外壁 トタン デメリット

MENU

これは残念!トタン外壁のNGポイント3つ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

一般的によく指摘されているトタン外壁のデメリットは、次に挙げる3つ。

 

小屋の外壁としては妥協できても、住宅の外壁としては、やはり残念なポイントです。

 

断熱性、防音性がイマイチ

トタンは、断熱性の低い素材。

 

つまり、トタン外壁の建物は外気温の影響を受けやすく、家全体を快適温度にキープするのが難しいということです。

 

ゆえに、夏場は厚くて冬は寒い…!

 

夏場はエアコンをつけないと、とても過ごせません。

 

ただ、最近は、断熱性を上げる塗料も販売されていますので、そういった商品を試してみるとこのデメリットは多少軽減されるのではないでしょうか。

 

また、雨音などがバタバタうるさかったり、施工のレベルが低いと風でバタバタうるさかったり…と、“音”の面でもデメリットがあります。

 

ひどい場合は、トタンを打ち付けた釘穴から水が内部に侵入したりするケースもあるようですね。

 

錆びやすい

トタンの外壁のデメリットといえば、「錆びやすい」という点を真っ先に挙げる方も多いのではないでしょうか?

 

もっとも、最近は、このデメリットはかなり改善されているようですが…。

 

それでも、確実に錆びを防止するためには、錆び止めの塗装は欠かせません。

 

錆びが進行してしまうと、そこから穴が空いて水漏れが始まったり、「浮き錆」という状態になって(トタンの表面が粉を吹いたような状態)、塗装の際にこれを削り落とす手間が増えたり…となにかとデメリットが多いのです。

 

見た目がチープになってくる

トタン外壁は、経年変化と共に色が褪せてきます。

 

これに錆びが加われば…ああっ!もうっ!見た目がチープ。

 

貧乏なわけではないのに、なんとなくみすぼらしく見えてしまうのが悲しいデメリットですよね。

 

そんなことにならないためにも、トタンの外壁は定期的に塗料を塗り直すことが大切。

 

その際、濃い色の塗料を選択しておけば、経年劣化によるサビや、塗り直しによるムラも目立ちにくくなるのでオススメです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

同じカテゴリの記事

トタンの価格
錆に弱いトタン外壁。定期的なメンテナンスが必要だ。トタン以外の外壁に比べれば比較的安いのだろうか。それでも工程は3回あり、意外と手間がかかるんですね。
リフォームする前に
安さ重視では失敗ありかもしれません。見た目良くても、中はガタガタ…ではいけませんよね。手抜き工事をされないよう、他社比較検討を忘れずしたいです。
DIYできるのか
張替えは無理でも、塗替えなら…。高いクオリティーを求めるのであれば、業者に頼んだほうが良さそうですが。ある程度、日にちがかかるのを覚悟し、地道にとりかかるのがポイントになりそうです。
トタンのサイディング
トタンは古い?やっぱり今風のものが…。そんな時はサイディング。これも手抜き工事をする業者には注意が必要。しっかり下調べをしましょう。
張替えの相場・工期
外壁張替えは、失敗をして予算オーバー…なんてことにならないように、業者に頼むが確実!費用は業者によってマチマチ。複数社に見積もり・施工例を依頼し、検討しよう。
張り方を解説
簡単そうで、意外に難しい?業者に頼めば高くつき、自分で施すには自信がない。そんな時は、色んな方のブログをチェック!道具や費用・方法が写真付きで確認できれば安心ですね。
色は明るめに!
トタン外壁はチープに見え、且つ、劣化を放置すれば、ますます古臭く見えてしまう。今は、様々な色があるようですし、思いきってイメージチェンジをしてみるのも良さそう。
小屋の外壁にはピッタリ
小屋はトタンで十分です!家に比べれば小さくDIYしやすい。色んなサイトをチェックして、自分でチャレンジしてみよう!
下地処理
見た目良ければ全て良し…。ではなく、下地良ければ全て良し。ですね。何ごとも基礎が大切。そのように感じます。
白くなってきたら
トタン外壁要注意!その白錆び、劣化の証拠。早めリフォームで、劣化を食い止めましょう。
アサヒペンの塗料を塗る
めんどくさがり屋の皆さん、朗報です!錆の上から塗れる塗料が!カラーバリエも豊富。お金はかけたくないが、自分でやるのも…と思っている方、一度調べる価値有りですよ。