まれ変わった!弱点を克服した素材とは?
木の屋根材ならエイジングも怖くない!意外に強い木の素顔
化粧スレートは完璧な屋根材だと思う!モダンな雰囲気が漂う
屋根材自体は結露の発生にそれほど原因にはならないようです。
屋根材によって異なる最適な勾配について考える
スレート材の代表的ブランド・コロニアルは人気の屋根材の一つです
小屋の屋根材は目的に合わせて選ぶべし!
採光を重視する屋根材ならばポリカーボネート
最適な屋根材の選択は何を重視するかによって変わってくる
優れた屋根材として知られる三州瓦はメンテナンスが不要
屋根材によって多少変わる施工方法
ステンレス鋼板は理想的な屋根材ですか?
性能と価格のバランスで考える2種類の屋根材
セメント瓦の代わりに用いるべき屋根材とは?
ソーラーパネルを屋根材に用いれば本当に光熱費が浮くの?
屋根材の相場は、そんなに変動しない?
屋根材の断熱材で、外断熱としての効果を狙う屋根断熱
夢の屋根材「チタン」は軽量でメンテナンスいらず!
性質の違いに注目して屋根材を選択すべし
理想の屋根材のために鉄板に一工夫
天然スレートは高額な価格さえ許せれば完璧な屋根材、
天然石の屋根材を標準で採用する無添加住宅
屋根材に適した鉄系素材はガルバリウムとステンレス
透明の屋根材として使われるポリカーボネイト
陶器瓦は非常に優れた屋根材です
トタン波板は弱点が多い屋根材
防水性を握る屋根材ルーフィングの貼り方
耐火屋根は不燃の屋根材で作られているの?
葺き替えに広く使われるようになった屋根材とは?
珍しい屋根材のシングル材も選択可能な、三井ホーム
北海道で広く使われる金属の屋根材、その訳は?
屋根材によって変わる、メーカーの保証期間
豊富な屋根材を用意しているミサワホーム
無添加住宅がこだわりぬいた末に選んだ屋根材とは?
関係が深い、屋根材のメンテナンスコストと初期費用
メリットとデメリット、バランスが良い屋根材は何か?
優れた屋根材、ガルバリウムの弱点は断熱効果の低さ
昔は広く使われた、モニエル瓦という屋根材
屋根材に応じた後付けの雪止めとは?
屋根材は輸入住宅でも、国産のものを
近年人気の屋根材、洋瓦のデメリットとは
理想の屋根材となりつつあるニチハ「横暖ルーフ」
防水の肝となる屋根材、ルーフィング
一般住宅にはあまり使われない屋根材、ルーフデッキ
屋根材の劣化の早期発見に必要なこととは
意外と屋根材の選択が自由なログハウス
和風建築ならではの屋根材に、進化したガルバリウム
ガラスの弱点を考えるなら、屋根材にしないのが無難
色のバリエーションは乏しい、ガルバリウムの屋根材
ガルバリウム鋼板を仕入れて加工するのが、屋根材メーカー
グラスファイバーの屋根材が今ひとつ、その理由とは?
ゴムを混ぜ込むことで、性能がアップした屋根材
金属の弱点を克服した屋根材、ディプロマット
バルコニーに向いた屋根材は、ポリカーボネイト
優れた屋根材、ガルバリウムの弱点は断熱効果の低さ
屋根材の30年保証の気になる中身。何を保証してくれるの?
防火性能の高い屋根材を探してみました。
パナソニックの屋根材が起こす発電革命!100年企業の知恵が凄い
雨漏り対策は屋根材よりも防水シートが重要!
大和ハウスの3種類の優秀な屋根材とは?
火災保険の種類をチェック!屋根の補修は保険でできるかも?
新築するならどんな屋根?形と材質の種類を知りたい!
積水ハウスの家で人気の屋根材の種類について調べてみました。