外壁 漆喰 種類

MENU

奥が深い!漆喰の種類はこんなに豊富

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

漆喰=日本伝統の素材…そんなイメージをお持ちの方も多いのでは?

 

実際、日本の神社仏閣の外壁材としても古くから重用されてきた素材ではありますが…。

 

日本製と海外製があるの?

漆喰は、石灰石を焼成させて作られるもの。

 

大きく分けると、「和漆喰」と「西洋漆喰」の2種類があります。

 

和漆喰のほうは、その名の通り、日本の原料を元にして日本で作られた漆喰。

 

海の中から採取した貝殻やサンゴ礁を焼成させて、そこにスサや海苔などを加えて作られたものです。

 

古くから、神社仏閣、お城などの外壁や、井戸の内壁、古墳の壁面などにも使われてきました。

 

これに対して「西洋漆喰」は、ヨーロッパで生まれた漆喰。

 

有名どころでは、「スぺイン漆喰」、「イタリア漆喰」、「フランス漆喰」がありますね。

 

よく、ヨーロッパの街並みの写真などで見かける白い壁が、いわゆる西洋漆喰の外壁です。

 

その歴史は古く、なんでも、古代エジプト時代から使われていたのだとか!

 

和漆喰は大きく分けて5種類ある!

日本ならではの漆喰である「和漆喰」にも、細かく見ていくと5種類あります。

 

まず、最も基本的な「本漆喰」。

 

消石灰+海藻(フノリ)+麻スサ(麻の繊維)を練り合わせて作られるものです。

 

次に、「土佐漆喰」。

 

これは、消石灰+藁(3か月以上も発酵させたもの)+水を練り合わせ、1ヶ月以上かけて熟成させたもの。

 

そして、「既調合漆喰」。

 

これは、消石灰+麻スサ+粉末海藻のり+合成樹脂+炭酸カルシウム(骨材)で作られるもので、いわゆる「漆喰メーカー」が手掛ける外壁材です。

 

化学繊維や顔料が含まれているケースも多いようですね。

 

基本的な作り方は同じ?

次に、「琉球漆喰」。

 

これは、生石灰+藁+水を混ぜ合わせたものを加熱することで生じる「消化加熱反応」を利用して作られるもの。

 

これをすり潰して熟成させます。

 

土佐漆喰を作り方は似ていますが、藁の含有量が多いので、濃黄~薄茶色の独特の色合いを楽しむことができます。(いわゆる、沖縄の屋根瓦の色です)

 

最後は、「漆喰関連製品」。

 

これは、海外製の消石灰を含有した外壁材や、「漆喰と同じ機能がありますよ」という謳い文句の塗料をひっくるめたカテゴリーです。

 

顔料をミックスして色をつけたタイプもこの種類に含まれるでしょう。

 

ただ、いずれも、①石灰石を焼成させて作る「消石灰」を原料としていること②手仕事ならではのオリジナリティあふれる仕上がりを演出できること…は同じですね!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

同じカテゴリの記事

漆喰をDIYで施工中!
今、人気の漆喰の外壁。DIYなら自分で施すのだから思い通りにできる。しかし、それには少々腕が必要な…。コストも抑えれる為、DIYチャレンジもあり?!
価格はいくら?
北欧系、オシャレですよね。建物の美しさには、漆喰が関係している。耐久性に優れているため、各地で人気のある素材なんですね。
色のバリエーション
漆喰の外壁の色は変えれる!しかし、確実にコストもかかる…。初めに塗るときだけでなく、塗り直したい…となれば同じ色にすることは難しい。オシャレを楽しむには、少々勇気が必要です。
プロの塗り方
コストを抑え、自由なデザインが施工できるDIY。素人が施工するには少々難しく感じますが。ポイントを意識すれば、うまくいくのでしょうか…。
費用を安く抑えたいなら
DIYでお安く済ませるもよし、後々のメンテナンスを考え職人さんに任せるもよし。後は、ご自身の腕前と費用の問題ですね。一個人としては、少々費用がかかっても、職人さんにお任せしたい。
メンテナンスが大切!
家の第一印象ともなる外壁。その素材を漆喰に…と考えている方もみえるのでは?耐久性があるといえど、メンテナンスも必要。うーん。悩むところです。
下地が命です
縁の下の力持ち。何層もの下地の上に、漆喰の壁が出来上がる。下地によって快適性が保たれる。下地って見えないけれどとても大切なんですね。
施工単価
単価もピンからキリまで。安すぎるのは注意が必要そうですね。必ず見積もりはしてもらいましょう。手抜きではなく、工法によってはお安くなるかも。こちらは交渉の余地ありです。
補修方法
素人でもできる漆喰の修理。それも使うのは1つ」。方法についてはHPに載っているようだし。DIY好きな方はチャレンジありですね。
防水で汚れも防げる
人体にも環境にも良い漆喰。是非選びたい。しかし水に弱いんでしょ~…。最近は、この弱点を克服した素材もあるよう。諦めるのはまだ早い?!
オススメの色
日本人を魅了する外壁の一種、漆喰。真っ白なのもいいですが、色を付けれるのだとか。左官職人さんとの相談は必須だが、オリジナルなものができるかも。
クラックが入ってしまったら
やればできそうな気もする、クラックの修理。器用な方は、簡単な塗料もあるようなので是非チャレンジを。不器用な私は…業者に頼もう…。
カビが生えてきた
漆喰の家…耳にしたことはありますが。通常の新築のお値段に対し結構割高。メーカーも、やはり人に優しい住宅と謳ってましたが。内壁はよしとして、外壁に使用の場合、寿命を考え決めたほうが良さそうですね。
漆喰の欠点
メリットもあればデメリットもある。漆喰外壁の場合、デメリットをよく吟味してから決めたほうが良さそう。健康・環境には良いが、割高・長い工期・雨に弱い…。ちょっと心配だな。
黒い壁、、、渋い
黒は難しい…。漆喰自体、手間ひまのかかる素材。しかも黒となれば、色を混ぜるという工程が増えるわけで。勿論、業者に頼むが1番。DIYでチャレンジされる方…すごいです。
メリットまとめ
天然素材の上、人体にも優しく、耐久性にも優れ、目を引く外観…良いとこずくし。更に、自然に還るエコ素材!もう外壁は漆喰に決まりだ(笑)
耐久性ならサイディング
職人技の塗り壁。オリジナリティが出て、メンテナンスも不要ときたら選びたくなる。これだけ色々な外壁があると悩みますね…。
洗浄する
普通の外壁ならば、ザザーっと水をかけて洗浄。しかし、そう簡単にはいきませんよね。なんせ、水に弱いんですから。ここは、プロの方にまかせましょう。
漆喰の耐久性について
天然素材な上に、防火性・耐久性に優れている。万が一、火災になっても燃えにくく、二次災害を食い止める事ができるのなら、少々割高でも選びたくなる。