窓 断熱 DIY 簡単

MENU

窓まわりの断熱性を高める簡単DIYにチャレンジしてみたい!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

部屋の結露に悩まされたり、窓の近くの「ヒヤリ感」に悩まされたり。

 

真冬にありがちなそんな悩みは、窓の断熱DIYで面白いほど簡単に解消できるかもしれません。

 

特別に断熱性の高い窓を使っていなくても、ちょっと工夫するだけで部屋の快適性はググっとUPするのです。

 

そうは言っても、「私は不器用だ」と思い込んでいる人にとっては「窓の断熱性を高める」なんてかなり難しい作業のように思われるはず。

 

ネットだと「二重窓を作る」というDIYを紹介しているサイトが多いですが、それって本当に簡単にできるのでしょうか?

 

難易度高そうな断熱窓DIY!意外とカンタンにできる・・・かも?

窓の断熱性を高めるDIYについて調べてみると、「ポリカーボネートの板を使って内窓を作る」という方法がよく取り上げられています。

 

簡単に言うと、「ポリカーボネートの板で窓を作り、それを後付けしたレールにはめ込む」という方法。

 

実際に効果もあるようなんですが・・・DIY初心者、しかもぶきっちょさんにはものすごくハードル高めな作業に感じられませんか!?

 

しかし、いろんな方のブログを拝見していると、「難しいのは材料のカット。そこをホームセンターの人にお願いすれば、あとは組み立てるだけだから誰でも簡単にできる」と書いている方もいました。

 

お値段もトータル10,000円以下でできる(人によっては5,000円以下でできたという方も!)そうなので、ダメ元でチャレンジしてみる価値はあるかな!?という感じですね。

 

具体的な簡単DIYの方法を簡単におさらい!

では、断熱窓をDIYで取り付ける方法をざっくりとまとめていきます。

 

① ガラス戸レールを窓枠に合わせて切り、両面テープで上下に張り付ける。
※ノコギリを使った作業になるので、慣れていない方はお店でカットしてもらいましょう。

 

② ポリカーボネートのパネルを窓に合わせて切る。
縦は上下レールの内寸+7mm、横は窓の幅÷2+30mmくらいがベストだそうです!

 

③ ②で切ったパネルの左右にカプセをはめ込む。

 

④ ①のレールに③のパネルをはめ込んで、断熱窓の完成!

 

なるほど、確かにこの工程だけを見れば簡単そうに見えますので、私にもできそうな気もしますが。

 

でも、素人仕事だと窓がガタついたり、隙間ができたりして結局、期待したほどの断熱効果はないのでは!?

 

素直にキットを使うのが無難かも!?

ハッキリ言いましょう。

 

DIY初心者さんに断熱窓はあまりにもハードルが高すぎます・・・。

 

できないことはないと思いますが、美しく仕上げるのはちょっと難しいのではないかと。

 

私なら、素直に「簡単二重窓キット」なるものを使いますよ。

 


簡易内窓 イージーウインドウ

 

楽天市場で見つけたこちらの商品なら、窓枠の内寸を記入して発注すればフレームも断熱窓(ポリカーボネート)もサイズに合わせてカットした状態で納品されます。

 

あとは、両面テープでフレームを窓枠に固定し、窓本体をはめ込むだけ!

 

「簡単」と謳っていながら実際には結構難しいDIYキットが多い中で、こちらの商品は本当にカンタンなのが魅力的です。

 

断熱だけではなく防音や視線カットの効果もありますし、カラーもパネルは3色、フレームも2色あってインテリアに合わせて選び分けられるのも気が利いていますよね。

  • パネル・・・ブラウン、クリア、ミルキー
  • フレーム・・・ブラウン、ホワイト

32,800円とお値段はちょっと張りますが、自分でやって失敗してやり直して・・・を繰り返すよりはずっと安いと思いますね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事