トタン 外壁 白

MENU

「チョーキング」にご用心!外壁劣化のサイン

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トタン外壁は、どの程度劣化したらメンテナンスすべきなのでしょうか?

 

その頃合いを知る上で一つの目安になるのが、表面に浮かび上がる白い粉です。

 

なにこれ!?トタン外壁に白い粉

古くなってきたトタン外壁に浮かび上がってくる白い粉の正体は、トタンの塗膜。

 

この膜に含まれていた二酸化チタンが太陽の光によって酸化分解された結果です。

 

この現象は「チョーキング」とも呼ばれていて、トタン劣化の目安の一つになっています。

 

トタンの場合は腐食の進行が速いので、白い粉がそれほど多くない段階であっても、早めにリフォーム(塗装)するのが吉です。

 

もっとも、最近は、アパタイト(カルシウム成分)を被覆させることによって劣化を防ぐ「光触媒」の技術も確立しているようですが。

 

白錆が出ることもあるってホント!?

ちなみに、トタン外壁の場合、チョーキング以外にも「錆び」にも注意が必要です。

 

何しろ、素材が金属ですから…。

 

長期間にわたって雨や窒素酸化物にさらされ続けると、あっという間に錆びてボロボロになってしまいます。

 

錆び=「赤」というイメージが強いかもしれませんが、ホコリがつきやすい部分は白錆びができやすいのだとか。

 

ただの汚れだと思っていたら、実は錆びだった…なんて、気づいたら手遅れになってしまうかもしれませんので、まめにチェックするように心がけましょう。

 

トタン用の白い塗料は入手が難しい?

白いトタン塗料で塗っておけば、外壁にチョーキングや白錆びが出ても悪目立ちしないのでは?

 

…と、白いトタン用塗料をお探しになる方も多いかもしれません。

 

しかし、残念ながら白いトタン塗料は入手が困難かもしれません。

 

口コミでも、「手に入りにくい」という声が聞かれます。

 

その場合はシルバーなどで代用してみてはいかがでしょうか。

 

真っ白よりも近代的でオシャレですし、汚れも目立たなくてオススメですよ。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

同じカテゴリの記事

トタンの価格
錆に弱いトタン外壁。定期的なメンテナンスが必要だ。トタン以外の外壁に比べれば比較的安いのだろうか。それでも工程は3回あり、意外と手間がかかるんですね。
リフォームする前に
安さ重視では失敗ありかもしれません。見た目良くても、中はガタガタ…ではいけませんよね。手抜き工事をされないよう、他社比較検討を忘れずしたいです。
DIYできるのか
張替えは無理でも、塗替えなら…。高いクオリティーを求めるのであれば、業者に頼んだほうが良さそうですが。ある程度、日にちがかかるのを覚悟し、地道にとりかかるのがポイントになりそうです。
トタンのサイディング
トタンは古い?やっぱり今風のものが…。そんな時はサイディング。これも手抜き工事をする業者には注意が必要。しっかり下調べをしましょう。
張替えの相場・工期
外壁張替えは、失敗をして予算オーバー…なんてことにならないように、業者に頼むが確実!費用は業者によってマチマチ。複数社に見積もり・施工例を依頼し、検討しよう。
張り方を解説
簡単そうで、意外に難しい?業者に頼めば高くつき、自分で施すには自信がない。そんな時は、色んな方のブログをチェック!道具や費用・方法が写真付きで確認できれば安心ですね。
色は明るめに!
トタン外壁はチープに見え、且つ、劣化を放置すれば、ますます古臭く見えてしまう。今は、様々な色があるようですし、思いきってイメージチェンジをしてみるのも良さそう。
デメリットがあります。
トタンはチープに見えがち…。そして、デメリットも…。しかし、チープに見えない色選び、定期的にメンテナンスを施すことで、見栄えが良くなる。まぁ、いいか…と、放置は1番いけませんね。
小屋の外壁にはピッタリ
小屋はトタンで十分です!家に比べれば小さくDIYしやすい。色んなサイトをチェックして、自分でチャレンジしてみよう!
下地処理
見た目良ければ全て良し…。ではなく、下地良ければ全て良し。ですね。何ごとも基礎が大切。そのように感じます。
アサヒペンの塗料を塗る
めんどくさがり屋の皆さん、朗報です!錆の上から塗れる塗料が!カラーバリエも豊富。お金はかけたくないが、自分でやるのも…と思っている方、一度調べる価値有りですよ。