庭作り レンガ敷き

MENU

簡単に出来るレンガ敷きの庭作り

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

庭を彩るのは優しい自然の色。地面の上に広がるのは沢山の種類の緑色と花の色です。

 

そこに調和するような素材を使って庭のアクセントを作にはおレンガが一番お薦めです。

 

とは言え、広い面積に敷こうと思うとそれなりに基盤作りも大変になります。

 

今回はアクセントになる場所のレンガ敷き、と言う事で、難しい工法や道具を必要としない簡単なレンガ敷きをご紹介します。

 

庭には小さくても何も無いスペースが必要

それは庭仕事の為でもあり庭を散策する為にも、植物を傷つけることなく移動をするための細い道のようなスペースでかまいません。

 

庭作りをスタートして間もない頃ならば、ただただ草の間に通路があるのでも良いのですが、少し慣れてきたのなら、そこに更にデザイン性をもたせてちょっと遊び心のある小路を作ってみるのはどうでしょう?

 

ただ石を並べたものでも良いし、砂利を敷いてその色や粒を揃えるだけでも良いのですが、歩き易さなどの実用性と植物との相性、庭の美観を考えてレンガ敷きをおすすめします。

 

最近は角を丸くしてあったり 色合いや風合いの違う焼きをしているアンティークレンガと言うのが沢山売られています。

 

単価も一つが200円だったり100円だったりと手に入りやすい価格

沢山買えば単価はもちろん下がりますが、全部並べ終えるまでの置く場所も庭の中に考えねばなりません。

 

そこで、小路を作る面積を考えて 一度に全部を終わらせようとはせずに10個づつ区切って並べていくとか、今度の休日はまた20個並べてみようとかそんなペース配分で作業したほうが体力的にも精神的にも良いように思います。

 

もちろん一度にいっきに作業をやってしまっても構わないのですが、時間をかけてゆっくり作業したほうが不思議と手作り感が出るようです。

 

セメントもしっかりとした地ならしもいらないそんなレンガの小路なら、いつでも作り始めることができますし、いつ休んでも良いのです。

 

ただ出来ああがった時に少しはおしゃれに見えて欲しい、と言うのはありますよね。

 

そのコツをご参考までに少し書いてみます。

 

小路があった方が良い場所。

これは作業面と美観の面の二通りから考えられます。

 

庭の手入れに置いては水遣りがしやすいとか、ホースを植物をいためる事無く這わせられるとか、草取りがしやすい、などはとても大切な事なんです。

 

それから季節ごとの世話や剪定、花柄摘みなど、足を踏み入れにくいとだんだん疎かになってしまいがちです。

 

そういう場所こそ小さな路を作りましょう。

 

美観的にも植物だらけでゴチャゴチャに見える、とか似たようなお花ばかりで印象がおなじになりがち、などがありますよね。

 

そこにレンガの小路を少し敷いて上げると雰囲気ががらりと変わります、

 

小路の作り方。

なにも難しいことはありません。

 

まず、そこの植物をどかし土の部分をむき出しにする。

 

それだけです。

 

出来れば直線よりもS字などのカーブをつけてやると奥行きが出てきます。

 

レンガを敷く。

路の幅はレンガを横に置いた幅にして それより少しだけ広めに取りましょう。

 

そしてびっしり並べるのではなく ひとつおき、位の間隔で間を空けていきます。

 

そうすればカーブの当たりも綺麗に丸みが付きますね。

 

一通り終点までレンガを並べたらあいている隙間に砂利(色はなんでも構いません)を入れていきます。

 

それも全部を砂利にするのではなく、砂利の所、何も無い所、などあくまでも不揃いに仕上げて生きます。

 

それから何もないスペースに最初にどけた植物で背の低いものを植えてゆきます。

 

もし、それがそこにそぐわないものでしたら、タイムやミントといったハーブの苗を植え込んでも素敵です。

 

これでいかにもシッカリと作りました!と言った風では無いナチュラルな細い通路が出来ます。

 

広さに余裕があれば2~3本作ってその最終地点にアイキャッチになる目立つ植物を置いても良いでしょう。

 

レンガを敷く、というよりはぽんぽんと置いていく作業。

 

とても簡単ですがなかなかおしゃれな演出になりますのでお薦めです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

庭作りに職人気分の楽しさと土の温かみをプラスするレンガの存在
広い庭が欲しいなら、庭造りはどうするべき?
子供の為のDIYと庭作りに砂場は必須
桜のある庭造り、お楽しみは春
庭造りをする前に残土の使い勝手を考えてみる
庭作りを支える防草シート
枕木を使った高さと奥行きのある庭作り
庭作りには目隠しも大切!
花にも虫にも優しい庭つくりを
アイデア次第。無理をせず貴方らしい庭作りを作ろう
足を踏み入れたくなる優しいアプローチの庭作り
憧れのイングリッシュガーデン庭作り
家と庭をトータルなイメージで繋ぐインターロッキングの庭作り
可愛いクローバーを敷きつめて幸運を呼ぶ庭作り
タイルデッキのある暮らしでハイセンスな庭作り
庭作りとDIY、タイル張りの楽しみ
人と動物に優しいチップを使った庭作り
遊べる!食べる!バーベキューができる!庭作り
庭モニターに応募して夢の庭作り
庭作りを業者さんへお願いするときの依頼費用
少しのコツと工夫を知って花壇でセンスある庭作りを楽しもう
蚊のこない庭作りは可能か?
環境にも人にも優しい生垣で作る垣根を庭作りで
簡単ガーデニングの基本と長続きする庭作り
玉砂利の便利に使った庭作り
傾斜を利用して奥行きある庭作りをしてみよう
庭作りスタート時における見積もりの注意点
水で固まる土を使って庭作り!
庭にアクセントをつける様々な砂利の活用した庭作り
石畳を使って庭作りに奥行き加えてみましょう
池のある庭作りで季節感たっぷりの演出をしてみよう