外壁 漆喰 下地

MENU

和風な雰囲気が魅力。その下地ってどうなってるの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外から見ると、「ただ塗っただけ」「貼り付けただけ」のように見える外壁も、その内側にはかならず「下地」という基礎が施されています。

 

では、漆喰の外壁はどんな下地構造になっているのでしょう?

 

漆喰の外壁にリフォーム。下地はどうする?

外壁材として漆喰をセレクトする場合、その下地には「無塗装サイディング+ジョリパット」が使われることが多いようです。

 

サイディングとは、壁に貼る外装材のこと。

 

わかりやすく言えば、大きなパネルみたいなものです。

 

ひと昔前までよく使われていた「吹き付け」や「塗り壁」よりも、耐久性が高いという特徴があります。

 

次にジョリパットとは、アクリル系の「塗り壁材」の一種です。

 

耐久性、防カビ性、防藻性、防火性に優れているという特徴があります。

 

サイディング以外の下地は?

ちなみに、サイディング以外の下地としては、「細かい木の下地に防水シート(アスファルトフェルト)を貼り付け、その上にメタルラス(金網)を貼り付けて→モルタルで下塗りする」という方法が一般的のよう。

 

その上から、漆喰の仕上げ材を重ねるわけです。

 

サイディングに比べると、継ぎ目位置が自由になるというメリットがあるのだとか。

 

もっとも、そのメリットは建築に関わる方でなければ実感はありませんが…。

 

さらに、モルタルの上に漆喰を塗る際は、接着性を高めるために「モルタル接着増強剤」を薄めたものを刷毛で塗るというプロセスが必須のようです。

 

そもそも、下地が必要なのはナゼ?

防水シートに金網、さらにモルタルを塗り、そこに接着剤を塗る…。

 

外壁の漆喰の下には、こんな細かな下地処理が隠されているわけです。

 

ここまでのプロセスが必要な理由を一言で言えば、「住環境の快適性を高めるため!」

 

水に強く、寒さに強く、暑さにも強く、おまけに劣化しにくい(はがれにくい)。

 

下地をしっかり整えておかなければ、ちょっとした地震でいとも簡単に外壁がはがれてしまうかもしれません。

 

下地をしっかり調整して「足固め」をしてこそ、強い外壁が出来上がるのです。

 

まさに、下地は「縁の下の力持ち」というわけですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

同じカテゴリの記事

漆喰をDIYで施工中!
今、人気の漆喰の外壁。DIYなら自分で施すのだから思い通りにできる。しかし、それには少々腕が必要な…。コストも抑えれる為、DIYチャレンジもあり?!
価格はいくら?
北欧系、オシャレですよね。建物の美しさには、漆喰が関係している。耐久性に優れているため、各地で人気のある素材なんですね。
色のバリエーション
漆喰の外壁の色は変えれる!しかし、確実にコストもかかる…。初めに塗るときだけでなく、塗り直したい…となれば同じ色にすることは難しい。オシャレを楽しむには、少々勇気が必要です。
プロの塗り方
コストを抑え、自由なデザインが施工できるDIY。素人が施工するには少々難しく感じますが。ポイントを意識すれば、うまくいくのでしょうか…。
費用を安く抑えたいなら
DIYでお安く済ませるもよし、後々のメンテナンスを考え職人さんに任せるもよし。後は、ご自身の腕前と費用の問題ですね。一個人としては、少々費用がかかっても、職人さんにお任せしたい。
メンテナンスが大切!
家の第一印象ともなる外壁。その素材を漆喰に…と考えている方もみえるのでは?耐久性があるといえど、メンテナンスも必要。うーん。悩むところです。
施工単価
単価もピンからキリまで。安すぎるのは注意が必要そうですね。必ず見積もりはしてもらいましょう。手抜きではなく、工法によってはお安くなるかも。こちらは交渉の余地ありです。
補修方法
素人でもできる漆喰の修理。それも使うのは1つ」。方法についてはHPに載っているようだし。DIY好きな方はチャレンジありですね。
防水で汚れも防げる
人体にも環境にも良い漆喰。是非選びたい。しかし水に弱いんでしょ~…。最近は、この弱点を克服した素材もあるよう。諦めるのはまだ早い?!
オススメの色
日本人を魅了する外壁の一種、漆喰。真っ白なのもいいですが、色を付けれるのだとか。左官職人さんとの相談は必須だが、オリジナルなものができるかも。
クラックが入ってしまったら
やればできそうな気もする、クラックの修理。器用な方は、簡単な塗料もあるようなので是非チャレンジを。不器用な私は…業者に頼もう…。
カビが生えてきた
漆喰の家…耳にしたことはありますが。通常の新築のお値段に対し結構割高。メーカーも、やはり人に優しい住宅と謳ってましたが。内壁はよしとして、外壁に使用の場合、寿命を考え決めたほうが良さそうですね。
漆喰の欠点
メリットもあればデメリットもある。漆喰外壁の場合、デメリットをよく吟味してから決めたほうが良さそう。健康・環境には良いが、割高・長い工期・雨に弱い…。ちょっと心配だな。
黒い壁、、、渋い
黒は難しい…。漆喰自体、手間ひまのかかる素材。しかも黒となれば、色を混ぜるという工程が増えるわけで。勿論、業者に頼むが1番。DIYでチャレンジされる方…すごいです。
メリットまとめ
天然素材の上、人体にも優しく、耐久性にも優れ、目を引く外観…良いとこずくし。更に、自然に還るエコ素材!もう外壁は漆喰に決まりだ(笑)
耐久性ならサイディング
職人技の塗り壁。オリジナリティが出て、メンテナンスも不要ときたら選びたくなる。これだけ色々な外壁があると悩みますね…。
種類は沢山あります。
漆喰にも色んな種類があるんですね。日本で作られた和漆喰だけでも5種類。色は白!…というイメージがあるけれど、昔の建物は白ばかりではないような。色をつけれたのだろうか。
洗浄する
普通の外壁ならば、ザザーっと水をかけて洗浄。しかし、そう簡単にはいきませんよね。なんせ、水に弱いんですから。ここは、プロの方にまかせましょう。
漆喰の耐久性について
天然素材な上に、防火性・耐久性に優れている。万が一、火災になっても燃えにくく、二次災害を食い止める事ができるのなら、少々割高でも選びたくなる。