新築 外壁 ピンク

MENU

新築の外壁を可愛くピンクにしたい!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

私も小さい時からの夢はピンクの家に住むことでした。

 

でも一言で「ピンク」と言っても人によって好みの色がありますよね。

 

新築の外壁だからこそ失敗しないようにアドバイスさせていただきます。

 

外壁をピンクにする事の注意点

外壁をピンクにしたいと思っても必ずしてはいけない事はシュミレーションもせず、あやふやに「ピンクの外壁」というだけで注文するのはオススメ出来ません

 

ピンクも

  • 暗いピンク、
  • 明るいピンク、
  • 薄いピンク、
  • 濃いピンク

などピンクだけで何種類もありますから、シュミレーションは必須です。

 

過去に失敗した方の体験談は「ピンクが暗すぎて華やかさが無い」「濃いピンク過ぎて派手! 」と、イメージと違う事が多いようです。

 

あとは建てる場所を見学し、景色に自分の新築の外壁が馴染むかどうかも重要事項でして、周りの家と合ってないと浮いてしまって近所からジロジロ見られる…というデメリットもあります。

 

好きな色にしたいから別に構わないという方は良いのですが、やっぱり自分の好みの色にならないと一生住む新築の外壁なので、入念な確認をして下さいね。

 

ピンクの外壁にいい屋根は

ピンクの外壁にするのは良いけど、屋根は…?と迷う方も多いんじゃないですか?

 

やっぱり上も薄い色だと外壁のピンクの主張が台無しなので、濃い色をチョイスするのがオススメです。

 

艶なしの黒で引き締めたり、濃いえんじ色で物語風、緑にしてカントリー風…といった雰囲気が人気です。

 

ピンクの外壁でも様々な顔がありますので、あなたなりの外壁の色を選んでみては?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

同じカテゴリの記事

色分けするなら
デザイナーとして、色にはこだわりたい。家の壁までも気軽に色分けできる時代になってきたのは嬉しい事です。自分だけのオンリーワンな家を創れるように頑張りたいです。
イメージに合うものを選ぶ
イメージ通りの出来栄えにするためには、シュミレーションをしてみることが大切。頭のなかで想像しているイメージと、実際にシュミレーションしてみた際の結果が、大きく違ってくる、なんてこともあります。
タイルはお洒落です!
タイルを使用したお家は、本当にお洒落です。耐久性も高く、汚れにくい素材のため、見た目だけの良さではなく、機能的な面でもメリットが多いのが良いですね。しかし、その分、お値段がお高いです。。。
失敗しないデザイン
デザインで失敗しないためには、シュミレーションが大切です。業者に頼んで、どんなイメージになるのか、初めに確認しておくことが大切ですね。どれだけ良い品物だったとしても、組み合わせが悪いと…
渋い!黒色
スタイリッシュでシックな雰囲気を漂わせる黒色の壁。モダンなデザインとの相性もよく、意外と人気の色味だったりします。ただ、1点だけ注意しておきたいことがあります。それは、熱を吸収する色…
落ち着いた茶色
一昔前までは、ダサい色だった茶色ですが、今は人気の色になっています。他の色味と合わせてバリエーションを増やせる利点もあって、家のイメージに近いものが創れると評判です。
白色の注意点