外壁塗装 ウレタン シリコン 違い

MENU

ウレタン塗料とシリコン塗料。2つの違いって?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

塗料には、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系などの種類があります。

 

このうち、よく比較されるのがウレタンとシリコン。

 

2つの違いって何?

 

ウレタンの特徴

ウレタンは、柔軟性に富んだ塗料。

 

ゆえに、主に木材を塗装する時にセレクトされる塗料です。

 

シリコンは金属向きの塗料ですので、この点が両者の違いと言えるでしょう。

 

つまり、「相性の良い素材が異なる」ということです。

 

価格は、アクリルよりも高く、シリコンよりも安い。

 

ある意味では、費用・効果のバランスのとれた塗料と言えるのではないでしょうか。

 

サイディングの塗装に使われる機会が多いようですが、様々な下地に対してバツグンの密着性を発揮します。

 

そのため、外壁塗装でも広く用いられています。

 

シリコンの特徴

シリコン系の塗料は、その耐久性や耐熱性の高さが魅力的

 

汚れにも強く(いろんなものを弾く性質がある)、光沢も長持ちしますので、外壁塗装にも重宝します。

 

特に、金属材と相性が良いので、木材向きのウレタンとはうまく棲み分けができているようですね。

 

ただ、費用がやや高くつくというのがウレタンとの違いですね。

 

「その分、耐久性が高いなら良いじゃないか」と思われるかもしれませんが、外壁材だけが長持ちしても他の部分はもっと速いスピードで劣化していきますから…。

 

外観がちぐはぐな印象に見えてしまうこともあります。

 

また、上から新しい塗料を重ねた時、「弾いてしまって密着しない」という点もデメリットとして挙げられることが多いようですね。

 

ウレタンとシリコン、塗替えは何年ごと?

では、ウレタンとシリコンの耐久性にはどのくらいの違いがあるのでしょうか。

 

まずウレタン系は、一般的には8~10年の周期で塗替えが必要と言われています。

 

これに対してシリコン系は、12~15年。

 

「耐久性」「光沢の継続期間」で言うと、圧倒的にシリコンのほうに軍配が上がります。

 

外壁塗装で「ちょっと高くついても、長持ちするほうが良い」と考えるなら、シリコンを選ぶのが賢い選択でしょうね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

ガルバは避けるべき?
ガルバの外壁…初耳。安さ上に、耐久性は低いよう。専門家がオススメされないのであれば、選択しない方がよし。その実態に迫る。
チラシに騙されるな!
「込み込み○円」だとか、安さをアピールされると弱いんですよ…。要注意です。チラシだけでなく、HPをチェックして悪徳業者でないか確認!ですね。
無料相談
無料で親身に相談にのってもらえる。嬉しいですね。考えれば考える程、訳が分からなくなることも。自分では検討できない…そんな時は、頼りましょう。
リフォームのポイント
見た目リッチなタイル貼りの外壁。憧れますね。しかし、考えなくてはいけないのがその費用。タイルだけあって少々割高なよう。他社比較検討し、後悔のないようにしなくては。
モルタルの壁をリフォーム
モルタル壁かサイディングか…。どちらにもメリット・デメリットはあると思います。その中でも、後悔をしないように納得のいく方法を選びましょう。
レンガはメンテナンスいらず!
レンガは、後々の費用がかからず見た目も素敵…しかし、リフォームにしては割高。そこでカルセラ。まるでレンガのような外観に変身!費用も抑えられ、望みも叶う!いいですね~。
リフォームにベストな時期
壁を触れば白い粉…外壁劣化のサインですよ!建物の劣化は仕方ないと思いますが、放置をすれば、ますます劣化の一途を辿るのみ。建物の強度も落ちそうですね。
補助金を使おう!
リフォームの内容によっては補助金がもらえる!バリアフリーなどの場合がそうらしい。結構なお金がかかるので、補助金を頂けるのはありがたい。
固定資産税のナゾ
固定資産税、外壁のリフォームでは増額されない。…が、外壁の質を上げると、家の価値が上がる、すなわち税金も上がる?リフォーム前に確認しましょ。
メンテナンスフリー
外壁と言えど種類は沢山。メンテナンスも必要…。と、思いきや、メンテナンスフリーのものが!せっかくのリフォーム、色々調べて納得のいくものにしたいですね。
工期の目安
標準的な建物の大きさで、色んな工程がある作業を一週間以内で仕上げる…という業者は、さすがに怪しいですよね。天候にも左右される作業。二週間はかかると思っていましょう。
上手くいくクレームのコツ
色はクレームが生じやすいと想像できます。屋内外で確認をしたとしても、サンプルと実際の建物はかなり大きさが違いますよね。色合いも多少違って見えるでしょう。明らかに違う場合はクレームを。
修繕費として適応させるために
修繕費、経費で落としたければ、外壁のグレードを上げないようにリフォームをすること。グレードが上がると、修繕ではなくなってしまう。経費で落とせる範囲に収めましょう。
2度塗りが常識
二度塗りには訳があったんですね。費用は抑えたいところですが、一度塗りでは耐久性も弱く、見栄えも悪い。ここは、二度塗りをして正解ですね。
30坪の場合
塗料によって、こんなに差が生じるなんて…。さすがにハイクオリティな塗料には手は出ませんが、そこそこの塗料は使いたい。業者を選ぶ際は工期の短すぎる業者は要注意。
DIY シーラーの基本
扱いに注意が必要なのは油性の塗料。水性タイプのほうがニオイもきつくなく扱いやすいよう。素人さんは非常に扱いやすい水性タイプを。
オフィスチャンプ
足場なしの「ブランコ作業」…。高所恐怖症の方は、見ているのも怖いですね。しかし、メリット満載!費用が抑えれるだけでなく、ご近似からの苦情無し。いいですね。
DIYの足場
足場は作業を行う上でとても大切。しっかり組み立てないと危険。塗料に自信はあっても足場は業者に依頼し、しっかり組み立てて頂こう。
アスベスト
健康被害で有名なアスベスト。あの人気のサイディングはリスクが高い。そこで開発された商品が高圧洗浄の要らない塗料。要注目!
フッ素の単価
耐久性・見た目の美しさ(光沢感)・機能性を兼ね備えていれば、他の塗料より高いのも納得。高いには高いなりに理由がありますね。
断熱パネルを付けたい
外観も性能もこだわりたい。しかし、2つを兼ね備えた外壁なんて…あるみたい?!どんどん進化する素材にビックリ。
苔の掃除
コケ生えるんですね。ひび割れや汚れは気になるところなので注意して見ますが…コケ…。高圧洗浄機で一気に落としましょ!それがいい!
マンションの壁をリフォームするだけなら、費用はそれほどかからない
マンションリフォームの費用について、口コミはそう集まらない
費用対効果が高い、マンションの壁紙のリフォーム
マンションの壁撤去だけなら、リフォーム費用は2、30万円
マンションの水回りをリフォームでピカピカに!費用目安は?
洗面台リフォームでマンションを個性的に!費用の目安は?
マンションのリフォームにかかる、費用の相場は200万円程度