リフォームローン 変動金利

MENU

リフォームローンを変動金利にするメリットとデメリット

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

リフォームローンに限らず、ローンには、一般的に「変動金利」と「固定金利」の2パターンのプランがあります。

 

それぞれ、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

リフォームローンにはどっちを選ぶのが得策なのか、悩みます。

 

融資を受ける際に気になるのは「金利」のこと。

 

借りた時点での金利で固定されたままか、はたまた、返済までの間に変動していくのか…。

 

「固定金利」と「変動金利」の違い

リフォームローンにも、他のローンと同じように「固定金利」と「変動金利」があります。

 

前者は、一定期間にわたって同じ年率が適用されタイプのプラン。

 

金利が変わらない分、最初に算出した返済総額が変わらないという安心感があります。

 

これに対して「変動金利」は、「プライムレート」に連動して金利が変わっていくタイプのローン。

 

毎年4月と10月に金利が見直されます。

 

低いときは良いものの、高くなるとこれに伴って返済額も上がりますよね。

 

最終的な総額もアップしてしまうかも…というリスクを伴うプランと言えるでしょう。

 

変動金利の特徴は?

前述した通り、変動金利を採用しているリフォームローンプランは、金利上昇のリスクを伴っています。

 

ただし、逆に、固定金利よりも金利が低い時期が続くこともあるということですよね。

 

最終的な支払総額が、固定金利の場合よりも安く抑えられるという可能性もゼロではないわけです。

 

…とはいえ、それは最後まで支払ってみないとわからないという曖昧な側面も持ち合わせているわけですよね。

 

言い方はちょっと悪いかもしれませんが、「固定金利に比べるとちょっとギャンブル性が高い」というのが変動金利の特徴と言えるのかもしれません。

 

リフォームローンはどっちが良いの?

では、リフォームローンの場合は、固定金利と変動金利のどちらを選ぶのが有利になるのでしょうか?

 

この先、金利は上がるのか、下がるのか…これは素人には予測がつかない問題ですよね。

 

ただ、変動金利型というのは、「どんなに金利が上がったとしても、最初の5年間は月々の返済額は変わらない」のだそう。

 

その仕組みについては、専門性が高いので割愛しますが…。

 

それならば、固定金利型よりも金利が安く設定されている「変動金利型」を選んだほうがお得かもしれませんね。

 

最近は、「金利優遇キャンペーン」を謳っている金融機関も多いので、かなり低金利のリフォームローンもあります。

 

様々な可能性を考慮の上で、「こっちのほうが得だ!」と自分自身が確信できるプランを選びましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

同じカテゴリの記事

リフォームローンの審査は甘い?派遣社員の私でも借りられる?
リフォームローンに担保は要らないってホント?
住宅金融公庫のリフォームローンは条件が厳しい分、安全?
オリコのリフォームローンは担保なしで借入可能!?
ろうきんのリフォームローンは、やっぱり安心!
りそなのリフォームローンはeco得プランで金利が安い!
ゆうちょが安心?郵便局のリフォームローン
頭金なしでリフォームローンを組むってどうなの!?
知らなきゃ損!バリアフリー・リフォームの裏ワザ
フラット35でリフォームローンを組むメリットとデメリット
リフォームローンローンの借り換えで安心したい
リフォームローンは借りやすいってホント?
早く返したほうが得?リフォームローンの繰り上げ返済
リフォームローンと住宅ローンは似ているようで違いがある
パートでも融資を受けられるリフォームローンはあるの?
リフォームローンの連帯保証人はどうなる?
リフォームローンで太陽光発電を導入し光熱費を安くエコな家にしたい
リフォームの着工金が払えない場合、つなぎ融資ローンは組めるのか
リフォームローンの落とし穴!手数料貧乏という罠
リフォームローンで得なのはどっち?固定金利 vs 変動金利
リフォームローンを賢く利用して中古マンションをアレンジしたい
外壁塗装のメンテナンス費用が高額!リフォームローンは使えるの?
トイレのリフォームでマンションを一発再生!気になる費用は?