リフォームローン 無担保

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ローンを組む時は、なにかしらの資産を担保にしなければならない。

 

そう思われがちですが、実はリフォームローンの場合、無担保のプランもあるんです。

 

ただし、知っておくべき注意点もありますので事前に勉強しておいた方がいいと思います。

 

一言で「リフォームローン」と言っても、いくつか種類があります。

 

大きくわけると、担保が必要なタイプと、無担保のもの。

 

一体、どう違うのでしょうか?

 

担保の有無ってどう違う?

担保が必要なリフォームローンと、無担保のローン。

 

有担保ローンのほうは、ローンを借りる際に、借り入れる額と同等のもの(リフォームする家がほとんど)を担保に入れることになります。

 

その分、金利が低く、返済期間も長く設定されています(最大35年)。

 

ただし、もしもそのローンが払えなくなったら…担保に入れた家を失ってしまうということですよね。

 

その辺のリスクを覚悟しておかなければなりません。

 

一方の無担保のほうは、担保を設定する必要はないものの、借入上限額は少なく、金利も高め。

 

どちらを選ぶかは、そのリフォームの内容によっても違ってきます。

 

無担保ローンの特徴は?

無担保のリフォームローンの場合、融資される上限金額はだいたい500万円というプランが多いですね。

 

返済期間は10年くらいです。

 

金利も、有担保ローンに比べると高め設定。

 

これだけ聞くと、「有担保のほうが良いんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、担保を設定するとなると手続きに時間がかかりますし、保証料や手数料も発生します。

 

また、その家を担保にして他のローンを利用している場合、新たな有担保ローンは組めないケースがほとんどです。

 

ですから、「必然的に無担保ローンを選ぶことになった」という例も多いわけですね。

 

無担保だから良いってわけでもない!

「でも、万が一の場合にも家を失うってこともないし、手数料もかからないなら、無担保のほうが好都合なんじゃないの?」

 

と思われるかもしれませんが、前述した通り、融資限度額が少ないというデメリットがあります。

 

有担保だと新築の住宅ローンと変わらないレベルの額を借りられますので、それを考えると弱いですよね。

 

しかも、金利が高いということは、借り入れる期間が長くなればなるほど総返済額も上がっていくということです。

 

リフォームローンを組む場合には、長期的な返済計画をしっかり立てた上で、余裕を持って返済できるプランを選択しましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

同じカテゴリの記事

リフォームローンの審査は甘い?派遣社員の私でも借りられる?
住宅金融公庫のリフォームローンは条件が厳しい分、安全?
オリコのリフォームローンは担保なしで借入可能!?
ろうきんのリフォームローンは、やっぱり安心!
りそなのリフォームローンはeco得プランで金利が安い!
ゆうちょが安心?郵便局のリフォームローン
頭金なしでリフォームローンを組むってどうなの!?
知らなきゃ損!バリアフリー・リフォームの裏ワザ
フラット35でリフォームローンを組むメリットとデメリット
リフォームローンローンの借り換えで安心したい
リフォームローンは借りやすいってホント?
早く返したほうが得?リフォームローンの繰り上げ返済
リフォームローンと住宅ローンは似ているようで違いがある
パートでも融資を受けられるリフォームローンはあるの?
リフォームローンの連帯保証人はどうなる?
リフォームローンで太陽光発電を導入し光熱費を安くエコな家にしたい
リフォームの着工金が払えない場合、つなぎ融資ローンは組めるのか
リフォームローンの落とし穴!手数料貧乏という罠
リフォームローンを変動金利にするメリットとデメリット
リフォームローンで得なのはどっち?固定金利 vs 変動金利
リフォームローンを賢く利用して中古マンションをアレンジしたい
外壁塗装のメンテナンス費用が高額!リフォームローンは使えるの?
トイレのリフォームでマンションを一発再生!気になる費用は?