リフォームローン 固定金利

MENU

リフォームローンで得なのはどっち?固定金利 vs 変動金利

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

住宅ローンやリフォームローンには「固定金利」と「変動金利」の2タイプがあることは周知の事実。

 

この他、「固定金利選択型」というタイプがあります。

 

では、それぞれどんな違いがあるのか?

 

リフォームローンとして選ぶなら、どのタイプの商品がベストなのでしょう。

 

固定金利か、変動金利か…。

 

ローンを組んだことがある方なら、この選択に苦慮した経験をお持ちなのでは?

 

それぞれ、どのような特徴があるのでしょうか。

 

固定金利の特徴は?

固定金利型のリフォームローンは、借入時の金利が最後まで(返済を終えるまで)変わらず一定のままのローンです。

 

市場の金利が上がろうが下がろうが、金利はずっと変わらないわけですから、借入の時点で最終的な支払総額がハッキリしますよね。

 

「金利が上がって支払額が増えてしまう」ということがない分、安心感はあります。

 

ただ、場合によっては「市場の金利が大幅に下がる」ということもあり得るわけですよ。

 

しかし、固定金利だとこの恩恵を受けられず、「もしかしたら支払総額が安くなっていたかもしれない」という後悔を残すことになってしまいます。

 

変動金利も検討しよう!

対する変動金利のほうは、年に2回(4月と10月)、金利の見直しがあります。

 

その時、世の中の金利が高ければ連動して高くなりますし、低ければ下がるということですよね。

 

リフォームローンの返済総額も、「上がるかもしれないというリスク」を伴いつつも、「大幅に下がるかもしれない」という期待感を持ち続けることもできるという…。

 

なんともギャンブル性の高いプランです(笑)。

 

ただ、一般的に、変動金利型のほうが固定金利型よりも金利は低めに設定されています。

 

「金利優遇キャンペーン」を実施している金融機関なら、いわゆる「超低金利」でローンを組める場合も…!

 

「固定金利選択型」というプランもある!

あまり知られていませんが、「固定金利型」と「変動金利型」の他に「固定金利選択型」というプランもあります。

 

これは、一定の期間中は固定金利を選択できるというもの。

 

返済額の一部は確定することができるので、全ての期間を「変動金利」にしてしまうよりも返済プランが立てやすいというメリットがあります。

 

ただ、リフォームローンの場合は、新築とは違って融資金額もそれほど高くないでしょうし、融資期間もせいぜい10~15年といったところ。

 

固定金利選択型を選ぶ方は少ないようですね。

 

どちらかと言えば、新築した時の住宅ローン向けのプランと言えるでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

同じカテゴリの記事

リフォームローンの審査は甘い?派遣社員の私でも借りられる?
リフォームローンに担保は要らないってホント?
住宅金融公庫のリフォームローンは条件が厳しい分、安全?
オリコのリフォームローンは担保なしで借入可能!?
ろうきんのリフォームローンは、やっぱり安心!
りそなのリフォームローンはeco得プランで金利が安い!
ゆうちょが安心?郵便局のリフォームローン
頭金なしでリフォームローンを組むってどうなの!?
知らなきゃ損!バリアフリー・リフォームの裏ワザ
フラット35でリフォームローンを組むメリットとデメリット
リフォームローンローンの借り換えで安心したい
リフォームローンは借りやすいってホント?
早く返したほうが得?リフォームローンの繰り上げ返済
リフォームローンと住宅ローンは似ているようで違いがある
パートでも融資を受けられるリフォームローンはあるの?
リフォームローンの連帯保証人はどうなる?
リフォームローンで太陽光発電を導入し光熱費を安くエコな家にしたい
リフォームの着工金が払えない場合、つなぎ融資ローンは組めるのか
リフォームローンの落とし穴!手数料貧乏という罠
リフォームローンを変動金利にするメリットとデメリット
リフォームローンを賢く利用して中古マンションをアレンジしたい
外壁塗装のメンテナンス費用が高額!リフォームローンは使えるの?
トイレのリフォームでマンションを一発再生!気になる費用は?