外壁 トタン 塗料

MENU

塗装の常識を覆す!?アサヒペン、トタン用塗料

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トタンの塗装は下地処理が命。

 

これは、素人でも知っているレベルの常識です。

 

しかし、そんな常識を覆す塗料があるってご存知でしたか!?

 

そもそも、なんで下地処理が大事なの?

トタン外壁の場合、錆びが浮いてきたら再塗装のサイン。

 

その場合、塗料の密着性を高めるという意味で、錆びた部分を「ケレン」や「高圧洗浄」と呼ばれる下地処理でキレイにすることが大事だと言われています。

 

しかし、この作業がなかなか面倒くさい!

 

サンドペーパーやワイヤーブラシでコツコツと錆びを落とすなんていう手間は、とても自分には無理という方も多いのではないでしょうか。

 

とはいえ、業者に依頼すると高くつきそうだし、変なリフォーム業者に引っかかってトラブルに巻き込まれるのも避けたい…。

 

えッ!錆びの上から塗れるの!?

それなら、アサヒペンの「サビの上から直接塗れる、錆止剤入りトタンペイント」を使って自分で外壁塗装にチャレンジしましょうよ!

 

油性・アクリル樹脂が素材のこちらの塗料は、「とにかく、1回しか塗りたくない」という方にピッタリ。

 

浮いた錆びや塗膜は取り除く必要がありますが、基本的には錆びの上からそのまま塗ってしまってOK!

 

しかも、強力錆止剤入り&油性高耐候アクリルトタンペイントなので、耐久性もバッチリです。

 

乾燥時間についても、夏期:2~3時間、冬期:5~8時間と短めで、diyで塗装するには扱いやすいと思いますよ。

 

カラーバリエ豊富!アサヒペンの塗料

アサヒペンの塗料の魅力は、カラーバリエが豊富なこと!

 

このトタン用塗料も、赤さび、こげ茶、新茶、黒、スカイブルー、オーシャンブルー、なす紺…と、テイストの違う色がそろっているのが良いですね。(ちなみに、合成樹脂調合ペイントだと、ねずみ、赤さび、こげ茶、みどり、スカイブルー、青、新茶、オーシャンブルー、メロン、銀、薄茶、クリームの全部で12色もあります!)

 

お好きなカラーでオシャレな外壁にアレンジしてみてはいかが。

 

気になるお値段は、3kgが4,930円、6kg 7,402円、12kg 12,600円です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

同じカテゴリの記事

トタンの価格
錆に弱いトタン外壁。定期的なメンテナンスが必要だ。トタン以外の外壁に比べれば比較的安いのだろうか。それでも工程は3回あり、意外と手間がかかるんですね。
リフォームする前に
安さ重視では失敗ありかもしれません。見た目良くても、中はガタガタ…ではいけませんよね。手抜き工事をされないよう、他社比較検討を忘れずしたいです。
DIYできるのか
張替えは無理でも、塗替えなら…。高いクオリティーを求めるのであれば、業者に頼んだほうが良さそうですが。ある程度、日にちがかかるのを覚悟し、地道にとりかかるのがポイントになりそうです。
トタンのサイディング
トタンは古い?やっぱり今風のものが…。そんな時はサイディング。これも手抜き工事をする業者には注意が必要。しっかり下調べをしましょう。
張替えの相場・工期
外壁張替えは、失敗をして予算オーバー…なんてことにならないように、業者に頼むが確実!費用は業者によってマチマチ。複数社に見積もり・施工例を依頼し、検討しよう。
張り方を解説
簡単そうで、意外に難しい?業者に頼めば高くつき、自分で施すには自信がない。そんな時は、色んな方のブログをチェック!道具や費用・方法が写真付きで確認できれば安心ですね。
色は明るめに!
トタン外壁はチープに見え、且つ、劣化を放置すれば、ますます古臭く見えてしまう。今は、様々な色があるようですし、思いきってイメージチェンジをしてみるのも良さそう。
デメリットがあります。
トタンはチープに見えがち…。そして、デメリットも…。しかし、チープに見えない色選び、定期的にメンテナンスを施すことで、見栄えが良くなる。まぁ、いいか…と、放置は1番いけませんね。
小屋の外壁にはピッタリ
小屋はトタンで十分です!家に比べれば小さくDIYしやすい。色んなサイトをチェックして、自分でチャレンジしてみよう!
下地処理
見た目良ければ全て良し…。ではなく、下地良ければ全て良し。ですね。何ごとも基礎が大切。そのように感じます。
白くなってきたら
トタン外壁要注意!その白錆び、劣化の証拠。早めリフォームで、劣化を食い止めましょう。