庭作り 目隠し

MENU

庭作りには目隠しも大切

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

庭の花が綺麗だと多くの人に見てもらいたいと思いますよね。

 

お客様を呼んでテーブルを出して・・・庭でお茶やお食事をするのはガーデナーの憧れの一つです。

 

テーブルセッティングや使う食器選びも楽しいですし、小さなコンロで簡単なバーベキューも素敵です。

 

季節が良い時期は頻繁に庭で花や緑を楽しみたいものですね。一方で庭や部屋の中など、外から見られたく無い部分があるのも事実です。

 

ある程度の風通しの良さを残しつつ、しっかり隠す、そんな上手な目隠しを考えてみませんか。

 

庭の様子を全部目隠しするのはある意味簡単な事?

ただ少し見せながら要所要所を隠すとなると、色々と工夫が必要です。

 

全部をがっちりと隠してしまう事は、つまりは内側からも外が見えなくなると言うことです。

 

完全に遮断するのではあまりに閉鎖的過ぎますし、防犯上からも安全とは言えません。

 

適度に目隠しがあり、それでいて中に居る自分たちも、遊びにきたお客様も閉塞感を感じず、そこそこの開放感がある、そんな目隠しのある庭が理想です。

 

目隠しの方法は色々ですが簡単なのはやはりフェンスです。

 

フェンスのデザインを選べばおしゃれに視線をカットする事も出来ますし家の外観としてもセンスが良く見えます。

 

少し隙間をあけて木材を組んだり、格子のラティスを設置するだけでフェンスは出来ますのでDIYで充分作る事も出来ます。

 

ただ台風や自然災害の事も考えると、しっかりとした基礎工事はしておいたほうが良いでしょう。

 

自然災害だけでなく防犯上の理由からも、強度の高いものである方が安心ですよね。

 

必要な高さと並べ方

目隠しフェンスが2メートルを越すものですと、フェンス自体の威圧感も出てきますので、やはり大人の目線が隠れる高さ前後、と言うのが良いようです。

 

フェンスの高さを揃えて、横に並べる時は、少しずつ隙間を空けて配置すると、威圧感を軽減できます。

 

その隙間の部分にコニファーを植えたり、オベリスクを配置してつる植物を絡めたりする工夫をすると庭の景観としても無理の無いものになるでしょう。

 

一番肝心の基礎工事ですが、フェンスに木材を使う場合、土中に入る部分が40センチくらい必要になります。

 

そしてその部分をしっかりとコンクリート、またはフェンスブロックで固めなくてはなりません。

 

高さを均一にするためにも、穴の深さもそろえなくてはなりませんから、そこはプロにお任せするのが良いでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

庭作りに職人気分の楽しさと土の温かみをプラスするレンガの存在
広い庭が欲しいなら、庭造りはどうするべき?
子供の為のDIYと庭作りに砂場は必須
桜のある庭造り、お楽しみは春
庭造りをする前に残土の使い勝手を考えてみる
庭作りを支える防草シート
枕木を使った高さと奥行きのある庭作り
花にも虫にも優しい庭つくりを
アイデア次第。無理をせず貴方らしい庭作りを作ろう
足を踏み入れたくなる優しいアプローチの庭作り
憧れのイングリッシュガーデン庭作り
家と庭をトータルなイメージで繋ぐインターロッキングの庭作り
可愛いクローバーを敷きつめて幸運を呼ぶ庭作り
タイルデッキのある暮らしでハイセンスな庭作り
庭作りとDIY、タイル張りの楽しみ
人と動物に優しいチップを使った庭作り
遊べる!食べる!バーベキューができる!庭作り
庭モニターに応募して夢の庭作り
簡単に出来るレンガ敷きの庭作り
庭作りを業者さんへお願いするときの依頼費用
少しのコツと工夫を知って花壇でセンスある庭作りを楽しもう
蚊のこない庭作りは可能か?
環境にも人にも優しい生垣で作る垣根を庭作りで
簡単ガーデニングの基本と長続きする庭作り
玉砂利の便利に使った庭作り
傾斜を利用して奥行きある庭作りをしてみよう
庭作りスタート時における見積もりの注意点
水で固まる土を使って庭作り!
庭にアクセントをつける様々な砂利の活用した庭作り
石畳を使って庭作りに奥行き加えてみましょう
池のある庭作りで季節感たっぷりの演出をしてみよう