外壁 掃除 ブラシ

MENU

しつこい外壁汚れのお掃除に、こんなブラシが便利です!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁が汚れているから、お風呂用のデッキブラシでゴシゴシ掃除・・・。

 

それでは全ての汚れはキレイに落とせません!

 

では、どんなブラシならピカピカにできるのか?

 

ここでは、外壁掃除に適したブラシをピックアップしてご紹介します。

 

家の外壁汚れは、室内の軽い汚れとは質が違います。

 

ゆえに、ブラシの選び方にもこだわりが必要なのです!

 

ブラシは「なんでも良い」わけではない

外出から帰って来た時、何気なく眺めた自分の家の外壁の汚れがものすご~く気になった!・・・そんな経験はないでしょうか?

 

私の母は、更年期障害が最悪に辛かった時期、妙に細かいことが気になって許せなかったのだとか。

 

それで家の外壁の掃除にまで手を出し始めたわけですが、実際はそれがさらなるストレスを引き起こしたのです。

 

なぜかというと、ブラシの選び方を間違っていたから。

 

深く考えもせずにホームセンターで買ってきたデッキブラシで掃除をしたところ、汚れと一緒に外壁表面の塗装が剥がれ、家の外観はますます無残なものになってしまったのです。

 

これについては、日曜大工に関してはうるさい父が珍しく激怒!

 

結局、業者に依頼して外壁塗装をする羽目になりました。

 

このエピソードからみなさんにお伝えしたかった結論は・・・そうです、「家の外壁掃除に使用するブラシはどんな物でも良いというわけではない」ということです!

 

手の届かない外壁掃除に便利!「ハウスポールマルチブラシ」

日曜大工に関しては全くの素人である母は、お風呂掃除用のブラシで外壁掃除をしていたようです。

 

これでは、落ちるはずの汚れも落とせませんし、落としてはいけない塗装も剥がれるはずですわ・・・。

 

業者に頼らず、自力で外壁掃除をしようというのであれば、最初から専用のブラシを用意しましょう。

 

ホームセンターやネット通販では、優秀な商品が手頃な価格で手に入りますよ。

 

例えば、楽天で人気なのはTERAMOTO(テラモト)の 『ハウスポールマルチブラシ』。

 

 

長さが調整できる「ハウスポール」というポールが別売りされており、これに装着して使うブラシなのです。

 

目的に合わせて種類も様々。

 

「外壁掃除用」とか「高所掃除用」とか「雨どいの掃除用」とか・・・用途に合わせてツールが選べるようになっているのが便利です。

 

税込み1,440円という価格設定もお手頃ですよね。

 

ユーザーの口コミを参考にする限り、汚れがよく落ちるブラシのようです。

 

ただ、「サイズが思ったより大きい」「もうちょっと強度があったほうが良い」という声もありますね。

 

ご参考までに・・・。

 

高圧洗浄機用なら、アイリスオーヤマ!

外壁の場合、何年にもわたって蓄積した泥汚れやコケなど「なかなか落ちない!」というしつこい汚れも多いですよね。

 

ブラシでゴシゴシ擦ったところで、どうにもキレイにならない・・・。

 

そのような汚れを業者はどうやって落とすのか?といえば、ご存知、高圧洗浄です!

 

これは、水圧で汚れを落とすという方法。

 

勢いよく水が噴射する“ガン(銃)”で、憎たらしい汚れを一打ちにしてしまえ!というわけですね。

 

ホームセンターやネット通販では、ご家庭用のコンパクトな高圧洗浄機も出回っています。

 

ネットだと、アイリスオーヤマの高圧洗浄機が結構人気なのですが、合わせて購入したいのが、そのヘッド部分につけて使用する「高圧回転ブラシ」です。

 

 

その名の通り、“高圧”水の“回転”噴射で外壁を掃除できるブラシ。

 

税込・送料込 3,480 円で、洗浄剤を入れるタンクまでついてきます。

 

外壁掃除だけではなく洗車にも使えるので、一家に一台、あると便利かもしれませんね。

 

ちなみに、このブラシが使えるのはアイリスオーヤマの「FB-501A」「FB-501P」「FB-501PC」に限定されています。

 

どうせなら、全ての機種に対応するブラシを作ってくれたら良かったんですけどね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

外壁塗装の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事