ペアガラス 木製サッシ

MENU

断熱性が高い、木製サッシとペアガラスの組み合わせ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ペアガラスの性能の高さは広く知られるところとなりました。

 

次に求められているのが、高性能のサッシ、例えば木製サッシが一部の新築住宅で使われているのです。

 

ただ、この木製サッシ、問題点は数多いもの。ペアガラスのように広まるかどうかは、少々疑問なのです。

 

断熱性に優れる木製サッシ

断熱性能の高さで、住宅の快適性・経済性に大きな役割を果たすペアガラス。

 

現在新築される住宅では、ほぼ全てでペアガラスが用いられるようになりました。

 

ペアガラスの評価については、一定の高いものとなっているのです。

 

すると、次に問われるようになったのがサッシの断熱性。

 

従来のアルミ製のサッシでは断熱性が劣るとか、そんな風にサッシで差別化を図り始めたのです。

 

特に寒さが厳しい寒冷地、多くのメーカーが採用するのが樹脂サッシ。

 

金属とプラスチックの樹脂、どちらが熱の伝導率が高いか?これを考えれば効果はすぐに分かるもの。

 

高断熱・高気密をウリにしているような住宅メーカーはことさらに樹脂サッシを採用する傾向にあります。

 

そして、樹脂サッシ以上の断熱性をアピールする住宅メーカーが採用するのが木製サッシ。

 

樹脂と比較すると、断熱性ばかりか気密性が向上。

 

見た目もずいぶんオシャレに感じるものなのです。

 

ただ、メンテナンスの手間がかかるもの

ある大手の輸入住宅メーカーは、木製サッシとペアガラスではなくもう1枚加わった3層ガラスがセールスポイントになっています。

 

このメーカーの窓は開閉方法も独特で、左右にスライドするのではなく、左右・上下方向に回転させて開けるのです。

 

断熱性も気密性も高いし、見た目もオシャレ。

 

ならば、なぜ他の住宅メーカーが追従しないかというと、値段が驚くほど高いから。

 

加えて、木製サッシだけにメンテナンスの手間がかかるから。

 

2年に一度、塗り直す必要があるのです。

 

まあ、そのメーカーは新築の価格がトップクラスにも関わらず、非常に高い人気があります。

 

ですが、やはり支持するのは少数派。

 

少数派なのは木製サッシのせいばかりとはいえないかもしれませんが。

 

性能が高い木製サッシが普及しない訳とは?

また、ある輸入住宅のメーカーも木製サッシを採用しています。

 

しかし、この場合の木製サッシはポリ塩化ビニールでコーティングしたもの、使われているのもペアガラスという具合。

 

コーティングがないものと比較して断熱性が特別に劣るかというと、そうでもありません。

 

ただ、この場合に問題となってくるのはやはり価格。

 

木製サッシはペアガラスのものでもやはり高価、アルミサッシと比較して2倍程度の価格差になってしまいます。

 

加えて見た目についても、コーティングされている分、アルミサッシや樹脂サッシと変わらなかったりするのです。

 

他にも、メンテナンスの回数が少なくてすむ木製サッシも販売されています。

 

それでも、木製サッシがあまり普及しないのは価格の高さにある。

 

そして、ペアガラスほど表面積があるものではないので、断熱性に劇的な効果が現れにくいからなのです。

 

住宅メーカーによっては新築時にオプションで木製サッシを選ぶことができるところもあるでしょう。

 

ただ、メリットと比較してデメリットも大きなものがあります。

 

後から、サッシごと交換となると非常にコストがかかるもの、選択には慎重さが必要となるのです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

ペアガラスが内部結露!保証は?内部結露で交換ならスペーシア
ペアガラス用の断熱フィルムを検討中。フィルムに勝る対策が?
ペアガラスの効果は?遮熱断熱防音防犯効果のあるペアガラス
ペアガラスに防音効果は無いって本当?二重窓なら防音性が高い
ペアガラスの熱割れを防ぐために熱割れの原理を知って予防!
ペアガラスに交換する費用は?高額なら二重窓にしようかな
ペアガラスはアタッチメントで一枚ガラスのサッシが使える!
私の勘違いペアガラスだから暖かい、は幻想?暖かい家の理由
ペアガラスと雨戸どう違う?雨戸とペアガラス更に二重窓が最強
ペアガラスの網戸は専用のものが必要オススメ網戸と虫対策も
最近のペアガラスは色が違うのはなぜ?
ペアガラスに内窓を更に追加してスーパー快適な毎日
ペアガラスの選び方はLow-Eガラスの面とガスの関係
結露防止のペアガラスに必要な条件
寝室は結露しやすいからペアガラスだけでは不十分?
単なるペアガラスの防犯性は低い!
ペアガラスの間にできた汚れは掃除することがない!?
天窓はペアガラスを用いるだけでは不十分?
ペアガラスと二重ガラスの違い
ペアガラスを性能で比較をすると明らかな差がある!
ペアガラスにヒビが入る「熱割れ」の対策は?
様々なアクシデントのための火災保険、ペアガラスの場合は?
ホームセンターでの買い物で、ペアガラスの性能はアップする?!
ペアガラスは概算見積もりをもらってから正式な見積もりをもらう
目隠しフィルムをペアガラスに貼ることのデメリット
ペアガラスはメリットが大きいから広く使われている
ぺガアラスに内部結露が発生してしまったら要メンテナンス!
一筋縄ではいかないことも?輸入住宅のペアガラス
ペアガラスがないことには、床暖房の魅力も半減
浴室をペアガラスにするのは、当然のことだから
リクシルのトップグレードは、ペアガラスではなく3層ガラス
ルーバー入りのペアガラス、選択するメリットはあるのか?
グリーンのペアガラスは、オシャレでやっているのではない
玄関ドアがペアガラスでも、大効果は望めない?!
ペアガラスの普及が一段落して、次は樹脂サッシの番なのです
ペアガラスのそばでの暖房器具の使用には注意が必要
デメリットはもうありません、そういい切りたいペアガラス
出窓の弱点も、ペアガラスで克服可能
電気代の節約に大きく寄与するペアガラス
赤外線だけでなく、携帯の電波も阻害するペアガラス
ブラインド入りペアガラスの弱点は保証期間
出窓の弱点も、ペアガラスで克服可能
防犯フィルムをペアガラスに貼るのは、何かと面倒
防火設備認定のペアガラス、遂に発売!!
防犯効果があるペアガラスも、破られる事自体は避けられない
ペアガラスにリフォームする費用を抑えるには?
ペアガラスについている10年保証の範囲は狭いもの
12mmのペアガラスでも、性能はずいぶん違うもの
断熱性はアップ、価格据え置きの16mmペアガラス
3重ガラスの断熱性は、ペアガラスと比較して2倍!