リフォームローン 連帯保証人

MENU

リフォームローンの連帯保証人はどうなる?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

借金に関連してよく出てくるキーワード、「連帯保証人」。

 

これは一体、どういう役割の人を指すのでしょうか。

 

また、リフォームローンにも連帯保証人は必要なの?

 

意外と知らないリフォームローンの「保証」についてレクチャーします。

 

そもそも、単なる「保証人」と「連帯保証人」はどう違うのでしょう。

 

そして、その「責任」はどこまで?

 

連帯保証人ってどういう責任があるの?

「保証人」と「連帯保証人」。

 

似ているようですが、実は非なるもの。

 

まず、「保証人」のほうは、お金を借りた本人に支払能力がある限りは、その本人からの取立てが優先されるようです。

 

ただ、本人の支払能力を超えた分の残額については、支払の責任が発生します。

 

これに対して「連帯保証人」のほうは、借金をした本人と「責任」は同等。

 

借りた本人に支払能力があろうがなかろうが、返済を求められればそれを断ることはできないのです。

 

つまり、責任の重さとしては、保証人<連帯保証人ということになりますよね。

 

では、リフォームローンの場合はどうなんでしょうか?

 

リフォームローンには必要?

リフォームローンの場合、通常の(新築をターゲットにした)住宅ローンに比べると金額が低めですよね。

 

そのため、連帯保証人や担保は必要ないというプランが多いんです。

 

つまり、無担保でも融資を受けられるということですね。

 

その代り、融資の限度額が低めに設定されていたり、融資期間が短かったり、金利が高かったり…といったデメリットもあるようです。

 

保証会社って何?

リフォームローンのプランの説明書などを見ていると、「保証会社」という言葉が出てくることがあります。

 

例えば、「当行所定の保証会社の保証を受けてもらいます」といった内容の文章が記されているのをご覧になったことはないでしょうか?

 

これは、言ってみれば連帯保証人の代わりをしてくれる存在。

 

簡単に言うと、ローンを組んだ本人が返済できなくなった時に、その債務を代行してくれるわけです。

 

ただし、だからといって本人がローンから解放されるというわけではありません。

 

「債権が保証会社に移った」というだけなので、今度は、銀行ではなくその保証会社に対してローンを支払っていくことになるわけです。

 

「保証会社」と言うと聞こえは良いですが、実際には消費者金融やクレジット系の会社がほとんどなので、お金を借りる本人にとっては不利な状況に追い込まれるだけです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

同じカテゴリの記事

リフォームローンの審査は甘い?派遣社員の私でも借りられる?
リフォームローンに担保は要らないってホント?
住宅金融公庫のリフォームローンは条件が厳しい分、安全?
オリコのリフォームローンは担保なしで借入可能!?
ろうきんのリフォームローンは、やっぱり安心!
りそなのリフォームローンはeco得プランで金利が安い!
ゆうちょが安心?郵便局のリフォームローン
頭金なしでリフォームローンを組むってどうなの!?
知らなきゃ損!バリアフリー・リフォームの裏ワザ
フラット35でリフォームローンを組むメリットとデメリット
リフォームローンローンの借り換えで安心したい
リフォームローンは借りやすいってホント?
早く返したほうが得?リフォームローンの繰り上げ返済
リフォームローンと住宅ローンは似ているようで違いがある
パートでも融資を受けられるリフォームローンはあるの?
リフォームローンで太陽光発電を導入し光熱費を安くエコな家にしたい
リフォームの着工金が払えない場合、つなぎ融資ローンは組めるのか
リフォームローンの落とし穴!手数料貧乏という罠
リフォームローンを変動金利にするメリットとデメリット
リフォームローンで得なのはどっち?固定金利 vs 変動金利
リフォームローンを賢く利用して中古マンションをアレンジしたい
外壁塗装のメンテナンス費用が高額!リフォームローンは使えるの?
トイレのリフォームでマンションを一発再生!気になる費用は?