外壁 漆喰 色

MENU

カラーバリエも楽しめる!?漆喰の外壁をオシャレに楽しむ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

そもそも、漆喰とはどのような素材でできているのでしょうか?

 

また、それに色を付けるために混ぜる物ってどんな物!?

 

漆喰の外壁って何色?

漆喰とは、海の中のサンゴ礁の成分である「石灰石」を1000℃で焼成→加水→のり(粘着性と保水性UP)・スサ(”つなぎ”の作用を持つ植物繊維)を加えて作られた天然素材です。

 

基本的に、色は「白」…もっと厳密に言うと、乳白色ですね。

 

天然素材ならではの独特の色調が人気なので、「あえて色をつけないほうがいい」という意見もありますが…。

 

天然の土や、色粉を加えることによって、色を変えることは可能!

 

ただし、手間・暇・お金はかかります。

 

“混ぜもの”で色を変えることもできる

昔の建造物などを見てみると、漆喰の外壁でも色は「全て白だった」わけではないことがよくわかります。

 

例えば、江戸の建物に多い黒い壁。

 

あれは、黒ノロと呼ばれる外壁材を使って作られたものなのだとか。

 

これは、①油煙・消石灰・ツノマタ海苔を酒or油に溶かす→②寝かせる→③擦って、ダマをほぐして滑らかにする→④晒し布で漉すというプロセスで作られた材料です。

 

これを白い漆喰の上から塗ると、美しい黒壁ができるんですって!

 

また、酸化第二鉄を主成分とする「ベンガラ」という色粉を混ぜるという手法もよく使われるようですね。

 

これを混ぜると、神社の鳥居のような、「あかぬけているけれど、派手過ぎない」、上品な表情の外壁を演出することができるんです。

 

色をつける場合の注意点

漆喰の外壁でも、黒だったり、茶色だったり、赤茶だったり・・・と色を楽しむことは可能です。

 

ただ、漆喰は、非常にデリケートな素材

 

混ぜる時の温度や塗り方によっても表情が変わってしまいますし、雨に塗れると色が変わってしまったりします。

 

特に、濃い色をつける場合は要注意!

 

何年か後に「一部だけ塗り直して補修したい」と思っても、同じ色を出せるとは限りません。

 

…というより、全く同じ色を出すのは無理だと覚悟しておいたほうが良いでしょう。

 

そこだけ塗り替えると不自然な印象になってしまうのは必至です。

 

また、混ぜものをする分、コストも確実にUPしますのでご注意を。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

同じカテゴリの記事

漆喰をDIYで施工中!
今、人気の漆喰の外壁。DIYなら自分で施すのだから思い通りにできる。しかし、それには少々腕が必要な…。コストも抑えれる為、DIYチャレンジもあり?!
価格はいくら?
北欧系、オシャレですよね。建物の美しさには、漆喰が関係している。耐久性に優れているため、各地で人気のある素材なんですね。
プロの塗り方
コストを抑え、自由なデザインが施工できるDIY。素人が施工するには少々難しく感じますが。ポイントを意識すれば、うまくいくのでしょうか…。
費用を安く抑えたいなら
DIYでお安く済ませるもよし、後々のメンテナンスを考え職人さんに任せるもよし。後は、ご自身の腕前と費用の問題ですね。一個人としては、少々費用がかかっても、職人さんにお任せしたい。
メンテナンスが大切!
家の第一印象ともなる外壁。その素材を漆喰に…と考えている方もみえるのでは?耐久性があるといえど、メンテナンスも必要。うーん。悩むところです。
下地が命です
縁の下の力持ち。何層もの下地の上に、漆喰の壁が出来上がる。下地によって快適性が保たれる。下地って見えないけれどとても大切なんですね。
施工単価
単価もピンからキリまで。安すぎるのは注意が必要そうですね。必ず見積もりはしてもらいましょう。手抜きではなく、工法によってはお安くなるかも。こちらは交渉の余地ありです。
補修方法
素人でもできる漆喰の修理。それも使うのは1つ」。方法についてはHPに載っているようだし。DIY好きな方はチャレンジありですね。
防水で汚れも防げる
人体にも環境にも良い漆喰。是非選びたい。しかし水に弱いんでしょ~…。最近は、この弱点を克服した素材もあるよう。諦めるのはまだ早い?!
オススメの色
日本人を魅了する外壁の一種、漆喰。真っ白なのもいいですが、色を付けれるのだとか。左官職人さんとの相談は必須だが、オリジナルなものができるかも。
クラックが入ってしまったら
やればできそうな気もする、クラックの修理。器用な方は、簡単な塗料もあるようなので是非チャレンジを。不器用な私は…業者に頼もう…。
カビが生えてきた
漆喰の家…耳にしたことはありますが。通常の新築のお値段に対し結構割高。メーカーも、やはり人に優しい住宅と謳ってましたが。内壁はよしとして、外壁に使用の場合、寿命を考え決めたほうが良さそうですね。
漆喰の欠点
メリットもあればデメリットもある。漆喰外壁の場合、デメリットをよく吟味してから決めたほうが良さそう。健康・環境には良いが、割高・長い工期・雨に弱い…。ちょっと心配だな。
黒い壁、、、渋い
黒は難しい…。漆喰自体、手間ひまのかかる素材。しかも黒となれば、色を混ぜるという工程が増えるわけで。勿論、業者に頼むが1番。DIYでチャレンジされる方…すごいです。
メリットまとめ
天然素材の上、人体にも優しく、耐久性にも優れ、目を引く外観…良いとこずくし。更に、自然に還るエコ素材!もう外壁は漆喰に決まりだ(笑)
耐久性ならサイディング
職人技の塗り壁。オリジナリティが出て、メンテナンスも不要ときたら選びたくなる。これだけ色々な外壁があると悩みますね…。
種類は沢山あります。
漆喰にも色んな種類があるんですね。日本で作られた和漆喰だけでも5種類。色は白!…というイメージがあるけれど、昔の建物は白ばかりではないような。色をつけれたのだろうか。
洗浄する
普通の外壁ならば、ザザーっと水をかけて洗浄。しかし、そう簡単にはいきませんよね。なんせ、水に弱いんですから。ここは、プロの方にまかせましょう。
漆喰の耐久性について
天然素材な上に、防火性・耐久性に優れている。万が一、火災になっても燃えにくく、二次災害を食い止める事ができるのなら、少々割高でも選びたくなる。