リフォームローン フラット35

MENU

フラット35でリフォームローンを組むメリットとデメリット

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

時代と共に家族の在り方が変化していく中、自宅をリフォームする方も増えています。

 

そこで、金融機関各社は様々なリフォームローン商品を販売するようになりました。

 

中でも、最近注目されているのがフラット35。

 

他のリフォームローンとはどんな違いがあるのでしょうか?

 

フラット35とは、どのようなリフォームローン商品なのでしょうか?

 

利用する方にとってのメリットとデメリットは?

 

フラット35って何?

リフォームローンには、銀行やクレジット会社などの「民間金融機関」が販売するプランと、公的な機関(例えば住宅金融支援機構)が販売するプランがあります。

 

それぞれ、利子の高さや融資額、融資期間などの差があります。

 

そんな中、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して作ったという、ちょっと変わり種なリフォームローンがあります。

 

それが、フラット35です。

 

融資期間は最長35年、しかも固定金利!というのが魅力で、「返済期間を長く設定して、月々の支払負担額をなるべく軽減したい」「金利上昇のリスクを避けたい」という方の人気を集めています。

 

ただし、手続きに時間がかかったり、長い目で見ると金利が割高になったり、借り入れ可能額が物件価格の9割までだったり…とデメリットもありますので、あしからず。

 

他にもこんなメリットが!

フラット35は、他のリフォームローンに比べて金利が低いことでも有名です。

 

クレジット系だと、「4%以上」というところが多いですからこれはやはり「安い」と言えるでしょうね。

 

さらに、保証料や繰り上げ返済手数料が無料で保証人も不要(※保証会社の保証を得ることになります)…と、借りる側からするとメリットがたくさんあるんです。

 

MAXで8,000円まで融資を受けられるというのも心強いですよね。

 

リフォームローンだと、「500万円」というプランが多いので、この金額は破格です!

 

どんな仕組みになっているの?

ところで、フラット35は一体どんな仕組みで運営されているリフォームローンなのでしょうか?

 

手続きとしては、まず、利用者が金融機関(○○銀行)に申し込みをします。

 

これを受けて、銀行は審査を行います。

 

さらに銀行は、住宅金融支援機構に対して、利用者のローン債権を受け渡します。

 

住宅金融支援機構は、この債権を信託銀行などに信託し、これによって「受益権」(利益を受ける権利)を得ることになります。

 

そして、住宅金融支援機構から投資家へ「債権」を発行するという流れ。

 

つまり、「受益権」を債権化して投資家に売っているということですよね。

 

ここで受け取った代金は、住宅金融支援機構が「フラット35」の権利を購入する際の資金として使われるわけです。

 

「なんのこっちゃ」という感じかもしれませんが、要は、住宅金融支援機構がリスクを負っているということ。

 

もしも利用者が返済不能になった場合や支払いが遅延した場合は、住宅金融支援機構が立て替えてくれるということです。

 

これが、各銀行が低金利&長期でこのプランを運用できる理由なんですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

同じカテゴリの記事

リフォームローンの審査は甘い?派遣社員の私でも借りられる?
リフォームローンに担保は要らないってホント?
住宅金融公庫のリフォームローンは条件が厳しい分、安全?
オリコのリフォームローンは担保なしで借入可能!?
ろうきんのリフォームローンは、やっぱり安心!
りそなのリフォームローンはeco得プランで金利が安い!
ゆうちょが安心?郵便局のリフォームローン
頭金なしでリフォームローンを組むってどうなの!?
知らなきゃ損!バリアフリー・リフォームの裏ワザ
リフォームローンローンの借り換えで安心したい
リフォームローンは借りやすいってホント?
早く返したほうが得?リフォームローンの繰り上げ返済
リフォームローンと住宅ローンは似ているようで違いがある
パートでも融資を受けられるリフォームローンはあるの?
リフォームローンの連帯保証人はどうなる?
リフォームローンで太陽光発電を導入し光熱費を安くエコな家にしたい
リフォームの着工金が払えない場合、つなぎ融資ローンは組めるのか
リフォームローンの落とし穴!手数料貧乏という罠
リフォームローンを変動金利にするメリットとデメリット
リフォームローンで得なのはどっち?固定金利 vs 変動金利
リフォームローンを賢く利用して中古マンションをアレンジしたい
外壁塗装のメンテナンス費用が高額!リフォームローンは使えるの?
トイレのリフォームでマンションを一発再生!気になる費用は?